『ピンチロール』と『フィードロール』と『送りロール』の違い

ロール
Facebook にシェア
Pocket

うちの会社は金属部品加工をメインに事業を続けてきました。

これまで、様々な部品を作りましたが類似品として多いのはロールです。

プリンターなどにもたくさん付いていますが、形状は同じですけれど、それらよりもサイズがもっと大きいロールをよく作っています。

いわゆる工業用のロール。

ドーナツのような形をしていますが、外周に溝加工がしてある。

ロール

材質もいくつかあって

一般的に多いのはS45Cという炭素鋼ですね。

外周溝部に高周波焼入れをするものもあります。

他には、SKD11とかSK3、SCM440とかですかね。

お客様によって要望が異なります。

対応しているロールの大きさは決まっていませんが、実績としてはΦ600(直径600mm)くらいまでです。

これ以上の大きさになると、持つのも一苦労。

こんなロールですが、図面が回ってくるたびに思うのが「名称」の違いです。

タイトルにも書きましたが、ピンチロール、フィードロール、送りロール、あるいは矯正ロールなど、いくつかあります。

仕事を持ってきてくれる営業マンの中には、違いってあるの??と言う人もいます。

正直、形状などはそんな大差ないので、普段はあまり気にしません。

ただ、「違いは何か?」と聞かれるとモヤモヤしますね(^^;

ということで、簡単に紹介しましょう。


sponsored link

ピンチロールは ”押して” 送る

ピンチロールは英語で書くと pinch roll です。

pinch は「締め付ける」という意味があります。

なので、ピンチロールは線材や棒材を2枚のロールで挟み込み、押えて送るためのロールです。

ある意味、送りロールとも言えますが、厳密にはピンチロール。

同じ機能を持たせたロールに「ニップロール」というものがあります。

これは、送りロールに被搬送材を圧をかけて押し付けるためのロールです。

ピンチロールは2枚がお互いに押し合って、材料を送るのに対して、ニップロールは片側からだけ押して送るという違いがあります。

さらに、似ているものとして「タッチロール」がありますが、こちらはニップロールと違い、押えるのではなく添えるだけのロール。

ガイドみたいなものです。

フィードロールは送りロール

フィードロールは英語で feed roll と書く。

feed は「送り込まれる」という意味があり、送り込まれてきた線材や棒材を受けて転がすためのロールです。

フィードロールも送りロールも同じですね。

加工上の違い

いくつかのロールがありますが、作り方としては基本的に同じです。

ただ、圧力が掛かるロールならば、外周溝に耐摩耗性が必要になってきます。

柔らかい材料だと、すぐに凹んでしまいますからね。

そのため、外周溝部に高周波焼入れをして硬度を高くしたり、ロールの素材そのものをSKD材などにして全体焼入れをするとか。

ただ、SKD材で全体焼入れをするとなると、歪みの問題や仕上げ加工が高くついたりもします。

価格との兼ね合いですね。

ロールの修正

板を丸てパイプを作っているような鋼管会社では、成型ロールというものが使われています。

こちらは、S45Cのような柔らかい材料では使い物にならないため、SKD11を使うことが多いですね。

あとは、熱した鉄を引き延ばす圧延ロールも硬い材料が使われています。

こうしたロールは使っているうちに磨耗しますので、定期的に交換する必要がありますが、使い古したロールをそのまま捨ててしまうのはもったいない。

ということで、古いロールは外周をもう一度削って使えるようにしたりもします。

あるいは、他のサイズのロールに転用したりもします。

線材や棒材を送るための「送りロール」の修正も弊社ではよく受けています。

新品を作るよりは安くつきますし、納期も早いですしね!

もし、ご要望があればどうぞ~

有限会社平野製作所


sponsored link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Facebook にシェア
Pocket

関連記事


スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする