花粉症?それとも風邪?~症状から一発で分かる見分け方~

健康

季節の変わり目である春先や秋はどうしても寒暖差で風邪をひきやすい。

それと同時に花粉が飛ぶ季節でもあるので、花粉症の症状も出やすい。

鼻水、くしゃみ、鼻づまり・・・

 

これって、風邪?

それとも、花粉症?

どっちなんだろうか?と困ったことがあると思います。

 

ここでは、その症状が風邪なのか花粉症なのかが一発で分かる見分け方を紹介します。

花粉症と風邪の簡単な見分け方

花粉症は吸い込んだ花粉を異物だと感知した生体反応です。

くしゃみをしたり、サラサラの鼻水を出したり、涙を出したりすることで花粉を外に出そうとしているのです。

 

このような症状は花粉症だけではありません。

ハウスダストのように、家のホコリとか壁紙から出る化学物質などでも花粉症と同じ症状が出たりします。

いずれも、主な原因は花粉やホコリによってアレルギー反応を引き起こすヒスタミンという物質が体内で大量に放出されるからです。

 

一方、風邪の原因はウイルス。(細菌感染が風邪の原因だと思っている人もいるみたいですが違います)

とりわけ、インフルエンザウイルスに感染した場合を「インフルエンザ」と言っているだけで、インフルエンザも言ってしまえば風邪の一種です。

体内に侵入したウイルスをやっつけるためには、免疫機能を高める必要がありますね。

 

私たちの免疫機能は体温が39℃くらいで最高潮になります。

なので、風邪をひいて熱を出すのはウイルスと闘っている証拠なんです。

 

免疫機能が働くと、血液中にある白血球やマクロファージ(免疫細胞)が鼻粘膜などで活発にウイルスをやっつけるために働きます。

一生懸命に働いた白血球やマクロファージが死滅すると、それらの死骸を含んだ鼻水はドロッとした黄色や緑色のものになります。

これは花粉症にはない症状です。

あるいは鼻水だけでなく、痰(たん)も黄色や緑色が混じったものになることがあります。

 

以上のことから花粉症と風邪が一発で見分けることができます。

 

【花粉症の症状】

☑透明のサラサラした鼻水が出る

☑目が痒い

☑くしゃみが1週間以上続く

☑朝に鼻づまりや鼻水、くしゃみの症状がひどい

 

【風邪の症状】

☑粘り気のある鼻水が出る(黄色や緑色になることもある)

☑39℃近い発熱がある(2~3日程度)

☑喉の痛みがひどくなってくる

☑咳や痰が出る

くしゃみが出たり、喉が痛い、咳が出るというような花粉症と風邪で似たような症状がありますが、比べてみると違うことに気付きます。

花粉症ではとにかく花粉を体外に出そうとする反応が起こるので、鼻水はサラサラしています。

それに、涙が出やすい。

 

朝方に症状がひどくなることを「モーニングアタック」と言います。

その原因についてはいくつかの意見がありますが、夜から朝になって自律神経の切り替えが起こることによるものだということが最も支持されています。

これもまた、花粉症と風邪を見分けるポイントの1つです。

sponsored link

それでも花粉症か風邪か分からないという場合

もしも上記の比較をしても花粉症か風邪か分からないという人がいるかもしれませんね。

特に風邪のひきはじめは、どちらもよく似た症状です。

 

そんな時には、風邪薬を飲むべきか?花粉症の薬を飲むべきか?

悩みますよね。

 

病院でアレルギー検査をしてもらうのが一番良いのですが面倒くさいという人もいるかもしれません。

なので、熱が無ければ花粉症の薬を飲んでください。

 

しかし、熱が出てきたり体のだるさが出てきたりした場合は、花粉症の薬を飲むのをやめて病院に行ってください。

おそらく、風邪かもしれませんから。

 

『じゃばらジュース』を飲んでみた!花粉症・鼻炎への効果は?
花粉症が最も流行する季節は2月末から5月にかけてと言われるが、そのほとんどがスギ花粉によるものです。 しかし、鼻炎症状を引き起こす花粉はスギ花粉だけでなく、ヒノキやイネ、ヨモギなどの花粉も原因となる。 さらに、こうした各種花粉は...

 

タイトルとURLをコピーしました