2D・3DのCAD図作成(トレース)委託費用って安くできる?

図面のこと

最近はfusion360などのサブスク型のCADソフトの普及により、個人でも3Dデータが簡単に作れるようになりました。

そのためか、うちの会社にも個人依頼で部品加工の相談をする時に3Dデータをメールで送ってこられる人も増えています。

 

しかし、加工業者から「2D図面をください」と言われて困ったことありませんか?

 

3Dデータがあるんだから、それで見積しろよ!!作れよ!!

と憤慨する気持ちも分かります。

 

でも、加工屋としては、3Dデータがあれば形状認識がしやすいので有難いのですが、部品には寸法公差の問題もあることを忘れてはいけません。

特に部品と部品を組み合わせるときの”はめあい”には寸法公差が重要です。

 

しかし、3Dデータだけではその情報が読み取れないため、2D図面が欲しいとなるのです。

複数の部品を組み合わせた「ASSAY図」の場合は、各部品ごとにバラして2D図面を作らないといけません。

 

でも、2D図面の作り方がよく分からないんだけど・・・・

という人もいるでしょう。

そんな時は、図面化の依頼をしましょう。

 

ここでは、もしもあなたが2D・3DのCADデータ作成を外部に依頼した場合、どれくらいの費用がかかるの?ということについて紹介します。

2D・3DのCAD図作成費用の相場ってどれくらい?

  • 手書き図面からキレイな2Dの図面を作って欲しい
  • 3DのCADデータから2D図面を作って欲しい
  • 2D図面から3DのCADデータを作成して欲しい
  • 実物を測定して2D・3DのCADデータを作成して欲しい

だいたい、図面化(データ化)の要望として考えられるのは、こういったことです。

 

これらの依頼についてかかる費用の計算はどうしているのかというと、多くの場合は図面作成やデータ作成に要する時間がどれくらい必要かで決めています。

1時間あたり5000円前後が相場という感じがします

1時間もかからずにデータ化できるような簡単な部品なら、1案件あたり5000円とか。

 

安い業者さんだと、1時間あたり2000~3000円くらいでやってくれるところもありますが、できる内容が絞られたりします。

例えば、3Dスキャンはできませんとか。

 

とりあえず、図面化・データ化においてかかる費用は、どれだけ手間がかかるかということが基準になります。

 

手書き図面からキレイな2Dの図面を作って欲しい

この依頼は比較的費用が安く済みます。

参考にできる簡易図面的なものが有るのと無いのとではデータ作成時間に大きな差ができます。

部品の複雑さにもよりますが、およそ1枚の図面化にかかる費用は2000~10000円くらいまでです。

 

単純な形状だと、製図費用がいらない場合もあります。

 

例えば、私が依頼を受けて、自社で作れる場合はポンチ絵から情報を読み取れば済むので製図費用はいらないです。

でも、外注依頼しないといけないような部品になってくると、そういうわけにはいきません。

やはり、公差なども記載された”ちゃんとした図面”は必須です。

 

ちゃんとした図面って何?

ということについては、「個人の単品部品依頼のための図面作成方法」という記事を参照してください。

 

とにかく、本気で作りたいと考えているのでしたら製図はするべきです。

部品加工依頼をして、形は出来上がったけれども相手部品に入らない、組み込めない、使えない!という問題が発生しないためにも図面は大事。

今後、違う会社に相談をもちかける時にも図面があるとスムーズです。

 

「2D図面から3Dデータ化」「3Dデータから2D図面化」も比較的安く済む

これらの依頼も比較的安いです。

元になるデータが支給されるので、場合によってはポンチ絵を渡されるよりも簡単に早く作業ができます。

実際にかかる費用は2000~10000円くらいが相場です。

 

ここで注意しておきたいのは、依頼するときに支給するデータの拡張子です。

自分が使っているCADソフトのオリジナル拡張子ではなく、中間ファイルに落とすようにしましょう。

部品加工の依頼で送るCADデータの拡張子は何がよい?
部品加工を依頼するときに、加工業者にCADデータを送っておくと間違いが少なくて済みます。 紙ベースのFAXで送信したり、メールでPDFファイルやJPGファイルを送ってもよいのですが、結局は加工業者が自分でCADデータ化するということは...

実物を測定して2D・3DのCADデータを作成するのは高額になる!?

最もハードルが高いのは実物を測定して2D・3DのCADデータを作成することです。

 

ノギスやマイクロメーターなどで測定できる部品であれば難しくはありませんので、データ作成費用は1時間あたりの費用3000~6000円くらいで済むと思います。

しかし、曲面のある部品などは、3Dスキャナーなどを用いて測定するか、3次元測定器などを使用してデータを取らないといけません。

 

測定器そのものが数百万円~数千万円レベルの高額な装置なので、相談できるところが図面化を専門にされている業者か、超精密部品を製造している加工業者に絞られてきます。

測定だけでも結構な費用を取られてしまう可能性があります。

 

3Dデータ作成の依頼にかかる費用については、別記事で記載していますので参考にしてください。

部品の2D図面から3Dモデル化を依頼した時の費用ってどれくらい?
部品製造において、2D(二次元)の図面はあるけれど何となく形状がわかりにくいなという時には3Dデータがあると視覚的に理解しやすいため加工ミスが少なくて済みます。 しかし、2D図面は作れるけれども3Dモデルリングができないということあり...

 

そして、もう1つ重要な点はネジ穴がある部品は、どの種類のネジなのかを調べるのは時間がかかる場合があります。

一般的なメートルネジならよいですが、インチネジかもしれないし、管用ネジかもしれない、あるいは特殊な専用ネジかもしれないので、トレースしてもらえないこともあると思っておく方がよいです。

部品のバラシ図は作ってもらえるか?

組み立て図(ASSAY図)から各パーツごとの部品図をバラして作って欲しいという依頼は、業者さんから受けることがたまにあります。

どこかから入手した組図をバラしたい。

そんな要望についても、対応はできますが図面によっては各部品の形状や寸法の情報が足りないものもありますので、ケースバイケースとお考え下さい。

 

必ずしも対応できるとは限りません。

まとめ

2D・3DのCAD製作費用というのは、一般的な相場は1時間5000円前後です。

製図ってどこに頼めばやってくれるのか?というと、手っ取り早いのは製図委託専門会社です。

 

個人依頼でも受け付けてくれるところは多いと思いますが、私個人的な感覚だと高いイメージがあります。

なので、手っ取り早く安くしたいのであれば、その部品を作ってくれそうな部品加工屋に相談することです。

加工業者さんによっては無料でデータ作成までしてくれたりします(データをもらえるかどうかはわかりません)。

 

いずれにしても、製図というのは立派な仕事ですので、その対価は払ってしかるべきかなと思います。

もちろん、私の会社でもトレースの依頼は受けていますので製図で困っているようでしたら info@hirano-s.jp までメールで連絡ください。

スキャナーなどを使った複雑なトレースはできないのであしからず。

タイトルとURLをコピーしました