Googleマップを使った集客は【MEO】次第って本当?

MEO MEO

MEOとはMap Engine Optimizationの略で、Googleマップでの検索エンジン最適化を指します。

いかにしてGoogleマップの検索で自社を上位に表示させるかを対策するということ。

 

通常のGoogle検索と大きく違うのは、Googleマップの検索欄に打ち込む検索キーワードはローカル検索のキーワードであることです。

例えば、スマホを持っていて今いる場所の近くに「おしゃれなカフェ」ってないかなぁと思ってGoogleマップの検索欄に入力してみます。

するとこのような結果が出る。

GPS情報から現在いる場所に近いカフェの位置情報がたくさん表示されています。

これがローカル検索です。

CMでも「こんな使い方でお店探し」というのを見たことがあるのではないでしょうか。

 

もちろん、通常のGoogle検索でも「おしゃれなカフェ」と入力すれば位置情報から、候補リストが上位に表示されます。

実際に検索してみると

さらに画面を下の方にスクロールしてみるとブログやサイト記事も出てきますね。

 

Googleマップの検索欄を使う場合は、あくまでもマップ情報を検索した結果が表示されるのに対して、通常のGoogle検索では位置情報以外の情報結果(サイトやブログなど)も表示されるという違いがあります。

 

GoogleマップにはGoogleマイビジネスで登録された様々なお店や会社の情報が業種のカテゴリーごとに分けられて情報登録されています。

位置情報、写真情報、販売製品情報やホームページ情報など。

この情報を正しく整理してGoogleに伝えておくことがMEOなのです。

 

MEOを実行するためには、まずGoogleマイビジネスに自分のお店や会社の情報を登録しておくことが前提です。

”Google マップで集客する” とはどういうことか?
Google マップ(地図)からお客さんを引き寄せる方法について紹介します。

MEOをすると集客力が上がるのか?

MEOをしたから絶対に100%集客できるという保証があるわけではないです。

当たり前ですが、誰も来ないような山の中にレストランをオープンしても、そもそも人が押し寄せる可能性は少ないですよね。

よほど注目されるような何か特徴とかサービスがあるのなら別ですが。

 

あくまでも、MEOはGoogleマップを使った検索の結果として自分のお店や会社が表示されやすくするということです。

なので、検索ユーザーがどこで検索するかによって検索順位はすぐに変動します。

 

大阪にいて、Googleマップで検索したら北海道のお店ばかりが上位に並んだら「遠いわ!!」とツッコミ爆裂ですよ。

 

ということは、MEO対策は地域密着型のビジネスにおいて集客効果があるということになりますね。

 

上位表示されたら集客力が上がるというのは間違い

ここは勘違いされることが多いですが、Googleマップの検索で上位1~3位に表示されたらバンバン集客できる!新規顧客をゲットできる!と思っている人がいますが、それは間違いです。

 

あくまでも集客とは、ビジネスの対象になる人を集めることです。

製品(商品)を買ってくれない人、注文を出してくれない人ばかりを集めても、それは集客できているとは言えません。

なので、ミスマッチのないように人を集めることが重要になります。

 

そのためには、自社の情報を詳しくしっかりと提供しないといけません。

特に飲食店とかアパレル関係などのBtoCビジネスのお店はMEOに力を入れたいところですね。

「MEOのによる集客」でユーザーがとる具体的な行動は?

MEOの目的は集客することですが、じゃあ実際にGoogleマップで検索した人がとる行動は何でしょう?

 

  • 検索したお店や会社までのルートを調べる
  • 電話をかける
  • ホームページなどのウェブサイトを閲覧する

 

この3つですね。

実際に自分がGoogleマップで検索したあとの行動を思い出してみれば明快です。

 

Googleマイビジネスに登録すると、これらの数字が集客反響の結果として定期的にGoogleから報告されます。

その報告数値を見ることで、どれくらいの人が自分のお店や会社のことを調べてくれているかということを知ることができて、対策を練ることにも繋げられます。

具体的にMEOって何をどうしたらいいの?

まずGoogleマップの検索で上位に表示されるように対策するには、Googleマイビジネスへの登録を済ませます。

そのときに、営業カテゴリやキーワード、住所、営業時間などの情報をしっかりと間違いなく登録することです。

 

あとは、検索順位に影響を与える因子としてどのようなものがあるかを理解しておきます。

ただし以下は、あくまでも一般的に言われていることであって100%ではありません。

  • ホームページへのホワイトリンク数
  • ホームページのドメインパワー
  • 口コミ数
  • クリック数やルート検索数、写真閲覧数

 

自社ホームページがある場合、月間でどれくらいのアクセスがあるかとか、他のサイトからのリンクや引用がどれくらいあるかも影響されます。

これをサイテーションとも言いますが、サイテーションの増加は検索結果に結構大きく反映されるみたいです。

 

ただし、一昔前に流行したブラックSEOと言われる粗悪な非リンクはペナルティとなるので、ペナルティをくらってしまうとGoogleマップ検索では表示されなくなります。

なので、SEO対策しますよという名のやたらめったら非リンクをつけるような怪しい業者には要注意です。

 

あとは、ホームページのドメインパワーも影響は大きいです。

毎月のアクセス数が数万以上、数十万以上、数百万以上となればなるほど人気のあるお店あるいはサイトであると言えますから、Googleマップ検索でも上位表示されやすくなります。

また、作ったばかりのホームページよりも数年以上も長年運営されているサイトであるほど有利とも言われています。

 

口コミ数は食べログとかの口コミと同じように、評価が高いほど上位表示されやすいので、来客した人をいかに満足させて帰らせるかによって、その後の検索順位に影響が出ます。

 

あとは、Googleマップでどれだけルート検索したかとか、電話をかけたかという行動も全てその後の検索結果に繁栄されていきます。

それだけ興味をもった人が多い=このお店(会社)は需要があるんだなとGoogleに判断され上位表示されやすくなるのです。

sponsored link

で、具体的にどうすんの?

Googleマップでのローカル検索で上位表示されやすくするための大前提として、間違いない会社情報をGoogleマイビジネスに登録するだけです。

あとは、実際にGoogleマップのユーザーが検索欄に打ち込むキーワードと自分の店や会社情報がどれだけ合致しているかどうかです。

 

そして忘れてはいけないのは、口コミの増加やサイテーション(引用や閲覧数)の増加も影響してきますから、Googleマイビジネスに登録する自社情報だけでなく、リンクさせているホームページのSEO対策もしっかりとしないといけません。

Twitter や Facebook などのSNSを活用している人は、最新情報の発信もしておくことをおススメします。

 

その場合も、自分のターゲットとする ”客” が想像する “キーワード” の想定が重要ですね。

 

最近はインバウンド(外国人観光客)の増加もあり、これらの需要をねらう店や会社は自社サイトの多言語自動翻訳ページがあるかないかで大きな差が生まれます。

今は全て自動翻訳してくれるサービスもありますので、そういったサービスを活用するとわざわざ自分で日本語を英語とか中国語に翻訳する手間が省けるので楽です。

 

Googleマップの月間利用者数は4000万人近くにもなり、これだけの利用者がいるということは、それだけのビジネスチャンスが転がっているということでもあります。

なので、是非ともMEO対策してみてください。

 

自力で対策する自信がないという人は地図登録サービス【マップでアップ】 というのもありますので参考までに。

初期費用こそかかりますが、その後のランニングコストは0円です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました