クランクシャフト・カムシャフトの加工ができる全国の工場

Facebook にシェア
Pocket

金属部品加工の受注営業で駆けずり回っていると、時々思わぬ部品案件に遭遇することってありませんか?

今まで経験したことのないような、部品。

え?どこで作るのこれ?みたいな。

とりあえず、誰か加工先知っているかな?と手あたり次第に見積もり依頼を投げかけてみるものの、やっぱりお門違いなのかどこからも反応がない。

で、結局は客先に「すいません。加工できるところが見つからなかったです」と断りの連絡を入れることに。

何だか失注したようで損したような気持ちになるし、ちょっと悔しい気持ちにもなりますよね。

その1つがクランクシャフトやカムシャフトだったりもします。

時代の流れはこの手の部品業界でも同じみたいで、「今まで頼んでいた会社が潰れてなくなってしまってん」という決まり文句から相談を受けたりします。

正直、うちはフライス加工屋ですから、社内生産は無理。

なので、ブローカー(商社)としての活動範疇で対応させてもらいますってことで話を聞くんですけど、クランクシャフトやカムシャフトって普通の旋盤加工とかフライス加工とは別次元の加工設備や加工ノウハウが必要となります。

なので、そういった案件に触れたことがない営業マンにとっては、たぶん見積もりを出してもらえる企業を見つけるのが面倒になるかもしれません。

そこで、今回はクランクシャフトやカムシャフトを加工してくれそうな企業をいくつかピックアップしてみました(勝手に拾ってきていますのであしからず)。


sponsored link

関東エリア クランクシャフト・カムシャフト加工工場

【埼玉県】

株式会社 秋山製作所(http://www.akiyama-ss.co.jp/index.html

日生工業株式会社(http://www.nissei-ko.co.jp/index.html

【東京】

田中工業株式会社(http://www.junauto.co.jp/tanaka-ind/

近畿エリア クランクシャフト・カムシャフト加工工場

【兵庫】

有限会社 ジーエステクニカ(http://gs-technica.com/practice2.html

株式会社ナサダ(http://www.nasada.co.jp/category/product/diesel_engine.html

株式会社八瀬鉄工所(http://www.yase.co.jp/

【大阪】

株式会社ムラカミテック(http://www.murakami-tech.jp/index.html

株式会社桜井鉄工所(http://www.sakurai-gr.co.jp/

園田機工株式会社(http://sonoda-kiko.com/index.html

【京都】

株式会社 足立製作所(http://www.adachi-works.com/business.html

四国エリア クランクシャフト・カムシャフト加工工場

【徳島】

徳島カム株式会社(http://www.tokushima-cam.co.jp/

中国エリア クランクシャフト・カムシャフト加工工場

【岡山県】

ユアサ工機株式会社 (http://www.yuasakk.co.jp/crank_shaft/index.html

ピックアップしてわかったこと

正直なところ、金属部品加工屋が言うのもなんですけど

誰がこんなややこしいシャフトを金属で削りだしたろって思ったんや!!

と叫びたくなるくらい、普通じゃない加工です。

クランクシャフトやカムシャフトって、量産する場合は鍛造ラインを作って・・・となります。

でも、営業で回っていると図面1枚を渡されて「生産本数1本」とか普通にありますよね。

まさか、1本のためだけに鍛造するわけにもいきません。

金型作るわけにもいきません。

なので、素材からの切削加工になるわけですよね。

そうすると、やはり専用機で加工している工場に問い合わせをしないといけないんです。

でも、こうやって調べてみるとクランクシャフトやカムシャフトを加工できる会社って日本全国でも少ないほうだと思いました。

会社ホームページの製品ラインナップに「クランクシャフト・カムシャフト」を掲載しているところもありますが、実際は下請け企業に外注を出していたりするので、結局は見積り価格が折り合わないとか、納期が全く融通利かないとかあります。

頭を悩ましますが、ピンポイントで加工工場にお願いするのが一番いいんですよね。

しかし、業界が狭いためか仕事が忙しい時期はどこの会社も同じように忙しいはず。

ホームページも持っていない隠れ企業があればいいですけど、たぶん簡単には見つけられないと思います。

ということは、やることは1つ。

手当たり次第に問い合わせをしていくしかないですね。

それぞれの会社で得意とするサイズも違いますので、とりあえずは上記にピックアップした企業のホームページを見てから「ここならいけるかも」と思える有力候補があれば、電話していみるといいんじゃないでしょうか。

ちなみに、メール問い合わせよりも電話がおススメです。

メールってそれなりの確率でスルーされてしまいますので。

特に初めての問い合わせには。


sponsored link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Facebook にシェア
Pocket

関連記事


スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする