中国で作られた『遺伝子組み換え赤ちゃん』が危険な理由

子供
1041483 / Pixabay

2018年の11月

香港の国際会議で「世界初のゲノム編集赤ちゃん」を作り出した中国・南方科技大学の賀建奎准教授は自らの研究の正当性を主張したことが、大きな波紋を呼んでいたのを記憶している人はどれくらいいるだろうか?

 

遺伝子組み換え技術は、今に始まったことではなく細菌や植物においても「遺伝子組み換え」という言葉は珍しくない。

ただ、私たち人間に対して、遺伝子組み換え人間を作ることに対しては道徳・倫理の観点からほとんどの国で禁止されており、国際的にもタブーなんです。

 

しかし、賀 准教授は秘密裏に自分で資金を集めて研究をしていたという。


sponsored link

何故、人間の遺伝子組み換えが危険なのか?

賀 准教授は遺伝子の組み換えによって、HIV(エイズウイルス)に感染しない双子の赤ちゃんを作ったとしているが、中国の法律でも禁止されている実験であるため、問題が大きくなっている。

 

ただ、本質の部分で ”何故ダメなのか?” ということを考えていかないといけない。

 

分子生物学の研究室では、日常茶飯事的に遺伝子組み換えは実験に多用されています。

大腸菌にベクターと呼ばれる環状のDNAを人工的に無理やり入れ、大腸菌を増やします。

ベクターには、研究者が欲しいと思っている目的のタンパク質を作る遺伝子が組み込まれていて、増やした大腸菌からは目的のタンパク質が抽出できるというわけです。

 

他にも、遺伝子を組み替えたマウスを使った実験もよく行われています。

キメラマウスという言葉を聞いたことがないでしょうか?

 

キメラとは異なる種類(動物)の遺伝子が1つの個体生物に発現した状態の生物を指します。

ギリシャ神話の「キメイラ」が言葉の由来。

 

このように、異なった遺伝子を人工的に組み合わせて作ったマウスは研究室にはたくさんいます。

人間の遺伝子組み換えが問題視されるのに対して、これらは倫理観で問題にならないのは何故か?

 

ほとんどの分子生物学研究は人間のためにある

大学などの研究機関で行われている分子生物学研究の最終的な目的は、ほとんどが人間の暮らしを豊かにすることです。

 

そして、ほとんどは人間の病気を治す方法を見つけるための研究に集約します。

あるいは予防医学に貢献する薬などの研究に結びつきます。

 

つまり、これらはあくまでも自然に産まれてきた私たち個体に後天的に何かを付加することで、恩恵が得られる何らかの方法を見つけることを主体としているのです。

しかし、今回の「遺伝子組み換え赤ちゃん」の研究は、そもそも生まれてくる個体そのものを変えてしまおうという研究になるので問題視されるわけです。

 

別にいいじゃないか?

という意見も少数ありますが、現在の時点では反対多数です。

 

その主な理由が遺伝子組み換えによる、影響が意図しているところ以外でどのような影響を個体に及ぼすかが不明であるためです。

確かに、HIVには感染しなくなった人間が誕生したとして、その人間の子孫に遺伝子はどう受け継がれていくのか?

 

途中、遺伝子変異が起こったりするのではないか?

紫外線や化学物質による影響を受けたりしないのか?

などなど。

 

まだまだ、確証されていないことが山積みなのです。

遺伝子組み換えによる影響を確認するためだけに、人工的に人間を作り出し、失敗したら殺してしまうなんてことは倫理的に許されるはずがない。

そうやって議論に収集がつかなくなるのです。

 


sponsored link

人間は考え・感情を持って生き、未来を変える

 

言わずもがな、この世界・地球の支配者は人間です。

高等な知識により文明を築いてきた歴史は約1億年前に霊長類の祖先が誕生してから、ゆっくりと時間をかけて遺伝子が自然に組み替えられ、弱い遺伝子の生物は淘汰されてきたのです。

 

そして、生き残った子孫は現在の私たち。

 

つまり、自然による生命の研究ともいえることは、繰り返されていると考えられます。

それは、現在でも私たちが気付かないだけで、自然と繰り返されていると思います。

 

そこに、人間の手を加えて新たな遺伝子組み換え人間を作り出したらどうなるでしょう?

誰も予想はできません。

もしかすると、一切の細菌やウイルスに感染しないような強い個体が生まれるかもしれません。

 

でも、その代償として手足が短いとか、やたらと寿命が短いとか、髪の毛が薄いとか色々な不具合が出てくるかもしれないです。

そういった発現が、産まれてすぐ見えるのか10年経ってから、20年経ってからかは誰も分かりません。

 

そして、もっと懸念するのは未来のこと。

現在を生きる私たちは、未来を造っていきますが、未来でその未来を造る人間がどんな人間かなど考えてみたりしたことがありますか?

遺伝子組み換え人間の製造を進めていった先にある未来は、もしかするととんでもない世界が待っているかもしれないです。

 

当たり前だと思っていることが、未来では当たり前ではないでしょう。

その当たり前でないことが、はたしてどのような世界なのか。

あるいは、人工的に遺伝子を組み替えてしまうことで、何百年先には人類が滅亡してしまうというSFじみたことも否定できないのではないでしょうか。

 

人が感情を持ち、考えて生きている以上、人間どうしの争いが絶えないのと同じく、遺伝子組み換え人類とそうでない人類の戦争が勃発するなんてことも・・・

結果として、人類のための研究が身を滅ぼしてはならないのです。

 

その懸念を払拭できる材料をそろえるまでは、遺伝子組み換え人間は作ってはならないと世界中が叫ぶでしょう。

 


sponsored link

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました