秋~春先にかけて赤ちゃんに急増!発熱・鼻水・変な呼吸音の原因とは

感染症
Free-Photos / Pixabay

暑い夏が終わり、朝晩に秋の風を感じるようになるころ。

寒暖差には気を付けないと、風邪をひいてしまいすよね。

特に小さい子供は。

 

でも、実はただの風邪じゃないものだってあるのです・・・・・。

 

 

夏の終わりころから秋にかけて急増し、年末になるとピークになる感染症

 

それは

 

赤ちゃん、子供のほぼ100%が2歳までには感染するといわれているRSウイルスです。

大人も子供も関係なく感染しますが、とりわけ免疫力の未熟な子供が発症しやすいのです。

 

覚えておいて損はありません。

 

もしも、鼻水や咳、発熱がおさまらないなぁという場合、ただの風邪ではない可能性がありますので、小児科の診断を注意して聞いておきましょう。

親の二次感染が最も危険ですから。

 

また、RSウイルスの感染では特徴的な症状もありますので参考にしてくださいね。


sponsored link

RSウイルスに感染したときの症状

RSウイルスは特別なウイルスではなく、毎年多くの人が感染しています。

赤ちゃんはお母さんのお腹の中にいるとき、少しだけ免疫力(抗体)を分けてもらって産まれてきます。

 

生まれたばかりは、免疫力を作る力がほとんどないため、お母さんから分けてもらった抗体が頼りなんですね。

しかし、その免疫力(抗体)もずっと体の中にあるわけではありません。

 

およそ6カ月くらいは、お母さんからの抗体のおかげで感染症にかかりにくいのですが、6カ月を過ぎると自分で作り始めた抗体を使うように変化していきます。

丁度この頃というのは、免疫力が弱い時期でもあり、感染症にかかりやすくなってしまうのです。

 

 

RSウイルスの感染も同じく、生後6か月以降の赤ちゃん、子供に起こりやすいと言えます。

 

 

RSウイルスに感染し発症すると以下のような症状が数日間現われます。

  • 鼻水
  • 38~39℃くらいの高熱

 

そして、数日後には痰(たん)が出たり、咳や特徴的な呼吸音がみられることもある。

ゼーゼー、ヒューヒューというような音がしたら要注意です。

 

なかには、陥没呼吸と呼ばれ、息を吸い込んだときに胸の一部(首の下あたり)がへこむような症状が出ることもあります。

 

1歳以下の赤ちゃんで起こりやすい合併症

合併症というよりも、重症化した場合という表現が正しいのですが、肺炎や気管支炎になるケースが目立ちます。

初めての感染の場合、約3割ほどの赤ちゃんが重症化するともいわれています。

 

特にお子さんが1歳未満であれば重症化に要注意です!!

 

1歳未満の場合、呼吸困難、突然死、など考えたくもないことが突然起こったりします。

そのほか、中耳炎も併発しやすいため耳鼻科にも問題がないか検査してもらうようにすると安心ですね。

 


sponsored link

RSウイルスの感染経路

飛沫感染接触感染が主な感染経路になります。

 

飛沫感染はくしゃみや咳で飛び散った鼻水や唾液で感染すること。接触感染は、手などに鼻水や唾液をつけたまま、何かを触り、それを他の人が触って感染すること。

 

公園や保育園や幼稚園、学校など集団の場所では、マスクをしたり、家に帰ったら手洗いや消毒を忘れないようにすることが大事です。

 

 

また、RSウイルスによる感染は、1回だけでなく2回、3回と繰り返し感染することで免疫がつくようになります。

2回目以降の感染ではさほど症状が重篤化しないため、普通の風邪と間違えてしまうことも少なくありません。

 

そのため、知らず知らずのうちに、子供がRSウイルスを家のなかに持ち込んでしまい、家族が感染して症状が出てしまうということもあります。

秋~冬にかけて、特に小さいお子さんがいる場合は、手洗いをしっかりして、マスクするように心がけておきたいところです。

 

RSウイルスの潜伏期間と治療法

RSウイルスは感染してから4~6日間ほど潜伏します。

このときはまだ、症状がほとんど出ません。

 

その後、上記で示したような症状が現われ、約1~2週間ほど続きます。

 

RSウイルスの感染に対する、特定の治療法というものはありません。

熱を下げたり、去痰薬を飲んだりという対処療法です。

また、脱水症状を起こさないように水分補給も指導されます。

 

 

徐々に症状がおさまると、完全に体の中からRSウイルスが排除されるまでには個人差がありますが、1~3週間かかるとされる。

ですから、症状が軽くなっても予防的に体力をつけることを意識しないといけません。

 

幼稚園や保育園に通っているお子さんの場合、休ませることになりますが、咳や熱の症状が収まった頃が登園する目安ですね。

 

まとめ

ちょと熱が出てるな。咳が出てるしなぁ。

風邪かな?

 

そんな時はSRウイルスのことを思い出してくださいね。

 

特別な治療法はありませんが、二次感染を防ぐことや子供さんが小さい場合は重症化しないように注意して観察しておかないといけません。

実はインフルエンザよりも感染する人が多いという事実があるのですから。

 


sponsored link

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました