ミスミの材料は安いのか?高いのか?

misumi コスト削減方法

ミスミでは様々な種類の鋼材が購入できて、すごく便利です。

鋼材屋との取引があまりなかったり、普段は材料支給の仕事が多くて自社で材料購入することが少ない町工場では、ミスミから材料を購入したりするようです。

 

うちの会社は複数の鋼材屋との取引がありますし、毎日のように鋼材購入をしているので、個人的にはMCナイロンなどはよく購入させてもらっているが、正直なところ金属素材は購入することがほとんどない。

 

ある日、知人との雑談で「ミスミは材料が高いからなぁ」というセリフを聞いた。

そう言われてみると、ミスミの材料って高い?安い?

ミスミの材料は高い

ということで、比較してみました。

樹脂系の素材については、樹脂の卸業者と取引がないのでわかりませんが、知り合いの樹脂加工屋さんはミスミから購入していないと言ってました。

ということは、たぶんミスミより安く買えるところがあるってことだと推測できます。

 

金属素材については、具体的な金額は鋼材屋の卸値をオープンにしてしまうことになるので公開はしませんが、炭素鋼とかダイス鋼、プリハードンに非鉄金属、全てにおいてミスミで購入するよりも、鋼材屋から仕入れる方が圧倒的に安いです(うちの場合)。

 

鋼材屋との価格契約については各々の会社ごとに変わるので、もしかするとミスミで購入するほうが安いという会社もあるかもしれませんが、普段から鋼材を購入しているならば何かしらの価格交渉をしていると思いますので、鋼材屋からの購入の方が安いんじゃないかな?

 

材料価格については、6F材なんかはまだマシなんですが、ひどいのは金属の円形プレートです。

びっくりするくらいミスミが高いです。

これが売れるの!?と思うくらいです。

自分で加工した方が圧倒的に安くできるよ!という価格のものがゴロゴロあります。

 

もしも、ミスミで金属の円形プレートを購入しようと思っている人がいたら、うちの会社が代わりに削りますよ(笑)

ミスミの材料の良さ

なんかミスミの悪口を言っているようで申し訳ないので、ミスミの鋼材購入の良さも書いておくことにします。

1つは、種類が豊富ってことですね。

 

金属や樹脂だけじゃなく、ガラス、メッシュ、ウレタンゴムなども購入できます。

普通の小さい鋼材屋だと、こんなにも種類を取り揃えているところは少ないです。

 

2つ目は一部の加工処理が入れられるということ。

プレートへの穴加工とか、面取加工とかですね。

 

例えば、私がよく利用するのはリニアシャフトです。

ミスミ

端にネジ加工をするとかDカットを入れるとかは、素材を購入して自分で旋盤加工するよりも便利です。

しかも、硬質クロムメッキまでやってくれているので、とにかく時間的なメリットがある。

 

あるいは、半製品をミスミで購入して追加工するとかよくある。

そういう利用のしかただと、ミスミは超便利ですね。

価格もメリットあります。

 

ただし、特殊なネジ加工とか規格外の長さや径のシャフトなどは、どうしても自分で加工しないとダメですけどね。

なので、利用できるところは利用して、ミスミでなければ自分で作るって感じです。

sponsored link

材料を安く購入する方法

材料は丸材なら1kg単価がだいたい決められているのが鋼材屋です。

鋼材を卸す工場ごとに、1kg単価の契約があるはずで、同じ大きさの同じ鋼材でもA社とB社では購入価格が違うというのはよくあること。

 

町工場どうしの情報交換のなかで鋼材価格の話もあって、「うちで買った方が安いよ」という話があれば、マージン1000円乗っけてもらって代わりに購入してもらうということは実はあったりする。

 

例えば、1kg800円の鋼材を50kg購入したら4万円ですが、別の会社が1kg700円で購入していたら50kgは3.5万円なので5000円の差があります。

マージン1000円を代理購入費として渡して代わりに買ってもらえば4000円得するわけです。

本当はよくないことかもしれませんが、たまにしか材料購入しない会社だとどうしても高単価で材料を買わないといけなくなってしまうので、町工場の仲間内では協力しあってコストを抑えたりしてます。

 

6F材になると、1kg単価ではないのでプレートメーカーごとに価格にバラツキがあります。

小さい材料ならさほど差がないのですが、大きな材料あるいは極端に薄い材料とかはかなり鋼材屋ごとに大きな差があります。

 

私の経験ですと、少し大きな6F材を2社の鋼材屋で見積りするとA社は9万円、B社は6万円という価格差が出ました。

これはびっくりです。

3万円も差が出ると困りますよね。

 

なので、6F材は複数社で見積りを取っておくべきかなと思います。

鋼材屋で購入するメリット

ミスミの材料は面取りとか穴あけとかオプションをつけることができますが、鋼材屋からの購入でも類似のオプションがつけられます。

面取指示とか研磨指示がオーソドックスですね。

 

あとは、プラズマ溶断とかガス溶断した材料を購入できるのも鋼材屋のメリットです。

そして、ミスミでは販売していない種類の特殊鋼材も鋼材屋なら購入できます。

 

あとは「明日、材料が欲しい!!」というような特急対応にも在庫を持っている材料屋があれば相談もできます。

ミスミはシステム(マニュアル)で固められてしまっているので、そういう相談は無理ですからね。

 

結局、材料購入は安い・高いだけで決めることもあれば、そうじゃないこともあるし、ミスミも鋼材屋も両方使い分けしたらいいですね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました