【超重要】独自ドメインとは何?ホームページ作成に必要?

ドメインWeb集客

これから会社のホームページを作って成果を出そう!と本気で思っているのならば、ホームページ制作会社に立ち上げから全てを委託する場合でも、自分でホームページ制作サイトなどを利用して作る場合でも独自ドメインを取得しておくことは必須となります。

 

ドメインとは「https://〇〇〇.com」の〇〇〇.comの部分を指し、ブログやホームページの住所みたいなものに相当します。

無料ブログや無料ホームページ制作サイトなどを利用した場合、独自ドメインではなくサービスを提供している会社の共有ドメインを使うことになります。

 

有名なのが、アメブロ、はてなブログなどですね。

これらのサービスは無料で利用できますが、「https://ameblo.jp/〇〇〇」というアドレスになります。

 

〇〇〇は各ユーザーに当てられたIDなどが入りますが、その前に「ameblo.jp」というアメブロのドメインが必ず入ります。

試しにアメブロを検索して適当に色々な人のブログを見てください。

全部「https://ameblo.jp/」から始まっているはずです。

 

ここでは、これから会社(町工場)のホームページを作成しようかと考えている人に、独自ドメインの大切さについてみっちり説明したいと思います。

独自ドメインを取得しないと

ホームページを作ったのにアクセスが全くない。。。

ある日、突然ホームページのアクセスが激減した!!

ある日、突然ホームページが消えた!!!!

という恐ろしいことが起こる可能性があるのです。

 

会社のホームページとして、こんなことが起こると致命的なダメージを受けてしまいます。

ホームページによる信用度のアップどころか、逆に会社の信用度もガタ落ちです!

 

そんな大げさな・・・とか思えるほど楽観的に考えてはいけません。

もしも、トヨタ自動車のホームページがある日突然無くなったらどう思いますか?

「何だ?どうした?」と思うはずです。

それと同じことなんです。

 

ですから、まずは独自ドメインの取得をしないといけないのです。

ここでは、独自ドメインを取得しとかないといけない理由と、独自ドメインの取得方法について説明します。

ホームページ作成では独自ドメインを取得しておかないといけない理由

インターネットにおいて、ドメインというのはサイトの住所と同じです。

先ほどに例を挙げたようなアメブロみたいな無料で使えるサービスはたくさんありますし、ホームページ作成も無料でできるサイトだってあります。

これらのサービスは「簡単に誰でも作れる」というのが売りです。

 

しかし、無料で使えるサービスは独自ドメインでサイト運営はできません。

必ず、サービスを提供する会社のドメインが適用されるのです。

 

実際の住所に例えてみるならば、あなたの会社が賃貸でもビルでもないような、どこかの〇〇株式会社の一室を無料で借りて営業しているようなことと同じです。

なので、住所が「〇〇株式会社301号室△△△製作所」ということになる。

自分の会社のホームページなのに、他の会社の住所が先に入ってくるわけです。

 

もしもあなたの得意先がそのような住所だと、他の会社と比べても、どうも信用ならんですよね。

 

「でも、ホームページのアドレスとかそこまで見ないよ」と言う人もいますが、分かる人は見ます。

そして、あれ?と思います。

ホームページにすらお金をかけられないほどなのか?

あるいは、それほどケチなのか?

とか勝手に考えてしまいます。

 

それほど、独自ドメインというものはインターネットの世界では信用度に関わるのです。

独自ドメインがあれば、突然のホームページ閉鎖という心配がない

独自ドメインを持つということは、信用度の確保だけが目的ではありません。

自分のホームページが消失するということから守る意味もあるのです。

 

というのも、無料サービスの利用による、サービス会社のドメインを使用していた場合、ある日突然「サービスを停止します」と言われても何の文句も言えないのです。

なされるがままです。

だって、無料だもん。

 

ある日、パソコンの電源を入れて、インターネットを開く。

自分の会社のホームページをチェックしようとしたら、アクセスエラーが表示されてしまったということを想像してください。

 

無料とはいえ、何ヶ月もかけて作ったホームページが一瞬にして無くなってしまうのです。

恐ろしすぎますね。

 

しかし、独自ドメインならこういう心配はありません。

自分で取得した独自ドメインを使うのは自分だけですし、自分以外の人が突然ホームページを抹消するなんてことはできません。

自分で消さない限りはホームページは存在し続けます。

sponsored link

独自ドメインで作ったホームページやブログはSEO対策がしやすい

会社のホームページは作って終わりではありませんし、作る時にも会社の概要とかサービス内容を書くだけでは全然ダメです。

とにかく、ホームページを訪れてくれる(見てくれる)人を増やさないといけません。

そして、ホームページを見た人にここに仕事を頼もう!と思わせないといけません。

 

ホームページの目的は、インターネットから会社の収益につながるきっかけを作ることです。

 

ECサイトと呼ばれるネットショップなどはホームページで製品販売をすることで直接の利益を生むかもしれませんが、町工場の場合は仕事の引き合い、見積もり依頼をもらうことが目的になっていることがほとんどです。

だからと言って、よくある加工内容とか、保有設備とかを載せるだけではダメなんです。

それだと、”その他大勢”に埋もれてしまい『死んだホームページ』が出来上がってしまうだけです。

 

「ホームページを作ったけれども、全然効果がない」と嘆く社長さんの多くは、こうした過ちを犯していることに気付いていないんですね。

正しいやり方、戦略・戦術というものを知らないだけなんです。

ここで言う『戦術』の1つが、SEO対策です。

 

聞いたことくらいはあるかもしれませんが、SEOというのは「検索エンジン最適化」のことです。

私たちはインターネットで何か調べたいことがあると、google とか yahoo の検索欄にキーワードを入れて検索ボタンをクリックしますよね。

そこで、最初に表示される検索結果一覧の上の方(上位)にどうやって自分のホームページが表示されるようになるか対策することがSEO対策だと思うと分かりやすいでしょう。

 

例えば、大阪で精密部品加工を受けてくれる会社がないかなぁと考えている人は、たぶん「精密部品加工 大阪」なんてキーワードを入れて検索するんじゃないでしょうか。

もっと掘り下げると、大阪で個人の精密部品加工依頼を受けてくれる会社はないかなぁという場合だったら「大阪 精密部品加工 個人依頼」と入れて調べるかもしれません。

人は検索した時に、1ページ目の上位3つのサイトをクリックして閲覧する確率が非常に高いです。

 

1~3位までのサイトやホームページが非常に優良なサイトであり、閲覧者を満足させた場合、それ以下の順位のサイトが閲覧される確率はグッと下がります。

もっと言えば、検索順位が1~10位に入らないと、ホームページを見てくれる人はほとんどいないと思ってもよいくらいです。

 

そんなアホな・・・

とか思った人は、自分が何かをインターネットで検索した時の自分の行動を思い出してみてください。

腑に落ちるはずです。

 

それだけ、『ホームページを訪れてくれる人を増やす=ホームページから会社の収益を増やす』ためにはSEO対策というのが重要なんです。

この大切なSEO対策をするためには、独自ドメインが必要になります。

 

アメブロなど無料の共有ドメインでもSEO対策はできますが、効果が非常に弱いです。

現行ですと、検索結果一覧1ページ目に同じドメインのサイトが複数表示されることは、ほぼありません。

 

つまり、検索結果1ページ目(1~10位くらい)に同じキーワードでアメブロが2つ以上入らないということ。

これがどういうことか分かりますか?

 

もしも、あなたがアメブロで会社紹介の記事を作ってあったとしましょう。

あなたと同じジャンルで他の人があなたと同じようにアメブロで記事を書いており、とある検索結果1ページ目で他の人の記事が表示されたら、使用しているドメインが同じなのであなたの記事は少なくとも検索結果2ページ目より下にしか表示されないということです。

これではアクセスが伸びないだろうということが容易に予想できますよね。

 

独自ドメインを取得してホームページを作っていたら、こんな問題に悩まされるということがなくなるわけです。

具体的なSEO対策の方法については割愛しますが、ちなみに、「大阪 精密部品加工 個人依頼」で検索すると私の会社が検索1ページ目上位で表示されます(2018年12月現在)。

これも、私が狙って作っている結果であり、影響は大きく、個人からの相談も結構多いです。

独自ドメインの取得ルール

独自ドメインを取得する前に、色々なサイトを実際にインターネットで見てみましょう。

.com

.net

.jp

.co.jp

など、色々とあることに気付くはずです。

ここに挙げたものは、一般的に会社のホームページなどでよく使われるドメインになります。

 

「よし、じゃあうちはABC製作所だからabc.comにしよう!」

と言いたいでしょうけれども、ちょっと待った!です。

 

最初にドメインはホームページやブログなどのインターネット上の住所だと言いました。

つまり、他の人が現在使っているドメインは使えません。

あなたがどんなに「abc.com」を使いたくても、誰か他の人が先にそのドメインを取得していたら使えないのです。

 

その場合は「abc-seisakusyo.com」とか「abc-ss.com」とか他の人が使っていないドメインを探さないといけないのです。

これだけが注意点です。

 

また、独自ドメインを取得する時にはお金がかかります。

安いものから高いものまで様々。

 

そして、ほとんどの場合、ドメインは1年更新です。

最初に新規ドメイン取得料を払って1年間使い、1年ごとに更新していきます。

新規取得料と更新料は異なることが多く、新規取得料が数十円で済むけれども、更新料が3,000円くらいかかるというものもあります。

あるいは、新規取得料が1,000円くらいかかるけど、更新料も1,000円くらいというものもあります。

それぞれの料金はドメインごとに異なるので、ドメイン取得時に確認が必要です。

 

新規ドメインの取得方法はドメイン取得サービス会社を使います。

私が利用しているのがムームードメインお名前.com です。

他にもドメインを取得できるサイトがいくつかありますが、どこのドメイン会社で取得してもかまいません。

 

独自ドメインの取得方法は【知識なんて不要!!】あなたもできる独自ドメインの取得方法の記事で解説していますので参照してください。

sponsored link

まとめ

本気の会社ホームページの制作をする時には、必ず独自ドメインを取得することを強くおすすめします。

どこのホームページ作成サービスを利用する場合でも同じです。

その理由は、閲覧者への信頼度を高めるためとSEO対策のため。

 

独自ドメインを取得するデメリットは、維持費用が少なからず発生するということですが、それは微々たる金額。

無料ドメインを活用することを検討する余地は『会社ホームページ』という属性上ありえないでしょう。

 

最大の難関は、独自ドメインを取得することそのものは簡単であるが、独自ドメインを別途レンタルしたレンタルサーバーに設定したりする作業が素人にとってはハードルが高いことでしょうか。

もしも、一連の作業がどうしてもできる自身がないというのならば、ホームページ制作会社と契約して独自ドメインの取得から何から全てやってもらうのもアリです。

タイトルとURLをコピーしました