『自動機では加工できない部品』の量産切削加工のさばき方

busy
Facebook にシェア
Pocket

部品加工では、単品加工、量産加工があります。

その定義は難しいところですが、1~10個くらいの単品加工をメインに受けている会社では100個とか50個の切削加工の仕事を相談すると、結構な確率で嫌がられます。

それもそうです。

毎日、小ロットの部品を加工しないといけないところに、1日、2日と機械を占領してしまうような案件が舞い込んでくると、他の仕事が回らなくなってしまうからです。

数量が100個を超えると、1週間以上も機械を1つの案件が占領してしまうことだってあります。

単品加工ばかりをしている会社の従業員も、いきなり材料の脱着をひたすら行う作業を強いられるとげんなりすることもあるでしょう。

なので、量産切削加工は嫌がられるのです。

これが、自動機で勝手に材料供給をして切削をしてというような部品なら、何ら問題もないのですが、その場合は逆に100個くらいだと少なすぎると断られてしまいます。

やはり、100個レベルの切削仕事は人が脱着する作業が必要になるんでしょう。

そういった背景もあり、多くの会社では量産切削の案件で困っています。

量産だから安くしないといけない。

しかも、人手は取られる。

加工は時間との戦い。

このような条件下で真っ当に対応してくれる加工屋が見つからないのです。

そうなった時こそ、海外の協力会社が力を発揮します。


sponsored link

日本で量産切削加工を受けてくれる会社を探すのは至難!?

もしもあなたが営業マンだったり、会社の経営者だったりした場合、量産切削案件が回ってきたらどうしますか?

知り合いに量産切削をしてくれそうな協力会社はない。

自社でやるにも、他の仕事があるので対応できそうにない。

1.断る

2.とりあえず知り合いに聞きまくる

3.インターネットで調べまくる

こういった手段がとれそうです。

1.の断るという判断はある意味賢明です。

でも、見方を変えれば今後のチャンスを潰してしまっているともとれます。

2.の知り合いに聞きまくるというのは、案外有効だったりしますが、誰が知っているか?ということと、仮に対応できそうな会社を知っていたとして、取引き(商流)はどうするの?という問題が残ります。

紹介先と直接取引をさせてくれるのか、あるいは間に入ってもらうのか。

それでなくても、薄利多売の傾向が強い量産切削の仕事で、マージンを抜かれると仕事としてやりがいがなくなるかもしれません。

今はネットで調べれば、大抵のことは分るインターネット世界です。

とはいえ、3.のインターネットで調べて問い合わせをするという手段が有効かどうかは疑問が残る。

当たりを引くこともあれば、外ればかりのことも。

特に回答を急ぐ場合は、検索している時間もありません。

また、問い合わせをしても返答がないところもあります。

つまり、普段から色々な会社の情報収集をしたり噂話を聞いたりしておかないと、いざという時にはインターネットの情報が使い物にならないこともあるってことです。


sponsored link

海外は自動機で加工できない量産切削加工が安い

数百個から数千個くらいの量産の場合、バーフィーダーのように、材料を自動で送って切削する機械を使っての加工ができれば、日本でも安く加工をされている会社はいっぱいあります。

海外製を利用するよりも、輸送費のことや海外送金手数料、あるいは納期のことを考慮すると日本製の方が断然メリットが高いことも多い。

一方、自動機では加工できないような部品においては、海外製がかなり優勢です。

100個とか1000個でも安く短納期で受けてくれる会社はあります。

日本の会社だと、「キャパが足りないです・・・」というかもしれませんが、むこうはズラリと機械を何台も並べてガンガン加工させるので問題ないみたいです。

そのため、海外の営業さんもかなり食い気味に ”仕事くれ” と言ってきます。

そして、仕事を出せば出すほど、融通も聞いてくれます。

値段、納期、検査方法、梱包方法や輸送方法など。

「しまった!!発注が漏れてた!!」というような部品でも

「任せて!すぐに削って明日送りますから!」という心強いサポートもしてくれたりします。

本当に助かる。

しかも、あくまでも私の経験からの話ですが、ミスミなどで売っているものよりも安くできたりもします。

ただし、量産は量産でも100個とか1000個ではなく、数万個という量産品になると話は別。

人間が材料を1つずつ脱着して数万個を加工するという仕事は私は巡り合ったことがありませんが、あったとしたら人海戦術が必須でしょう。

普通は鍛造とか鋳造、あるいは自動加工機を使うと思います。

そうなると日本製と海外製は拮抗している気がしますね。

でも、数万個以上、数十万個クラスの量産仕事になると、国内製よりも海外製の方が優勢ですかね。

というか、国内でそれだけの量を柔軟に対応してくれる会社が少ないのです!!

自動機では加工対応できない量産切削部品のさばき方

つまり、100個とか1000個、3000個くらいまでの量産切削の案件は、海外製で対応すると上手くさばけたりします。

どこにも頼むところがないぃぃぃ!!!と困ることもないです。

問題としては、品質ですね。

そこは、長いお付き合いのある海外企業がないと厳しいかもしれません。

いきなり初めての取引で数千個レベルの仕事を出す勇気がありますか?

お金の問題よりも、品物が出来上がってくるかどうかの心配の方が大きいでしょう。

うちの会社は、1年以上のお付き合いのある海外企業が複数社あります。

それぞれ特徴があり、仕事の種類も分けています。

もしも、あなたの会社で量産切削の案件が出てくる頻度が高いなら、早めに海外企業に目をつけてコネクトしておくべきですね。

もちろん、弊社に御相談いただいても大丈夫です(笑)


sponsored link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Facebook にシェア
Pocket

関連記事


スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする