PolyMax, Lite, Terra PLA の使用感を比較してみた

polymaker3Dプリンター

FDM式3Dプリンター用のPLAフィラメントを販売している有名なメーカーにPolymaker社があります。

Polymaker社が出しているPLAフィラメントは以下の3種類

  • PolyMax PLA
  • PolyLite PLA
  • PolyTerra PLA

アマゾンで比較すると価格が全く異なります。

最初の頃は何も知らずに、PLAという素材だけに目がいくので「安いものでいいや」と購入をしていました。

 

ところが、最近になってこの3種類があることに気付き、その違いが顕著にわかる事件があったので紹介しようかと思う。

どのPLAフィラメントを使おうかと迷っている人は是非読んでみてください。

参考になるかも。

PolyTerra PLAは反りが非常に出やすい

FDM式3Dプリントで最も懸念されるのが、造形物の反りです。

いかにして反らないように3Dプリントするか、四苦八苦している様子をブログにアップしているのをネットでよく見ます。

 

実際、造形物が反ってしまうのは運の要素もあるかもしれないですが、温度、湿度、フィラメントの質、3Dプリンターの性能など色々と考えられるものはあります。

その中で、今回の題材であるフィラメントの種類で「こんなにも変わるの!?」ということを発見しました。

 

 

まず、こちらを見てください。

PolyTerraPLA

ラフトを敷いているにもかかわらず、両端がグィン!と反り曲がってしまっています。

出来上がったものを見て思わず

なんじゃこりゃ!!

と口からこぼれてしまったのは言うまでもないです。

 

 

実はこれ、PolyTerra PLAフィラメントで造形したものです。

PolyTerra PLAはバイオプラスチックを原料にした次世代PLAとして環境に配慮した素材で新しく販売されているものになります。

一応、反りは少ないと公式サイトには記載されてはいるものの、現実は・・・

 

現在は7月17日の梅雨真っ盛りで、外気の湿度はかなり高め。

この影響もあるのかもしれませんが、3Dプリンターを置いている部屋をエアコンで除湿しても反り対策の効果はほとんど無かったので、やはりフィラメントの影響が大きいのかもしれない。

 

一般的にPLAの造形ではラフトを必要としないですが、ラフトを剥がしてみたところ、剥離面はかなりザラザラです。

PolyTerraPLA

 

このように、PolyTerra PLA フィラメントは非常に反りが出やすいものだと分かった。

今回のロットだけがそうなのかもしれないが、何回も造形してみたがほぼ全てが大なり小なり反りが出てしまいました。

対策方法が見つからないままです・・・

sponsored link

PolyLite PLAは若干の反りが出る(機械的治具には適用しない)

PolyLite PLA

こちらはPolyLite PLAで造形してみたものです。

10個以上は造形しましたが、ほぼ全てが上の画像で赤丸囲みしたような若干の反りが発生してしまいます。

 

PolyLite PLA

横から見た画像です。

下側がテーブル接地面で、びろ~んと広がっているのが分かる。

 

ごくわずかなことだと言ってしまえば、その通りなのですが、これをどこかにはめ込んで使用する治具としては使えないです。

人形を造形するぶんには問題はなさそうですが・・・

 

PolyMax PLAは反りがほとんど出ないし、機械的強度も高くておススメ

PolyMax PLA

PolyMax PLA

こちらはPolyMax PLAで造形したもの。

反りはほとんど無いし、機械的強度もあるので治具としても使えそうです。

PolyMakere社の公式サイトでは、一般的なABSと同等もしくはそれ以上の強度があるとのこと。

 

これらは全てある金属部品にはめて、細穴放電加工をするためのガイドとして使用する治具なんです。

なので、形状があまりに変化してしまうと金属部品にはまりませんので使えません。

治具として使用したいのであれば、PolyMax PLAを選択することを超おススメします。

 

まとめ

”反り”だけを見れば、圧倒的にPolyMax PLAがおススメです。

PolyMax PLAは耐衝撃性が最も優れているという点は特筆すべきですが、逆に言えば高負荷で割れやすいとも言えます。

 

PolyLIte PLAやPolyTerra PLAは耐衝撃性は小さいが、靭性(しなやかさ)があるので割れにくい。

でも、そのしなやかさが造形中の反り問題になったりもするということです。

 

価格的にはPolyMax PLAが最も高いですが、機能的なものを満足する素材選びには安さを追求しすぎない方がベターだと思います。

特に、今回は身をもって感じました。

タイトルとURLをコピーしました