除毛剤による肌荒れ対策方法【近頃の男子の肌荒れ最多部位は?】

男肌荒れ健康

除毛剤とは毛のケラチンタンパク質を溶かして柔らかくし、除去する薬剤のこと。

脱毛、除毛というと女性がやるイメージがあるのはもう昔のこと、今は10~30代男子でも脱毛、除毛は当たり前になってきています。

 

アマゾンなどのネットショップでも男性用の除毛クリームが販売されていますよね。

 

しかし、除毛クリームは毛のタンパク質を分解するほどの薬剤であるため、当然、肌荒れトラブルは続出しています。

ニュースでも「全国の消費生活センターに昨年寄せられた相談のうち、10代後半の男性の相談内容で、初めて脱毛剤に関するトラブルが最多になった」ということが報じられています。

 

消費生活センターへの相談で、美容分野において男性からの相談がこんなにも増えてきたのは初めてのことだという。

 

 

除毛剤の主要成分はアルカリ性のチオグリコール酸カルシウムなどがほとんどですが、肌の炎症を起こすかどうか、まず1回分を購入して確かめてから使用しないといけません。

最初から定期購入契約してしまい、結果的に肌に合わないから解約したいというトラブルになるケースが多発しているようです。

 

ネット通販では、単発の購入か定期購入かをよく確認してから購入ボタンを押しましょう!

 

除毛剤による肌荒れ対策方法はある?

Skin

除毛剤の主成分はpH11~13程度のアルカリ性成分。

一方、私たちの肌は健康であればpH4.5~6程度の弱酸性です。

 

除毛クリームなどを1回でも使ったことのある人なら分かると思いますが、あの独特なつ~んとした刺激臭こそが、強アルカリ性のニオイなんです。

 

 

pHは0~14まであり、7が中性で数字が大きくなるとアルカリ性、小さくなると酸性を示します。

ph

私たちの肌と除毛剤のpHの差がどれほど違うかが分かると思います。

つまり、肌はアルカリ性の除毛剤には敏感に反応してタンパク質変性(肌荒れ)を起こしてしまいやすいのです。

 

では、除毛剤を使う前に肌荒れしないようにする対策法はあるのか?

残念ながらありません。

 

あえて言うなら、除毛剤のpHを何か酸性のものを混ぜて中和するくらいでしょうけど、そんなことをしたら除毛剤としての効果が無くなってしまう。

ダメだね。こりゃ。

 

 

なので、最初に1回だけは肌荒れしないかを試してみないといけません。(パッチテスト)

試す部位は、デリケートゾーンや顔以外の部位にしましょう。

もしも、赤くなっても服を着れば隠れるような部分が良い。

 

敏感な人なら、除毛剤を塗って数分以内に肌がヒリヒリしたり赤くなったブツブツができたりします。

そうしたら、すぐに除毛剤を拭きとって使用するのをやめておいてください。

 

 

肌が赤くなった場合は、水でしっかりと洗い落しましょう。自然と治りますが、炎症がひどいなと思ったら皮膚科に行くべきです。

そして、抗炎症薬を処方してもらって塗りましょう。

 

もしも市販品を使いたいなら、フェミニーナ軟膏Sなんかがおすすめです。

非ステロイド系の抗炎症薬で、殺菌作用を持つ成分も含まれているので肌荒れ部位から雑菌が入り込むことを防いでくれます。

 

皮膚科でしたら、炎症の度合いにもよりますが細菌感染を防ぐために抗生物質が入った塗り薬とステロイド系の塗り薬を出されるかも。

今はステロイド剤で素早く炎症を抑えてから、非ステロイド系の抗炎症薬に切り替えるのが主流です。

 

ステロイドは嫌だ!!!と思い込まないようにしましょう。

薬は使い方によって、効果的に症状を緩和してくれるので。

男子に多発している除毛剤による肌荒れ部位はどこ?

美容部門でのトラブル相談が男子に増えているらしいですが、実際に除毛剤による肌荒れトラブルはどこの部位が一番多いと思いますか?

 

10代~20代に最も多いのは”顔”だそうです。

 

厚生労働省が出しているデータを見てみると、除毛剤による性別ごとの危害部位の割合は、男性では40%が顔や頭部なんですよね。

除毛剤トラブル部位

 

これって、どういう意味かというとヒゲの脱毛・除毛目的に除毛剤を使った結果みたいですね。

ヒゲは男のシンボルなんて言う時代じゃないのかもしれません。

脱毛、除毛して当たり前なのか。

 

 

でも、顔は手足と比べて肌の層が薄くて弱いです。

手足では何ともなかったけど、顔に除毛クリームを塗ったら赤くなってブツブツができた・・・というのですから当たり前でしょう(汗

 

陰部はさすがにヤバイかなと思って敬遠する人は多いみたいですが、顔は案外やっちゃうようです。

10代、20代はヒゲに悩む男子が多いんですね。

 

なお、ヒゲ脱毛専門のクリニックでも、除毛剤や脱毛剤を顔に塗ることはない。

基本的にはレーザー脱毛です。

 

なので、除毛剤でヒゲを処理しようなんて思わないように。

ムダ毛処理は除毛剤や脱毛剤を使うよりも、脱毛器を使う方がよい?

ヒゲ脱毛

 

結論から言うと、顔のような肌がデリケートな部分には除毛クリームのような刺激物は塗るべきではありません。

鼻や目といった粘膜に薬剤が付着すると、それこそ大変!!

 

なので、ヒゲ脱毛を考えているのならレーザー脱毛一択になると思います。

メラニン色素に反応して、毛を除去するわけですね。

 

今は、自宅で使える脱毛器も沢山販売されていますので、利用者は多くなってきています。

しかし、クリニックでやってもらうのとは違って自分で照射するわけですから、何があっても自己責任になります。

販売されている製品によっては、なんちゃって脱毛器もあるかも・・・

 

気を付けて購入してください。

もしも、脱毛器を購入するのであれば有名どころの商品がいいかもしれないです。

利用者が多いと口コミやトラブルの報告例もインターネットで十分に閲覧できるでしょうし。

 

有名どころと言えば、藤田ニコルが広告モデルになっている脱毛ラボの脱毛器でしょうかね。

別に推奨しているわけではないのであしからず。

男はヒゲがあってなんぼのもんじゃい!(笑)

タイトルとURLをコピーしました