3Dプリンターのテーブルが突然、上下に動かなくなった時の対処法

3Dプリンター

FDMの3Dプリンターで造形をしていたら急にテーブルが下がらなくなった!

とか

造形が終わったと思ったら、テーブルが途中で止まって終了した!

とか

3Dプリンターを起動した瞬間にテーブルが動かなくなったとか。

 

ありませんか?

 

うちの3Dプリンターはmoment220という機種なんですが、造形が終わるとヘッドが原点に動き、テーブルは一番下まで下がってプリント完了となります。

しかし。

今日、造形が終わるとヘッドは原点に戻ったんですが、テーブルがプリンタの真ん中の高さくらいまで下がったら止まってしまいました。

 

なんだこれ??

 

ということで、今回は3Dプリンターで私と同じようにテーブルが途中で止まって動かなくなってしまったという現象が起こった場合、どうやったら復活させられるかについて書いてみようと思います。




Gコードプログラムの出力が間違っていないか?

まずは、3Dプリントをする時に使用しているGコードを出力するためのソフトのチェックをしてみよう。

 

通常、3Dプリンターの機種ごとにデフォルトを変更しないといけませんが、何かの手違いでデフォルトが使用しているプリンターの設定になっていないとかないでしょうか。

普段から使っていると、操作に慣れてくる反面、細かいところまで注意がいかなくなったりします。

なので、まずは確認してデフォルトが間違っていたとしたら、テーブルを手動で動かせばいいです。

 

手動で動かす方法は機種によって異なるので、説明書とか見てください。

とは言うものの、たぶん動かないかもしれないですね?

その場合は次の方法を試してみよう。

プリンターを再起動してみる

プリンターの真ん中くらいの高さで停止したままのテーブル。

何か思わぬ誤作動でプリンターそのものが一時的にバグっている可能性があります。

 

その場合、このままではダメなんで、とりあえず電源を落としてみよう。

再起動すりゃ、テーブルが一番下まで下がってくれるかな。

とか願いながら、再起動しよう。

 

それでも、うんともすんとも動きません。

何で?という場合は次の手段。

プリンターの底を見よ!

3Dプリンターの底?

そう思ったに違いない。

いや、本当は底じゃなくて底にあるモーターを見よということです。

 

まず、電源が入っている状態でテーブルを動かすモーターがちゃんと動いているかどうかを確認してください。

もしも、モーターが動いていないようなら、モーターを交換しないとダメです。

モーターさえ換えれば復活するはずです。

 

モーターは正常に動いている。

でもテーブルは動かないという場合、ベルトが緩んでいるとか外れているとかないかチェックしよう。

 

ごくたまに、ローラーとか部品の不具合で3Dプリンターを動かしているとベルトが緩んでくることがあったりします。

もはや、ロットの問題なんでもしもベルトが緩んでしまうというのなら、運が悪かったとしか言いようがないですね。

 

ベルトが外れていた場合は、ベルトをかけなおしてあげればテーブルは動きますが、また外れないか動きをみよう。

ベルトが回っているうちにどうしても外れるようなら、症状の動画をスマホなどで撮影して、メーカーに問い合わせしてみるといい。

 

ちなみに、うちのmoment220は業務用でもありますし、保証をつけているのでソッコーでサポートに電話しました。

翌日には担当者が来てくれて、症状のチェックをし念のため持って帰ってメンテナンスしますとのことでした。

 

うちは運が悪かったな・・・

トホホ・・・

 



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました