男がよく使うノコギリヤシは女性の頻尿にも効果あるのか?

Toilet健康

夜間の頻尿対策に利用している人も多いというノコギリヤシのサプリメント。

中高年の男性をターゲットにしていることが多いですが、女性にも効果があるのでしょうか?

 

夜中、何度もトイレに行くために眠りを妨げられて困る。

寒い冬は夜中に布団から出ると、体が冷えて困る。

こんな悩みありますよね。

 

ここでは、噂のノコギリヤシが女性の夜間尿にも効果があるのかどうか?

ということについて紹介します。

女性の頻尿・夜間尿にノコギリヤシは効果があるのか?

アメリカ南東部のフロリダ州周辺に自生しているノコギリヤシ(別名ノコギリパルメット)。

男性の頻尿に効果があるとされるのは、中高年男性に多い前立腺肥大に効果があると評価されているためです。

 

治療薬として確立されているわけではありませんが、欧州および米国では、良性前立腺肥大症の治療に使用はされています。

 

前立腺は男性にしかなく、女性にはありません。

前立腺は尿を貯める膀胱の下にあり、尿道を取り囲むように存在するため、前立腺が肥大すると尿が出にくくなってしまうのです。

 

尿意はあるけど、おしっこが出ない。

トイレで用を足したけど、残尿感がある。

といった悩みの多くは、男性においては前立腺肥大が原因となっていることが多いため、ノコギリヤシのサプリメントが中高年男性によく利用されているということです。

 

しかし、残念ながら女性には前立腺がありません。

つまり、ノコギリヤシによる頻尿・夜間尿への効果は期待できそうにないということです。。。

ではどうしたらいいのか?

 

ノコギリヤシの代わりに女性の頻尿・夜間尿に効果があるのは何か?

男性と違い、女性の頻尿・夜間尿の原因の多くは膀胱の過活動や委縮。

年齢と共にトイレが近くなるという現象が起こるのも、原因はこれです。

 

もちろん、男性にも多い。

 

弾力性が低下し、委縮してしまった膀胱には若い時ほど尿を貯めることができなくなります。

夜中にトイレに行かなくて済むように、寝る前はあまり水分と取らないようにしているという人も多いようですが、これは年齢が高いほど危険です。

 

睡眠中は200mlほどの水分が汗をかいたりして失われます。

特に夏場など、汗をかきやすい季節はなおさら。

寝ている間に血液がドロドロになってしまうため、血栓ができて血管が詰まったりしやすくなります。

 

かといって、水分補給をすると夜中にトイレに行くことに・・・

 

その悩み、固まって小さくなってしまった膀胱を回復してあげれば良いということは言うまでもありませんよね。

では、どうやったらいいのか?

 

その方法の1つが八味地黄丸です。

漢方薬として昔からある薬で、サプリメントではなく頻尿や夜間尿に使うことが認められた薬。

 

夜中のトイレに困っているなら、漢方薬を試してみては如何でしょうか?

女性なら、ノコギリヤシよりも間違いなく効果があると思います。

病院でも治療薬として処方されることは多いですが、ドラッグストアやネット販売でも購入できます。

sponsored link

食事の塩分を減らせば夜間尿が無くなる!?

八味地黄丸(漢方薬)を利用するのもよいですが、普段の食事の塩分の見直しでも夜中のトイレの回数を減らす効果があるという報告もあるので紹介しておきます。

 

夜中のトイレの回数は年齢と共に増えてしまうのが一般的だと思われていますし、実際、統計をとるとそのようになっています。

そして、加えて食事の塩分が多い人ほど、トイレの回数が多くなる傾向にあることも確認されています。

 

塩分を多く摂ると、血液中の塩分濃度が高くなります。

すると、浸透圧によって血管外から水分が血管内にどんどん入り込んでくるのです。

 

尿は腎臓で血液がろ過されてできるため、血管内の水分量が多いと尿量も多くなってしまうというメカニズムがある。

それゆれ、塩分濃度の高い食事が多い人は、夜中にトイレに行く回数が増えてしまうというわけです。

 

作った料理の塩コショウの味付け、味噌汁が濃いと家族から言われたことありませんか?

あるいは、昔と比べて味が濃くなったよねとか。

味覚も老化していきますし、濃い味に慣れてくるとそれが当たり前にもなってきます。

 

減塩料理を見直してみましょう。

塩分計を使うなどして、毎日の料理の塩分をチェックし直してみるとよいかもしれません。

案外、ビックリするほどの塩分量だったりするかも。

塩分の摂り過ぎは高血圧や脳卒中、腎臓病のもとになります。

健康のためにもおススメします。

タイトルとURLをコピーしました