中国で自動化設備を作りたい人は必見!?

海外の外注

様々な自動化装置や搬送設備などを中国で安く作りたいけれども、どこに頼めば安心して相談できるのだろうか?という不安もあります。

 

日本に本社があって、中国にも工場を持っているという日本の会社に相談するのが手っ取り早い気もするが、コストメリットという点でしっくりこないと感じることもあるかもしれません。

やはり、中国現地企業とより直接話ができることを望んでいませんか?

 

しかし、どこにコストも安く、精密機械を間違いなく作れる中国メーカーがあるのかという情報はなかなか手に入りにくいものです。

こういう情報は、中国人の知り合いがいるか、中国現地を自分の足で歩いて探すか、あるいは工業用のポータルサイトを利用するかくらいしかありません。

 

自分が思っている企業であるかどうかの当たり外れはどのような場合でもありますが、私が最も良いと考えるのは知人からの紹介です。

中国現地の日系企業を相手にしているメーカーがベスト

中国ローカルにも様々な企業がありますけれど、現地の日系企業を相手にしているメーカーが良い。

これは日系企業が素晴らしいのだから、そんな素晴らしい会社を相手にしているメーカーなら間違いないという主張ではないです。

 

日系にも良い面、悪い面があるとは思いますが、我々が日本人であり、日本の会社の仕事をしようとしているのであれば、日本(日本人)の考え方や習性に思考を寄せてくれやすい中国メーカーを選んだ方が仕事がしやすいというだけの話です。

 

中国人と仕事をしていると、日本人との違いというものをしばしば痛感することがあります。

見積りをする場合でも、その習性の違いが出ます。

 

公差緩和が必要であるとか、部分的に図面通りに加工ができないかもしれないというような情報は、日本人の場合はできるだけ事前に備考欄に記載したりします。

でも、中国人の場合は「とりあえず受注しないと始まらない」という考えが先にくるので、あまり細かいことは事前に通達してきません。

 

「本当にできるの?」と聞いても、「大丈夫、大丈夫」と言うんです。

でも、実際に発注してから後で「できると思ったけど、ここがちょっと難しい」とか言い出すんですね。。。

 

とにかく、中国人は問題が起こる前の予防はあまり得意そうにありませんが、何かやると決めて進めるときのスピードはめちゃくちゃ速いです。

そのかわり、トラブルはいっぱい起きます。

 

でも、トラブルが起きたときの対処スピードもめちゃくちゃ速いです。

ただし、同じトラブルを何回も起こすのが中国人(笑)

 

逆に日本人は慎重になりすぎて、なかなか事が前に進みにくい。

しかし、前に進みだすとあまりトラブルが起こりません。

日本製の商品は壊れにくいという話がありますが、まさしくこういうところだと思います。

中国製はモノは壊れるものと割り切って、壊れたら次ですからね。

両極端の人種だなぁと思います。

 

このように、中国人と日本人は学習してきた理や習性の違いがあり、ビジネスの世界でもそれは看過できるものではありません。

孫子の兵法にあるように「彼を知り己を知れば百戦殆からず。彼を知らずして己を知れば、一勝一負す。彼を知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず殆し」はとっても大事です。

 

少なくとも、そういうことを理解してくれているのが日系企業と付き合っている現地の中国メーカーです。

中国現地でそのメーカーのことを分かっている日本人を頼る

日系企業と付き合っている中国メーカーと言えども、その数はめちゃくちゃあります。

とりわけ、大きな会社になればなるほど日系企業と付き合っている確率は結構高いかもしれません。

 

でも、そんな中国メーカーが大企業ではない我々を相手にまともに仕事をしてくれるかどうかは微妙です。

ましてや、コストメリットを求めているのに全くの見当違いだったりすることもあります。

 

なので、理想的なメーカーと知り合うために、最も適しているのは紹介です。

特に中国現地に住んでいるとか、長期滞在している日本人に紹介してもらうのがベストかなと思う。

 

日本人目線でそのメーカーあるいは総経理(オーナー)の考え方や素質を見て意見を言ってもらえるからです。

どうしても、パンフレットやカタログ、ホームページからの情報だけでは相手のことを十分には知り得ません。

 

そうすると、じゃあ、そのような日本人はどこで知り合えばいいの?

ということになりますが、方法は様々です。

私の場合はホームページやブログを通じて、中国や台湾現地から突然メールをもらえたりして知り合った人もいますし、部品加工をお願いしている中国現地の中国人に紹介してもらったりもします。

 

日本国内にも中国人はいますし、どこかで彼らと仲良くなっても情報をゲットできるかもしれません。

sponsored link

中国でも華南地区は比較的コストが安い!?

国土の広い中国には、それぞれ得意不得意があったりします。

造船関係や製鉄関係なら大連などの華北地区が有名。

鋳造とか鍛造なら青島。

電子部品は深センとか。

 

各産業がそういった地域に限定されているわけではないですが、そいう傾向にあるなぁという感覚的みたいなものが私にはあります。

そして、コストで言うと精密部品系は圧倒的に華南地区が安いような気がします。

大物系のざっくりとした製品は大連なんかが安く作るところはあります。

 

例えば、以下の写真は先日にお会いした、珠海(香港の西側の地域)にある会社のオーナーから頂いたパンフレットにある製品の一部です。

ここの会社はフレームものとか装置ものが結構得意そうです。

 

ここの会社を紹介してくれたのが、現地に住む日本人の方です。

ブログを通じて知り合った方で、仕事の繋がりを経てというわけではありません。

日本に帰国されるときに、たまたまこの会社のオーナーも日本に行くから連れていきますという連絡があったので食事をしてきたところです。

 

現地では日系企業の仕事を主に手掛けているようでおススメです。

もしも、気になるようでしたらご連絡ください。

どのような内容なのかを伝えて、仕事になるようならお繋ぎしますよ。

info@hirano-s.jp

 

人脈の構築は自分の財産になる。

そう思って活動しています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました