【初めて銀行口座を開設】におすすめするのは楽天銀行という理由

投資

昔、私が子供の頃は親が郵便局(現在のゆうちょ銀行)で通帳を作ってくれ、お年玉とか少額の積み立てとかをしてくれ、成人(20歳)になったときに渡してくれました。

しかし、それとは別に自分で新たに銀行口座を作るとしたら、おススメしたいのは楽天銀行です。

 

私は、楽天銀行の前身であるイーバンク銀行の時に開設しましたが、そのまま楽天銀行に移行して現在も利用しています。

楽天銀行はインターネットバンクであり、楽天が提供している様々なサービスに連携していることから、かなりお得に使えます。

 

とりわけ、キャッシュレス社会へと進んでいる世の中では、スマホ決済、カード決済などが主流になりつつあり、そこで楽天銀行を利用するとポイントがバンバン貯まりますので超お得です。

知らぬ間に「こんなにポイントが貯まってる!!」となります。

もちろん、ポイントだけじゃなくて色々とキャンペーンを定期的にやっているので、エントリー(無料)しておけば、現金がキャッシュバックされたりもするんです。

 

そのほか、コンビニやその他のATMで現金を引き出したり、他の銀行への振り込みも、一定条件をクリアすれば数回は手数料無料になったりもしますので、初めての口座開設を考えている人は楽天銀行に決めちゃいましょう!

楽天銀行の新規口座開設は簡単

楽天市場で楽天会員に登録している人は、その会員情報をそのまま引き継いで楽天銀行に登録できるので簡単です。

楽天会員でなくても、3分ほどで必要事項の入力が済みますし、申し込み時に印鑑とか紙の書類などは一切不要。

 

メガバンクとか地方銀行で口座開設するときは、銀行印を用意したり、身分証明書を用意して銀行窓口に持って行ったり、書類を書いたりとすごく面倒くさかったのを覚えています。

しかも、その時に書いた書類の控えっていつまで保管しないといけないの?失くしたらどうなるの?とか、通帳を紛失したら手続きはどうなるの?と色々と疑問とか心配はありましたね。。。

 

楽天銀行なら、ネットにさえ繋いでしまえば自分の口座を確認できるので、その点は心配が少ないですね。

口座開設のための本人確認書類の提出は3つの方法を選べる

いくら楽天銀行口座が簡単に開設できるとはいえ、本人と違う人が開設していては困りますので、口座開設をするためには本人確認は必須です。

確認方法は以下の3つの方法から選べます。

楽天銀行アプリで本人確認書類を撮影して送信する

楽天銀行アプリをスマホにダウンロードし、本人確認書類を撮影のうえ送信する。

送信から2日~2週間程度で、口座開設完了をお知らせする「ThankYouレター 初期設定ガイド」(簡易書留)が送られてきます。

これをもって、本人特定事項の確認手続きが完了します。

 

配達員に提示して本人確認する

佐川急便(株)の受取人確認配達サービスである、「受取人確認サポート」、もしくは

日本郵政(株)の「本人限定受取郵便」のいずれかにて口座開設完了をお知らせする「ThankYouレター 初期設定ガイド」を受け取ることで、口座開設が完了します。

受け取り時には本人確認書類を配達員に提示します。

「ThankYouレター 初期設定ガイド」は申込から1~2週間程度で届きます。

 

郵送で本人確認をする

口座開設申し込み完了後、返信用封筒が自宅届きます。

封入物の案内にしたがい、所定の本人確認書類のコピーまたは原本を同封のうえ返送してください。

内容に問題がなければ返送から1週間~10日程度で本人確認が完了し、口座開設完了を知らせる「ThankYouレター初期設定ガイド」が転送不要の簡易書留で発送されます。

 

ThankYouレター初期設定ガイドが届いたら、楽天銀行のサイトでIDとパスワードの設定をして取引開始となります。

銀行への入金方法、銀行からの出金方法

楽天銀行への入金方法は、他行からの振り込みの他、コンビニのATMや三菱UFJ銀行、みずほ銀行やゆうちょ銀行のATMから現金で入金可能です。

出金方法も同じく他行口座への送金、あるいはATMから現金引き出しができます。

 

給与振り込みにしておけば、ATMの手数料は3回無料が自動的についてくる

現金引き出しとか入金で気になるのが、ATMの手数料です。

3万円以上の入金はいつでも手数料無料なのですが、3万円未満だと220円もしくは275円かかってきます。

 

しかし、勤めている会社からの給与振り込みを楽天銀行にしておけば、なんと自動的にATM手数料3回分が無料になります。

 

これはハッピープログラムに参加することが条件ですが、ハッピープログラムは無料で利用できる楽天銀行ユーザー向けの優遇プログラムです。

エントリーするだけで取引ごとに楽天スーパーポイントが貯まり、楽天スーパーポイントを振込手数料に利用できるようにもなります。

絶対に使わないと損しますので、楽天銀行口座を開設したら真っ先にエントリーしてください。

エントリーは楽天銀行のウェブサイトからできます。

 

ネットセキュリティは万全の体制をとっている

インターネットバンクだと、口座情報を盗み取られるのではないか??

