年収100万円以下のネットカフェ難民から脱出するおススメ方法

孤独 工場で働く

就職氷河期世代でフリーターを続けるしかなく、これまで年収100万円以下のネットカフェ難民、あるいは窓のない1畳半ほどの狭い貸倉庫に寝泊まりをし続けているなら、できる限り早くその現状を打開しないといけません。

リーマンショックのときにリストラにあった人、早期退職から再就職に失敗し、アルバイト暮らしに転落してしまった人、それぞれに事情があることでしょう。

 

今の生活では周囲の音は筒抜け。隣の食事の音も聞こえる。エアコンはまともに機能せず、ホコリ、男の汗の臭い、体臭に我慢している。

そんな劣悪な環境にも涙をのみながらも慣れてしまっているのではないでしょうか。

 

いつまでも安いカップ麺、スーパーの割引総菜やコンビニの値引き品ばかりを食べる生活を続けていては、体が壊れるのも時間の問題です。

日本政府が公的資金だけでは老後資金「2000万円不足する」と公表し、まともに働いていても老後を安心して過ごせるか不安になるほど。

 

そんな時代に、日雇いでその日暮らしを繋ぐ年収100万円台の生活を続けるには限界もあります。

年齢が40代、50代、60代と歳をとればとるほどに、世の中の就職事情は風当たりが強いため、早く行動して少しでも備えておかなければ、孤独死というものがすぐ隣に迫ってくるのも現実となるでしょう。

 

40歳を過ぎれば、工事現場や倉庫での肉体労働もしんどくなりますし、ケガや病気をすれば収入がゼロになるリスクもある。そんな不安から脱却するためにも、工場 で働くという選択肢を紹介したいと思います。

工場で働くことのメリット

「工場」と聞いて、あなたはどのようなイメージを持つでしょうか。

工場の仕事には様々な分野の様々な現場があります。

 

薄暗く、汚い現場の町工場をイメージしている人は意外と多いようですが、リクルート系の業者ではそのような工場を斡旋することも少なくなっています。

何故なら、人が来ないから。

 

なので、そういった先入観をお持ちであるならば安心してもらって大丈夫です。

工場での勤務には、仕分け作業、資材の梱包、配送、機械のオペレーター、製品の不良品チェック、組み立てなど色々あります。

業種も精密機器から食品、建築、自動車とものづくりに関わる仕事の全てに工場があるのです。

 

そういった企業(工場)では、就職するメリットがたくさんあります。

そのメリットについて紹介しましょう。

寮完備のところが多いので、家賃の出費が不要

サラリーマンであろうと、バイトやパートであろうと、生活費の大部分を占めるのが家賃ではないでしょうか。

少しでも家賃を節約するため・・・という理由から、ここ10年で急激にネットカフェ難民が増えたと言われています。

 

また、低収入のためだったり、保証人がいないために部屋を借りることができないフリーターも多い。

しかし、工場勤務だと量完備で冷蔵庫やテレビなども備え付けられているところが多いので家賃の心配をする必要がありません。

 

経験が無くてもできる単調作業という仕事がある

工場ならではですが、精密機器などの製造に関わるオペレーターでは製品に不良品がないかを目視でチェックしたりする作業があったりします。

現場によっては、画像選別機という自動で不良品チェックする機械を導入しているところもありますが、完全に自動化されているところはまだまだ少数。

 

そのため、人の目や手でチェックするという作業が必要とされる現場がたくさんあるのです。

そういった工場では、経験は重要視されないのでとにかく単調作業に強いという人には就職するメリットが大きい。

しかも、土木作業の現場と違って空調の効いた部屋での作業が基本なので、体調を大きく崩すという心配も少なくなります。

 

この他、コンビニのバイトや倉庫の荷物運びくらいの経験しかなくても、軽作業など簡単な仕事を用意している工場はたくさんあります。

未経験だからこそ、お願いしやすい仕事が多いのも工場ならではです。

 

