大阪府柏原市周辺で機械部品の海外調達する町工場をお探しなら

海外の外注
Pavlofox / Pixabay

機械部品の見積りをしても価格競争が厳しくなってきて、うまく受注できる案件が少なくなってきたと思います。

今や海外からの部品調達は日本全国多数の企業が行っており、中小零細企業でも海外取引をするようになりました。

 

そのため、価格競争の激化が起こり日本国内で海外製品同士の価格競争になっていると推測されます。

その背景には、以前ほど海外製のデメリットが少なくなってきていることがあります。

 

海外製のデメリットとは「品質の悪さ」です。

この記事を読んで頂いているあなたなら、きっと耳にするようになったのではないでしょうか?

最近は海外製の品質もよくなったよね、という話。

 

日本のものづくりを行う町工場では、高齢者社会の波を受け、継承者がいないとか良くある話です。

そのため、外国人労働者を雇う会社もどんどん増えてきています。

弊社でもベトナム人技術者を一人雇っています。

 

同時に、先述の通り海外調達も盛んになっています。

必ずしも、全ての部品が海外調達でOKというわけではありません。

特殊な素材で作らないといけないとか、超特急の短納期案件、お客さんが日本製にこだわりが強くて海外製はNGであるとか。

 

そういった事例は多々あるものの、やはりこれからも海外調達は必要な時代が続くものだと私は思っていますし、そのためにも優良な海外の協力会社とは蜜月時代を創っていかないといけないでしょう。

海外からの調達費用は ”見えないお金” の節約で効率を上げるべき 

海外調達のメリットには、製造キャパの分散や海外メーカーでしか製造できないものがあるということなどがありますが、なにを差し置いても価格です。

見積り価格がお客さんの納得できるものでなければ受注はできません。

 

だからこそ海外調達をお考えなのだと思いますが、何度も言うようにライバル他社もみんな海外調達を利用していると思ってください。

下手すれば、同じ海外メーカーを使って見積もり合戦をしている可能性だってゼロではありません。

 

それに、海外メーカー同士での価格競争になった場合は本当に僅差です。

あとは、どれだけマージンをあなたの会社が取るか。

どれだけ運送費がかかってくるのか。

という製品以外のところにかかるお金の差で受注が決まることも多いはずです。

 

なので、できるかぎり無駄な雑費は省くようにしなければならないし、省けるように考えないといけません。

具体的にどのような部分で費用節約ができるのかを挙げてみましょう。

sponsored link

引き取り費用を節約する

海外調達をしてくれる業者の所在地は重要な要素となります。

大物ばかりを扱うのであれば、できる限りコンテナ船が着ける港が近いほうが徳です。

 

船便による海外からの輸送費は、外国から日本の港までの費用だけではありません。

港に着いてから陸路で納品先もしくは、調達業者のところまでの輸送費が必要になります。

 

運送するトラックの費用は、自分の荷物以外の荷物との混載便の場合と自分の荷物専用のチャーター便の場合でも1万円以上価格が変わったりします。

もちろんですが、港から遠い内地ほど輸送費が高くなるでしょう。

 

さらに、業者からあなたの元へ荷物を届けるためにも国内の運送業者が必要になります。

佐川急便、ヤマト運輸、福山通運、西濃運輸など。

荷物の重量が重くなるほど費用も高くなります。

 

逆に小さいものだと運賃に締める価格の割合が高くなってしまうかもしれません。

そういった部分を考えると、直接引き取りにいける近くの海外調達業者を選べば安く済みます。

 

あなたの近くに海外からの部品調達をしている業者さんはありませんか?

大阪府柏原市周辺で海外から機械部品調達をしてくれる業者をお探しなら御問い合わせください

うちの会社では、中国大連、上海、深セン、台湾、韓国からの機械部品調達をしています。

うちの会社があるのは、大阪府柏原市。

周辺には、八尾市、東大阪市、藤井寺市、富田林市、羽曳野市、河南町、太子町があります。奈良県だと香芝市、生駒市、王寺町、三郷町がある。

 

意外と柏原市近辺には大小様々の機械部品に関わる会社があり、海外調達の引き合いを頂いたりします。

高速道路も近くを通っているので名古屋方面、大阪方面とアクセスは良い。

 

直接会って話ができることにメリットがあり、現物を見て欲しいとかトラブルがあった時にも話がしやすいです。

急ぎで欲しいという場合でも、引き取りに行ける距離なら時間の短縮にもなるので、お近くの方で海外調達に興味があればご連絡をお待ちしております。

→ 創業昭和62年!有限会社平野製作所

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました