プロパンガスの料金を安くする方法はあるの? その答えはズバリ〇〇!

Facebook にシェア
Pocket

住む地域によっては、都市ガスが引かれておらずプロパンガスの使用を余儀なくされる家庭もあるでしょう。

うちの実家も昔はプロパンガスで、家の横に大きなガスボンベが置かれていました。

こんなやつですね。

プロパンガス

そんなプロパンガスですが、ガス料金が高いと悩んでいる人は多くいます。

中には、早く都市ガスに変わらないかなと思っている人もいるはず。

実際、都市ガスと比べるとプロパンガスの方がガス代が高い傾向にあるため、どのようにしたらガス代を節約することができるのか気になりますよね。

そこで、今回は、プロパンガスのガス代を抑えるための対策について紹介していきます。


sponsored link

プロパンガスはどうして高いのか

都市ガスの場合、国や自治体に料金などについて届け出や許可が必要です。

そのため、どの会社でもそこまで料金に差がないことが多いです。

しかし、プロパンガスの場合は自由料金となり、料金の規制がありません。

そのため、会社ごとに自由に料金を設定することができるので、比較的高くなってしまうこともあるのです。

プロパンガスの場合はボンベを各家庭まで運ぶ必要がありますよね。

つまり、ボンベを運ぶ輸送費がガス料金に加算されていると考えてよい。

僻地など交通の便が悪いような地域によっては、運送料も高くついてしまいますから、料金に差が出てしまうことが多いのです。

更に、案外知られていませんが、プロパンガスは輸入によって供給されています。

ということは、原油が高騰してしまうとその分ガス代も高くなってしまいますし、為替レートによっても料金は変わってしまいます。

為替変動を見越して、ある程度高めにガス料金が設定されていることもあると考えてよいでしょう。

もう1つ、プロパンガス会社が比較的少ないことも、料金が高い原因となっています。

プロパンガス会社が少ないということは、半分独占状態と言ってもよいくらい価格競争が起こりにくいということです。

しかし、少ないとは言っても、あなたが知らないだけでプロパンガス会社は複数社ありますので比較検討してみるのは、価格を下げるための手段の1つです。

プロパンガスを使うメリットはあるのか

プロパンガスは高いと言われていますが、使い続けている人もいます。

あえて都市ガスに変えないという家庭もあるそうですが、理由が気になりますよね。

まずは、プロパンガスの方が都市ガスに比べて火力が強い

そのため、料理をするときなどにはストレスなくガスを使用することができます。

料理店の中には、強い火力が必要だからという理由で、安い都市ガスではなくプロパンガスを使っているという場合もあります。

更に、ガスの復旧が早いということもメリットの1つです。

災害が起きたときに都市ガスの場合は、地下にガス管が埋まっているため、そのパイプを修理しないとガスは復旧されません。

都市ガスは仕組みが複雑なため、復旧に時間がかかってしまうこともあるのです。

それに比べてプロパンガスは、仕組みが単純。

そのため、災害が起きても復旧が早いことが特徴です。

また、プロパンガスはガス管を必要としないため、ガス管が通っていない地域でも使えるのです。

プロパンガスは、都市ガスと比べて初期投資が少なく済みます。

都市ガスの場合は、地中のガス管の工事をして家までガスを引っ張ってきますが、プロパンガスはその必要はありません。

そのため、初期投資の面で見るとプロパンガスの方が安く済むことが多いのです。

プロパンガスの料金を節約する方法

プロパンガスの料金を節約するためには、単純にガス会社を変えるという方法が一番効果的でしょう。

プロパンガスの場合、ガス会社によって料金に大きな差が生まれることも少なくありません。

そのため、複数の会社を比較してみることがとても大事になってきます。

中には、ガス会社を変えることができないと思ってしまっている人もいますが、自由に変えることができるため、これを機に調べてみることをおすすめします。

また、日常で何気なくやってしまっていることに注意することでガス代を節約することができるので紹介しておきましょう。

まずは、シャワーの無駄遣いをしないということ。

自分では無駄遣いをしているつもりはなくても無意識に、使わない時でも出しっぱなしにしてしまっていることありませんか?

頭を洗う時、シャンプーでゴシゴシしている最中はシャワーを止めるということに気を付けるだけで、使用量をかなり減らすことができます。

また、お風呂を溜める場合には、できるだけぬるめの温度に設定することも大事です。

熱い温度に設定してしまうとそれだけパワーが必要になるため、ガス代が高くなりやすいです。

ただし、冬などはあまりぬるい温度に設定してしまうと風邪を引いてしまうことも考えられますので注意してくださいね。

追い炊きも節約ポイントの1つです。

家族が多い場合には、入浴時間がバラバラになってしまうことも多く、追い炊きを使いすぎてしまいがちです。

しかし、ガス代を節約するためには、できるだけお風呂は続けて入り、追い炊きをしすぎないということを意識することが大切になってきます。

更に、給湯器のスイッチをこまめに切るということも対策の1つです。

給湯器をつけっぱなしにすると種火が燃え続けてしまいます。

中には、種火だからそこまで使用量は増えないだろうと思っている人もいますが、それが長時間にわたってしまうとかなりの使用量になることもあります。

そのため、シャワーと同じく使わないときはスイッチを切るということが重要になってきます。

このように、ガス代を節約するためにはいくつかの方法がありますが、どれも簡単にできる対策術です。

多くの人がガス代節約ということに対して、難しく考えてしまいがちですが、単純に使用量を減らすということを意識することが大事なのです。


sponsored link

プロパンガスを安全に使うためには

プロパンガスは、火力も強く復旧も早いなどのメリットがある反面、取り扱い方を間違えると重大な事故を引き起こしかねません。

ガスボンベを設置するときに、各ガス会社が責任を持って、ボンベの転倒防止対策や安全対策はされています。

しかし、万が一のことを考えて、普段から慎重に扱う必要があります。

ガスボンベには触れないこと

安全管理やボンベの交換はガス会社が行ってくれるため、むやみに触らないようにしてください。

不具合が起きた場合にも、絶対に触らずガス会社へ連絡しましょう。

専門知識のない人が触ると、事故のもとになります。

火を近づけない

小さい子供がいる場合には、ボンベの周りで遊ばせないなどの対策を取ることが重要ですし、ボンベの周辺で火気を扱わないこともとても大事になってきます。

ガスボンベは火気厳禁です。

火気を扱う場合には、ボンベと十分に距離を空ける必要があります。

直射日光を避けて設置する

直射日光に当たってしまうとボンベ内部の圧力が高くなってしまい、爆発の危険があります。

風遠しが良く、比較的涼しい場所に設置することが大事です。

とはいっても、設置はガス会社が行ってくれますのでそこまで心配する必要はありません。

万が一設置場所について気になる点がある場合には、業者に確認を取ってみることもポイントです。

プロパンガスの料金を安くする方法のまとめ

プロパンガスも都市ガスも使い方次第でガス代は高くなってしましますが、何よりも一番効果が大きいのはガス会社の再検討ですね。

都市ガスと違い、プロパンガスはガス会社ごとに自由に料金設定ができるため、想像以上に他のところよりも高い料金を払い続けている可能性だってあります。

探してみるともっと安いガス会社が見つかるかもしれません。

ガス料金が高いなぁとこのまま我慢するか。

ダメ元でも、とりあえす探してみるか。

えっ!?こんなに安くなるの!!

と言えるかどうかは、探してみれば分かりますよ。

節約できたガス料金で、週末に美味しいご飯でもどうですか?

プロパンガス会社の比較検索のサイトはいくつかありますので参考にしてください。

✅ プロが選んだ優良ガス会社をご案内【ガス屋の窓口】

✅ プロパンガス料金を比較して、賢く節約しよう!【エネピ】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Facebook にシェア
Pocket

関連記事


スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする