会社のスキャナーが壊れたのでスマホのアプリを使ったら、意外に便利だった話

秀逸
Facebook にシェア
Pocket

こんにちは。

2019年、平成最後の正月が明けて早々に会社のプリンターが壊れました。

厳密には、プリンターが壊れたというわけではなく、パソコンからの印刷、コピー、FAXは問題なく使えるんですがスキャナー機能が全く使えなくなったのです。

特段、何かをやらかしたわけでもなく、それまで普通に使えていたのに急にです。

スキャナーで画像を取り込もうと思ったら、「送信先への接続に失敗しました」の文字がプリンター画面に出るんですよ。

Akimaru
もしかして、パソコンのWindowsの自動アップデートか何かで、プリンターからパソコンへの接続がブロックされるようになった??

とりあえず、考えられる打開策を一つ一つやってみるしかないかなぁと思います。


sponsored link

まずは、ファイアウォールの可能性をつぶす

ファイアウォールはパソコンに外部からの不要な接続を阻止するためのセキュリティシステムのことで、会社で使うパソコンには大抵入っているはず。

もしかすると、ファイアウォールがプリンターからの接続をブロックしている可能性があります。

ただ、今まで使えていたということを考えると、ここは違うと思うが念のため。

まずは、パソコンのコントロールパネルを開き、「システムとセキュリティ」をクリックする。

コントロールパネル

次に「Windows Defender ファイアウォール」をクリックする。

ファイアウォール

画面左側に「Windows Defender ファイアウォールの有効化または無効化」というのがあるので、そこをクリックする。

ファイアウォール

ホームネットワークとかプライベートネットワークの設定というところのファイアウォールを無効設定してみます。

ファイアウォール

無効化にしたら、一度プリンターでスキャンできるか試してみます。

今回、私はこれでもダメでした。

うまくスキャンできたひとは、ファイアウォールが原因でプリンタからの接続が遮断されていたということになります。

Akimaru
さて、どうしたらいいのか?

ファイアウォール以外の問題点を考える

スキャナーが使えないと町工場では何かと不便なんです。

紙の図面をパソコンに取り込んでおくのにも、スキャンしないといけないし、協力会社へ図面添付のメールを送る時だってスキャンが必要です。

Akimaru
これは困ったぞ(汗

うちの会社のプリンターはRICOH(リコー)でリースしているものなので、とりあえずトラブルが起こったときの対処法をググりました。

考えられる問題点とポイントは以下の通り

  • 今まで使えていたのに急に使えなくなった
  • パソコン、プリンターの設定は一切いじっていない
  • パソコンからの印刷はできる
  • コピーは使える
  • FAXも使える
  • 長期休暇などで、しばらく使っていない期間があった
  • もしかしたら、パソコンのOSの自動アップデートがあり、その影響か?
  • プリンターが何らかの理由で壊れた?

まず『今まで使えていた』という事実があるので、プリンターからパソコンに接続する際に要求される「パスワード」や「ログイン名」が違うということは考えにくい。

プリンターの設定をいじってしまったのならまだしも、私は一切さわっていないのでこの可能性は却下。

もしも、その可能性を疑うのならリコーのよくある質問に解決方法が掲載されているので参考にしてください。

正しいパスワードとログイン名の再登録をしてから、再度スキャンしてみればいい。

また、パソコンからの印刷はできるので、パソコンからプリンターへの接続はできるということだからLANケーブルが抜けているということはない。

また、プリンターが完全にぶっ壊れているということもない。

もしも、印刷すらできないのであればLANケーブルが抜けていないか、あるいは緩くなっていないか確認するといい。

今回の場合、プリンターで「送信先との接続に失敗~パス名が正しくないか、ファイアウォールなどの~」というエラー表示が確認できる。

この場合の対処法についても、リコーのよくある質問のページに掲載されています。

パソコンで「ネットワークの共有センター」を開き、プリンターとパソコンの共有設定のやり直しをするように説明しています。

とりあえず、この方法を試してみよう。

無理でした。

Akimaru
残念!!!!

もう、今の私の頭では何をしたらいいのか分かりません。

ということで、最終手段。

リコーの担当者に電話しました。

後日、見に来てくれることになりましたが、さてどうなるのやら。

その後、リコーの担当者が来て対応してくれました。

どうやらWindowsのアップデートが悪さをしていたみたいです。

【Windows 7/Windows Server 2008/Windows Server 2008 R2】Windowsアップデート(2019年1月度パッチ)後、スキャン to フォルダーができなくなった場合の対処方法について知りたい。

というタイトルで解決方法を掲載されています。

Windows 7向け セキュリティ マンスリー品質ロールアップ(KB4480970)が問題らしく、使用しているOSのセキュリティパッチ(KB4487345)をMicrosoft Update カタログからダウンロードしないといけないみたいです。

詳しくはリコーFAQを参照してください。

いやぁ、これは気付かないですよ。。。


sponsored link

スマホアプリでスキャン代用がそこそこ秀逸な話

スキャンが使えないままだと、メールで図面を送るにしても超不便です。

スマホで写真を撮って、それをメールで送るという手段も考えましたが写真だと数字が見えにくい!!

写真を撮るときの影とかも写ってしまいます。

そこで便利なスキャンアプリを使えば、一時しのぎかもしれませんが良いのでは?ということです。

以前から、外出先で咄嗟に図面をもらってメールで送っておきたい時ににも重宝していたんですが、まさかのスキャナーが使えないという非常事態にも使えることに便利さを実感しなおしたところです。

私が使っているのはCamScanner

iPhoneでもアンドロイドでも両方無料で使えるのでおススメです。

CamScanner

CamScanner

アプリをダウンロードしたら開きます。

スキャナー

画面右下にカメラマークのアイコンがあるので、そこをタッチするとカメラモードに切り替わりますので、目的の図面をスキャンするんです。

スキャン

位置とピントを合わせてカメラマークをタッチ。

スキャン

8個の小さい丸が出現するので、必要に応じてそれらをタッチして動かしPDFにしたい範囲を調整します。

調整が終わったら右下にあるチェックマークをタッチ。

スキャン

あとは、画面の表示モードを選択します。

高品質鮮明化にすると、撮影時に写ってしまう自分の影も軽減処理されるのでおススメです。

表示モードを決めたら右下のチェックマークをタッチ。

これでファイルが保存されます。

スキャン

保存されたファイルはGメールに添付して送ったり、Googleクラウド(Googleドライブ)に保存したり、LINEで送ったりできます。

また、スキャンは連続撮影できますが、ファイルは1枚1枚バラバラに保存されます。

しかし、メールに添付して送る時にまとめて送りたいファイルを全て選択してから添付すると、メールでは1つのファイルにまとめられるので便利。

結構、重宝します。

確かにスキャナーと比べると鮮明度は落ちますが、サブで使うには使えます。

他にも、グリーティングカード用のテンプレートがあったりもするので、実際にいじってみると面白いかもしれません。

もしも、スキャナーが使えなくなった!!!という人は、このアプリを活用してみてはいかがでしょう。


sponsored link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Facebook にシェア
Pocket

関連記事


スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする