頭皮が痒い・フケが多い・抜け毛が多い・・・その理由とは

健康

頭を洗っても洗っても、何故か痒みが残る。

何故かフケがいっぱい出てしまう。

抜け毛も多い気がする。

 

そんな悩みの意外な理由について紹介します。

そして、最後にその対策法も併せて紹介するので参考にしてください。

長引く頭皮のかゆみの原因とは

あなたの頭皮の悩みはいったいどれくらいの期間続いているでしょうか?

もう1か月以上?それとも半年以上?

 

一時的な痒みではなく、持続している頭皮の痒みやフケ、抜け毛の原因は頭皮のコンディションが低下している証拠です。

頭皮を含む全身の皮膚は、体調によって状態が変化します。

あなたも、季節によって頭の痒みの度合いが変わったり、思い起こせば仕事のストレスが溜まっているときなどにひどくなったりしていないでしょうか?

 

つまり、皮膚の免疫力の低下が1つの大きな原因であり、免疫力が低下した皮膚に色々な要素が合わさることで、頭の痒みはひどくなってしまいます。

 

免疫力が低下した頭皮で痒みを増長させる要素として代表的なものを3つ挙げることができます。

 

  • 掻き過ぎによる皮膚のダメージ
  • シャンプーのすすぎ残し
  • 皮脂の分泌が過剰(カビや菌の増殖)

 

特に多いのが、最後のカビです。

えぇ!?

と思うかもしれませんが、珍しいことではないのです。

 

頭皮のダメージによるかゆみ

あなたは頭を洗う時に爪をたててゴシゴシしていませんか?

あるいは頭が痒いせいで、頻繁に頭をかいているようなことありませんか?

 

日頃、どれくらい自分の頭を触っているかな?と意識してみてください。

びっくりするくらいの頻度で頭を触っている可能性があります。

 

もしも、頭がかゆいだけでなく少し痛いという場合は、頭皮のダメージが原因となって炎症を起こしかゆみを誘発しています。

 

シャンプーのすすぎ残しによるかゆみ

本来、頭は毎日シャンプーを使って洗う必要はないのですが、ヘアセットのためにワックスやムース、スプレーなどを使う人も多いでしょう。

その場合、整髪剤を付けたまま寝るのは頭皮にとっても良くないのでシャンプーでしっかりと洗い落とさないといけません。

 

ただ、シャンプーのすすぎが不十分であると、頭皮にシャンプーが残ってしまうので毛穴に薬剤が詰まったりして炎症やアレルギー反応が起こることがあります。

これが頭が痒くなる原因の1つです。

 

さらには、脱毛にもつながるためすすぎはしっかりと行わないといけません。

 

皮脂の分泌過剰によるカビや細菌の増殖でかゆくなる

人はストレスを感じると皮脂成分の過剰分泌が起こることがあります。

体臭がきつくなったり、耳垢が少しねっとりするようになったりと体質の変化を感じる人もいるようですが、その原因も皮脂成分の過剰分泌であることがほとんどです。

 

頭皮の皮脂成分は日頃の食生活も非常に関係性が高く、動物性油などの油っこい食事を沢山摂取する人は要注意です。

また、頭を洗う回数が極端に少なかったり、運動をしたのに頭を洗わないと頭皮に皮脂成分が蓄積しやすいですし、あるいは工場など油が飛散しやすい場所で働いている人はできる限り毎日頭を洗わないと頭皮が脂っぽくなってしまいます。

 

頭皮の皮脂成分が過剰に分泌されたまま蓄積すると、それらの皮脂成分は酸化して頭皮に常在する最近やカビの恰好のエサになってしまうのです。

そうすると、頭皮で細菌カビが増殖して皮膚が炎症を起こしてしまうということです。

 

実は、体調がそんなに悪くないはずなのに、頭の痒みが続いているという人の多くは真菌やカビが原因だったりします。

そのため、いくらシャンプーを変えてみたり、頭の痒みを抑える市販薬を使ってみたりしても一向に改善されないと悩むのです。

 

頭の痒みを根本的に治すためには、真菌・カビをやっつけないといけないのです。

 

長引く頭皮のかゆみの原因はカビによる脂漏性皮膚炎!?

フケが多いとか、頭皮が痒いというのを聞くと不潔にしているからじゃないのか?

そういうイメージを持ってしまいがちですけれど、必ずしもそうとは限りません。

 

頭を洗っても痒みがあまり引かない人だっていますし、フケも同じく。

それが長引くようならカビによる頭皮の炎症(脂漏性皮膚炎)が起こっている可能性が大きいですね。

確実にそうかどうかは、皮膚科で診断してもらわないとわかりませんが、意外と多いのは確かです。

 

では、その脂漏性皮膚炎が起こる原因とは何か?