日勤と夜勤を選択できる工場もあるので、自分の生活リズムに合わせて就職しやすい

高卒や大卒で一般企業に就職したら、普通は朝の出勤で夜に帰宅ですね。

シフト制のある会社だと、たまに夜勤に当たることもあるかもしれませんが、工場だとずっと夜勤することを希望・選択することも可能です。

 

朝が苦手という人や夜の方が働きやすいという人にとっても、働くリズムを選べることはメリットとなります。

 

資格や免許が取れる工場もある

一部の工場では、勤務しながら必要な資格や免許取得ができるところもあります。

何かしらの資格というのは、万が一の時に強い武器になります。

あの時にチャレンジしとけば良かったなぁと悔いが残っている人にはおススメです。

sponsored link

30代後半からの就職先探しに工場が適している理由

20代のフリーターと30代後半のフリーターでは、世間の風当たりが全く違います。

就職斡旋業者も20代は就職率が高いため常に積極的です。

 

しかし、30代も半ばを過ぎると色々な面で不利だと感じることは多いのではないでしょうか。

特にフリーター歴が長く、貯蓄もほとんどないという人には日雇い労働という道しか選択肢が無いと考えてしまうことも。

もしも、少しでも貯蓄があるのならば、30代半ばからこそ今はプログラミングを学ぶ方がよほど良いかもしれません。

就職氷河期世代の就職支援よりもプログラミングを学ぶべき?
就職支援に頼る暇があったら、自分のスキルを上げて「あなたが欲しい!」と言う人を増やすほうが絶対にいい。

 

しかし、貯蓄も無い。住む場所もない。

このまま、将来の不安を抱えたまま過ごしていけるのだろうか。。。と悩む人ほど工場勤務をおススメしたい。

 

プログラミングなどスキルが要求される度合いが大きい職種では、折角就職できても結局辞めてしまうケースが後を絶たない。

自分の居場所がなくなるのだそうです。

また、若い世代ばかりが集まる業種も居心地がよくなかったりする。

 

反面、工場では若い人もいますが、老若男女問わず働いている現場が案外多い。

経験が無くても40代、50代、あるいはそれ以上の世代の募集をしている工場もある。もちろん正社員としての募集です。

なので、自分はもう歳をとっているからというあきらめをする必要がなくなるのです。

 

さらに定年制度を設けていない。あるいは、定年はあるが定年後も再雇用している工場もあったりする。

どこかの企業の工場で働けば、定年になったのでちょっとパートでもよいから雇ってくれないか?ということを他の町工場にも言いやすくなりますし、雇ってくれる町工場も多いです。

 

実際、私の知る町工場には70代、80代の従業員が働いている工場もあります。

もちろん、彼らの年齢ですから危険な作業はなく、単調作業だったりすることが多いようですが、もしも自分がその年齢になっても働ける場所が見つけやすくなるっていうのは有難いものではないでしょうか。

だからこそ、30代以上でも気後れすることなく工場勤務に応募するべきなんです。

工場系の求人情報なら、工場求人ナビがおススメの理由

本記事では工場系の勤務に工場求人ナビをおススメしたい。

工場系専門の就職斡旋業者としては、45年以上のキャリアがあり運営会社である日総工産株式会社は東証一部上場企業です。

工場系の仕事を斡旋する業者としてはパイオニア的な企業と言えます。

 

また、就職先探しをサポートしてくれるコーディネーターがいます。

求人の数は多いけれども、どれが自分に合った職場なのかも判断できないという人でも、コーディネーターが仕事内容、職場の同僚はどのような人が多いのか、工場のルールなど応募する前に有益な情報を提供してくれます。

 

就職はしてみたけれど、こんなはずじゃなかった・・・ということが少しでも無くなるように努力されている企業です。

是非、相談会で面談して悩みや希望を打ち明けてみてください。

 

きっと、ネットカフェ暮らしから脱出できる手助けをしてもらえるはずです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました