個人の部品加工依頼「い・ろ・は」

個人で町工場に部品加工を依頼するのってちょっと勇気がいりますし、ちゃんと相手をしてもらえるかも不安ですよね。

市販にはないオリジナルな自分だけのパーツを作りたい!

でも、個人だからと足元を見られるのも嫌だ!

親身に考えてくれる加工屋さんはどこにあるんだろう?

 

そんな不安や悩みを抱えるあなたにでも、問い合わせの時にちょっと気をつけるだけですごく話がスムーズになることもあります。

 

だって、加工屋さんだって同じ人間です。

部品加工を仕事にしている以上、彼らも利益を出さないといけません。

個人客だから、法人客だからと線引きする会社もありますが、線引きをしない会社だってあります。どちらが良いかはわかりませんが、いずれにしても相談する側の姿勢として予備知識は持っておいて損はありません。

 

それが「部品加工依頼のい・ろ・は」です。

あなたも、町工場の人たちに話を聞いてもらうためのコツを知ろう。

そして、自分のオリジナル部品を納得のいく形で作ろう!

問い合わせの前に用意しておく”心”

図面の基礎知識

部品加工依頼をする時に必要となる  ”図面” の書き方について覚えておくとよいことを紹介します。

図面の書き方の基礎

加工の基礎知識

部品加工の依頼をしたいけど、自分は素人なんで。。。

と全てをお任せしちゃうのもアリですが、やっぱり知っておいてほしいこともあったりします。

そうすることで話が通じやすくなるので。

 

フライス加工については↓から見てください。

エンドミル加工

穴加工

ネジ加工

寸法の公差

面取り指示をする

研磨指示をする

溶接のこと

金型のこと

素材の基礎知識

熱処理と表面処理のこと

加工指示で気をつけておくポイント

ちょっと気になる素材調達の話

測定道具とCADの基礎

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

タイトルとURLをコピーしました