その原因の1つがカビ(マラセチア)なんです。

 

カビ!?とビックリするかもしれませんが、カビの菌は誰でも皮膚・頭皮に常在しているものです。

ただ暴走せずにおとなしくしているか、そうでないかで「痒み」が発生します。

 

頭皮カビが暴走しやすい環境とは?

頭皮に常在するカビ、それらが暴走して大繁殖してしまうというのは何故か?

 

元々、頭皮には皮脂腺が多く髪の毛もあるために湿度も他の表皮よりも高くなります。

高めの湿度とエサとなる皮脂がそろっているので、カビが常在しやすい環境なのです。

 

皮脂の分泌量は男性ホルモンの量によっても左右されるのだが、現代のストレス社会では女性にも脂漏性皮膚炎は珍しくありません。

ストレス、ビタミン不足・生活習慣などの影響や体質によっても皮脂分泌の過剰な状態は起こり得ます。

そうすると、エサが豊富になった環境と免疫力が衰えたダブルパンチによってカビが暴走してしまいます。

 

カビの暴走(過剰な増殖)が起こると、カビの代謝物などが頭皮に蓄積されてしまい、それが原因となって皮膚炎になる。

皮膚炎になると、体は表面からカビや炎症の元になるものを排除しようと皮膚が剥がれ、剥がれた皮膚は細かくこぼれ落ちてフケになるのです。

 

そういえば、ここ数年は色々と考え事も多いし、精神的な重圧も多かったなぁ。。。

と思い当たる節がある人は、やっぱり頭皮のカビが原因かもしれませんよ。

そうすると、いくら頭をシャンプーでゴシゴシと洗っても改善されません。

sponsored link

脂漏性皮膚炎で起こる頭皮のかゆみはステロイド剤で早く対処する

もしも、頭皮に炎症が起こっていることが原因で痒みやフケが多いなら、それを治す手っ取り方法はステロイド剤を使用することです。

あくまでも一時的に症状を抑えるために使うのですが、その効果は抜群です。

 

皮膚科を受診し、薬を処方してもらうことが最も安心ですが、ドラッグストアでも頭皮用のステロイド剤は購入できます。

例えば、第2類医薬品に該当するムヒHDがおススメです。

他にもドラッグストアに行けば、棚に陳列してるはずです。

これらのステロイド市販薬を使用すれば、軽度の痒みであれば使った翌日には効果が感じられると思います。メントールが入ったものは清涼感もあって使用感は良いですよ。

でも、あまり継続的に使用するものでもありません。

 

基本的には、何か湿疹ができてしまって一時的に痒みがひどくなってきたかな?という場合に適用します。

特に、カビなどで頭皮が痒いという場合はピンポイントではなく頭全体が痒いはずなので、薬も全体に塗らないといけません。

 

もしも、脂漏性皮膚炎からくるカビの増殖が原因の頭皮の痒みであれば、まずはカビを抗真菌薬を用いて減らさないと根本的に問題が解消しません。

ステロイド剤だけを使っても、一時的には痒みは軽減されますが数日するとまた痒みが出てくるようになる可能性が高いです。

だから、病院でもステロイド剤と抗真菌薬がセットで処方されることが多いのです。

 

とりあえず頭がかゆくてたまらない、我慢しきれないという人はステロイド剤の使用で素早くかゆみを抑えましょう。

さもなくば、頭をかいて頭皮を傷つけてしまうおそれがあります。

 

市販品の抗菌シャンプーで頭皮のカビを撃退する

最後におススメしておきたいのは、ドラッグストアなどでも手軽に購入できる市販品の抗菌シャンプーです。

抗菌剤(飲み薬や塗り薬)を使用するというのも、ちょっと抵抗ありますよね。

 

たかだか頭が痒いだけで・・・

 

だからこそ、市販品を使って自分で対処したいところです。

市販品だからといって、効果が弱いと思うかもしれませんが病院でも使っているものなので安心してください。

抗菌シャンプーについては別記事で紹介しているので参照してください↓

頭の痒みに効果が高い超おススメの市販シャンプー
毎日、しっかりと頭を洗っているはずなのに 頭がかゆい。 フケがよく出る。 こういう悩みを抱えていると、頭が痒くない時でも頭をかくクセがついてしまい、色の濃い服を着てればフケが肩や首回りにふりかけのようにパラパラと付いたのが...
タイトルとURLをコピーしました