と心配になりますが、楽天銀行ではいくつものセキュリティ体制を整えています。

ネット銀行ですから当然の処置ですが、取引通知メールはもちろん、ワンタイ認証(取引のたびに1回限り有効なキーワードが発行される)、セキュリティカード認証や合言葉認証もあります。

sponsored link

楽天銀行カードを作っておけば、さらにお得!

楽天銀行の開設と同時に年会費永年無料楽天カードの発行をしておくことをおススメします。(ゴールドカードとプレミアムカードは年会費が必要です)

楽天カードを作るだけでも5000円もらえたりするので是非とも作ってください。

 

楽天カードを普段使いの1枚としてまとめておけば100円につき1ポイントが自然に貯まります。

他のカードとかだと200円で1ポイントとか多いので楽天はお得かなぁと思います。

 

毎月1万円をカード払いすると、100円がキャッシュバックされる計算になります。

なんだ、100円かぁと思うかもしれませんが、毎月あなたが支払っている必要不可欠なお金って1万円だけじゃないですよね?

公共料金とかその他もろもろ、カード決済できるものは楽天カードにまとめておけば、おそろしいくらいにポイントが貯まります(笑)

 

ついでに、楽天カードがあれば、楽天市場での買い物でポイントが常に+1倍になります。(ゴールドカードとプレミアムカードは+4倍)

楽天市場ではSPU(スーパーポイントアッププログラム)というのがあり、楽天カードのポイント還元率が15倍とか16倍とかに爆上げされるプログラムもあるので、楽天で買い物をする人は持ってて損はない1枚ですね。

 

ちなみに、高速道路をよく使うという人はETCカードも申し込みすることが可能です。

ETCカードも100円の利用ごとに1ポイント還元されます。

年会費は500円かかるんですが、500円なんかポイント還元で一瞬にして元を取れるから心配無用です。(ゴールドカードとプレミアムカードは年会費無料)

楽天アプリを使えば、さらにポイント+1倍!

スマホアプリに楽天市場アプリがあります。

普通にネットで買い物をするのではなく、楽天アプリ経由で購入するとポイントが+1倍になる。

買うものも、購入金額も同じなのにポイントだけがさらに加算されるという。

おいしいですね。

貯まった楽天ポイントの有効利用方法

とにかくポイントが貯まりやすいと評判の楽天ですが、貯めた楽天ポイントを有効利用しないといけません。

一番おススメしたいのは、楽天Pay(ペイ)で使うことです。

 

楽天市場でポイントを使うのも良いのですが、個人的には使いません。

何故なら、例えば1万円の買い物で1000ポイントを使うと、9000円になってお得と感じますよね。

でも、ポイント還元率が100円で1ポイントだとすると9000円に対してのポイント還元になるので90ポイントしかもらえないからです。

 

それよりも、貯めたポイントをそのまま現金の代わりにコンビニでのちょっとした買い物で楽天ペイを使ったほうがお得です。

ポイントの獲得量によっては、月の半分はコンビニでの支払いはポイントのみで済んだりします。

 

あとは楽天Edyにチャージして使うという方法もありますが、最近は楽天ペイを使えるお店がどんどん増えてきているので、楽天ペイでよいかなぁと思います。

楽天ペイもスマホアプリをダウンロードすればすぐに使えますよ。

sponsored link

他にもサービス盛りだくさんの楽天

楽天モバイル、楽天保険、楽天トラベル、ロト、ナンバーズ、サッカーくじ(BIG)、競馬、楽天証券・・・

とにかく沢山のサービスを展開している楽天です。

楽天サービスを使えば使うほど、ポイント還元率がアップしますし、将来に向けて投資がしたいと思えば楽天証券で証券口座を開設するだけでも現金がもらえたりします。

 

楽天証券の口座と楽天銀行口座があれば、マネーブリッジの仕組みを使って楽天銀行の普通預金の年間金利が最大0.1%になります。

普通、他行の預金口座の金利は0.001%とかなので、相当デカいですよ。100倍だもの。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました