顧問税理士にかかる費用の相場は?よい税理士を見つける方法

経営

純益2兆円なのに。トヨタが5年も法人税を免れた税法のカラクリ

少し古い記事ですが、今でもこのフレーズを聞くと

「え? なんで?」

と思ってしまいます。

 

日本企業として初めて2兆円を突破したトヨタが2009年から2013年の5年間、税金を払っていなかったのは事実。

元国税調査官主で作家の大村大二郎さんがそのカラクリを書籍で暴露しています。

 

ところで、個人事業主だとか売上が年間数千万から数億円以内という中小零細企業の場合、大企業よりも税金対策が弱く、トヨタやソフトバンクといった大企業のように税金を逃れられることができないでいたりする。

しかし、そこはちゃんとした税理士を雇い、しっかりとみてもらうことで大幅な節税が実現できるかもしれないのです。

 

そうは言うものの、顧問税理士を雇うと結構なお金が掛かるのでは・・・

顧問費用の相場はいくらでしょうか?

顧問税理士の相場費用は?

これはとあるサイトから抜粋してきた顧問税理士の費用の相場です。

 法 人個 人
売上月額顧問料決算月額顧問料確定申告
~1,000万円15,000円前後月額顧問料の
4~10ヶ月分
10,000円前後10万円前後
~3,000万円20,000円前後15,000円前後12万円前後
~5,000万円30,000円前後25,000円前後15万円前後
~1億円40,000円前後30,000円前後20万円前後
~3億円50,000円前後応相談応相談
~5億円80,000円前後
5億円超応相談

 

自身の年商を当てはめて考えてみるとよい。

この金額が高いとみるか、安いとみるか。

 

税理士の顧問料をけちるよりも、税金でどっさりお金を抜かれるほうが損していることもあるので、今一度、考えたほうがいいですね。

 

優れた顧問税理士の見つけ方

個人事業主であろうと、法人であろうと税理士との相性というものは少なからずあります。

また、税理士によって何をどこまでやってくれるのかも違ったりする。

税理士も人間ですから、人間的な相性もあるでしょう。

 

誰か知人に紹介してもらうという手もありますが、知人からの紹介だと無下にできないですし、もしも「ちょっと違うなぁ」と感じても断りにくいです。

それよりも、自分で探す方がやっぱりいい。

 

では、どうやって探すか?

そんな時に利用すべきは、税理士紹介です。

いわゆる、税理士のマッチングサイトみたいなものです。

 

  • 無料で紹介してもらえる
  • 自分に合った税理士が見つかるまで何度でも探してもらえる
  • 税理士との顧問契約後でも無料で相談できる

というメリットがあります。

 

顧問税理士を適正相場価格でお探しなら利用しましょう。

無料で優秀であなたに合った税理士を紹介してくれる!

タイトルとURLをコピーしました