赤ちゃんの腸内環境はどこから?いつ決まる?

baby 乳酸菌

私たちの腸内には1000種類以上もの細菌が住み着き、「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」がバランスをとりながら腸内環境(腸内フローラ)を作っています。

実にその数100兆個とも。

 

日々健康に過ごすために腸内環境がとても大事であるということは周知の通りですが、幼い赤ちゃんが小児アレルギーを発症するかどうかも腸内フローラが深く関わっていることを知らないという人は意外と多いらしい。

腸内環境の悪化は便秘、口臭、体臭、肌環境、不眠症、認知症、うつ病、花粉症にと様々な二次的症状を引き起こすことまで学術論文でも報告されています。

 

私たちの健康に密接な関係がある腸内環境ですが、「腸内環境の始まり」=「赤ちゃんの腸内環境」はどうやっていつ決まるのかを知ってこそ、お母さんは赤ちゃんが病気に強い元気な体になってくれるように育ててあげることができるというもの。

しかも、赤ちゃんの授乳期に得た腸内環境は多少の変化は起こるものの一生変わらないとされているので、お母さんが赤ちゃんの「腸内環境の始まり」=「一生のはじまり」を作ってあげると言っても過言ではないのです。

 

この記事では、赤ちゃんの腸内環境がいつ、どのようにして決まるのか?ということと、元気な赤ちゃんを育てるためにお母さんがするべきことについて紹介します。

赤ちゃんの腸内環境はいつ、どのようにして決まるのか?

赤ちゃんは母親の胎内で育っている時から出産される瞬間まで、腸内はほぼ無菌状態で育ちますが、出産時に産道を通じてお母さんの腸内細菌と接触し口や鼻から腸内に入り込むとされます。

赤ちゃんの腸内フローラはお母さんからの最初の「腸内細菌のプレゼント」によってベースが作られることになります。

 

ということは、お母さんの腸内フローラがとんでもなく悪いと、生まれてくる子供にもあまり良い影響があるとは思えないということが出産の時点ですでに言えてしまう。そのように考えると、妊娠時からでも母親はお腹の調子を整えるようにしないといけないということになります。

 

 

人の腸内細菌のバランスは、一生のあいだで少なからず変動しますが、最も大きく変動するのが授乳開始時離乳時です。

 

まず、赤ちゃんの授乳が始まると、体内の粘膜組織で徐々に細菌が増殖していき出生後1日目にはすでに糞便中に大腸菌や乳酸桿菌、ブドウ球菌、クロストリジウムなど様々な菌が含まれるようになります。

生後3日程度すると、ビフィズス菌が増加し大腸菌などの悪玉菌と呼ばれる菌が増えないように守ってくれるようになる過程を観察することができる。

 

やがて離乳食が始まるようになると、腸内環境がまた変化します。

この頃になると、食べるものの種類も増えることから悪玉菌や日和見菌が増大する時期でもあり、赤ちゃんの腸内環境のバランスが崩れて軟便になったり便秘になったりすることもあります。

 

特に授乳開始時は赤ちゃんの体質などのにも影響を与えやすい時期であり、概ねの腸内環境が決まる時期でもあります。

母乳栄養児は人工乳栄養児よりも腸内にビフィズス菌が多い

結論から言ってしまうと、赤ちゃんの腸内環境を決める因子は母乳です。

お母さんから母乳をもらって育った赤ちゃんと人工乳(粉ミルクなど)で育った赤ちゃんの糞便中に含まれる細菌を比べると、圧倒的に母乳栄養児にビフィズス菌が多いことが知られていることは、昔から研究者のあいだでは知られていること。

 

その理由は、赤ちゃんが母乳に含まれる母乳オリゴ糖を摂取するかどうかなのです。

オリゴ糖はビフィズス菌のエサであると同時に、母乳オリゴ糖はビフィズス因子(腸内環境を決める因子)ともとらえられている。

これは、赤ちゃんの腸内は母親が与える母乳に含まれるオリゴ糖の質で決まるという考えです。

 

学術的な見解は様々ですが、人類の進化の過程で病原性細菌を排除するため母乳オリゴ糖が腸内のビフィズス菌を育てる因子になったのかもしれません。

 

ビフィズス菌は乳酸菌の仲間であり、ビフィズス菌にもいくつかの種類があります。

種類の違うビフィズス菌の働きは少しずつ違ったりはしますが、それぞれが共生することで総じて乳酸や酢酸を作り、有害細菌の増殖を抑えたり、腸内の炎症反応やエネルギーバランスを調整します。

小児アレルギーと腸内細菌の関係

赤ちゃんのアレルギー体質の差は、母乳栄養児かどうかが大きな影響を与えており、母乳栄養児よりも人工乳栄養児の方がアレルギー体質の子が多い。

 

あるいは、2歳までに抗生物質を投与された子供では、小児喘息、小児アレルギーを発症する確率が高いことも知られています。

これは、抗生物質によってビフィズス菌を含む腸内細菌が大量に死んでしまうからではないかとも考えられています。抗生物質は細菌感染では欠かすことができない薬ですが、思わぬ弊害をもたらすこともあると覚えておくとよいでしょう。

 

母乳から固形食品への移行と同時に腸内微生物叢が変化する

離乳食が始まると、また赤ちゃんの腸内細菌バランスが変化して大人の腸内環境に似てきますが、基本的に授乳時に得た腸内環境をベースに変化します。

これまでは、離乳食によって赤ちゃんの腸内環境が決まると考えられていたのですが、多くの研究者たちの研究結果から見えてきたのは、赤ちゃんの腸内細菌叢の発達期は1歳過ぎまでにピークを迎えるということでした。

 

つまり、生後5~6か月くらいから始まる離乳食よりも、母乳栄養をやめることが腸内細菌叢の変化に大きな影響を与えるということが分かったのです。

腸内細菌に多様性を持つことは悪いことではなく、離乳食によって獲得していく新たな細菌叢がどのような病気に関係してくるかは、赤ちゃんによっても異なりますし単純な話ではありません。

 

なので、離乳食の頃から1歳過ぎくらいまでは腸内環境に良いとされるものを積極的に食べさせるように意識はしておけば、少なくとも病気知らずの元気な子供に育ってくれる確率は高くなるのではないかと思われます。

例えば、乳酸菌食品、水溶性食物繊維、不溶性食物繊維、オリゴ糖など。

sponsored link

ビフィドバクテリウム ビフィダム(B.ビフィダム)←【ビフィズス菌たちの助っ人マン】

ビフィズス菌の中でも特に重要なビフィドバクテリウム ビフィダム(B.ビフィダム)というビフィズス菌がいます。

B.ビフィダムが重要なのは、母乳オリゴ糖を分解して他の種類のビフィズス菌が利用しやすい形に変えてくれるからです。

 

自分が使う分だけじゃなくて、他の仲間のためにもありったけ分解してくれるというすごい利他的なヤツなんですね(^^)

複数種類のビフィズス菌たちは、腸内で共生することでお互いに助け合っているわけですが、B.ビフィダムのように利他的なヤツがいるかいないかで大きく腸内環境が変わります。

事情があって母乳で育てられないなら、人工乳にオリゴ糖を混ぜてあげよう!

早産で生まれた子供、あるいは帝王切開で生まれた子供の腸内細菌叢の発達は、そうでない子供よりも未熟であるという報告がある。

あるいは、母親の腸内環境の良し悪しによっても子供にその影響が伝播すると言われているが、こうした結果、良くない腸内細菌叢になってしまいそうな赤ちゃんにこそ母乳栄養を与えてあげたいところです。

 

しかし、母乳に含まれる母乳オリゴ糖が赤ちゃんの腸内環境を良くするためにも大事であることは分かっていても、事情があって母乳で育てられないという人もいると思います。

あるいは、お母さん自身の腸内細菌叢に自信がなくて、母乳に影響が出ないだろうか?と心配になってしまう人もいるでしょう。

だからといって、あきらめては赤ちゃんが可哀想です。

 

母親の勝手な判断で赤ちゃんの一生の健康の基礎を壊してしまわぬよう、母乳や粉ミルクに不足しているオリゴ糖を入れてあげるのも1つの手段です。

 

オリゴ糖にも種類があります。

選ぶオリゴ糖は、複数のビフィズス菌が利用できるものがブレンドされているか。

どんな種類のビフィズス菌が利用できるオリゴ糖が含まれているかが分かる商品がおススメです。

 

特にビフィドバクテリウム ビフィダム(B.ビフィダム)が利用できるオリゴ糖が含まれているものが好ましい。

B.ビフィダムが腸内に育っているかいないかで、病気になりやすさが全く変わるという論文も出ているほどですから。

カイテキオリゴが赤ちゃんのお腹をスッキリさせる理由
赤ちゃんがなかなか泣き止まなくてきげんが悪かったり、食欲がなかったり。 その原因がうんちがユルユルだったり、毎日うんちが出ないという、赤ちゃんの便秘じゃないかと思ったら早めの対策をしてあげないといけません。 浣腸という手...

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました