エンドミルの2枚刃と4枚刃の違いと使い分け

工具

部品の切削加工で使用するエンドミルにはいくつもの種類がありますが、特に刃数をどのように使い分けるのか分からないという人も多いのではないでしょうか?

 

結論から言うと、エンドミルの使用条件に合わせて切削くずの排出性エンドミルの剛性をもとにどちらを優先するかで選ぶことになります。

エンドミルのビビリを抑えたいなら4枚刃を選ぶ

エンドミル

(三菱マテリアルより抜粋)

 

エンドミルは刃数が多くなるとエンドミルの芯径が大きくなることが上の図よりわかりますよね。

芯径が大きくなるということは剛性が上がり丈夫で折れにくくなるので、エンドミルによるビビリが少なくなって切削面がキレイに仕上がりやすくなります。

 

そのため、側面切削の仕上げなどには刃数が多いエンドミルを使う方が良いということになります。

 

ちなみに、荒加工でバリバリ削るラフィングエンドミルのほとんどが4枚刃以上になっているのは、剛性が必要だからです。

HRC55以上の硬い加工物を削る時に使う高硬度用エンドミルも剛性が求められるため、4枚刃以上になっているものがほとんどです。

 

切りくず排出優先するなら2枚刃を選ぶ

チップポケット

エンドミルにはチップポケットという切削くずを排出するための溝が刃と刃の間にあります。

チップポケットが大きければ大きいほど切削くずの排出性が良くなるため、ザグリ穴加工や溝加工など切削くずが排出しにくい加工には刃数が少ないエンドミルを選ぶべきと言えます。

3枚刃のエンドミルは外径測定しにくい

使用するエンドミルの工具径を測っておくことは加工するうえで大切ですよね。

しかし、3枚刃のように刃数が奇数のエンドミルだと、エンドミルの外径を測ることが難しくなります。

 

そのため、うちの会社では使用しているエンドミルの90%以上は2枚刃か4枚刃です。

最近では4枚刃でも切削くずの排出性を向上させた製品が出ていたりするので、気になる工具があれば試してみるといいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました