カイテキオリゴは赤ちゃんに使えるのか?その効果は?

Facebook にシェア
Pocket

赤ちゃんのお腹の調子が悪そうだ。うんちがユルユルだったり、毎日うんちが出ない。

そんな様子を見ていると心配ですよね。

口にするものもミルクがほとんどでしょうから、食の改善も難しくてどうしてあげればよいのか分からないとお困りなのではないでしょうか。

しかし、そんな赤ちゃんにもお腹の調子を整えるのに使えるというのがカイテキオリゴです。

お腹の中に住むビフィズス菌などの善玉菌を増やすためのエサである選りすぐりのオリゴ糖ですね。

これで赤ちゃんの調子も良くなったという声はたくさんありますし、あなたの心配も解消してくれるかもしれません。


sponsored link

赤ちゃんのスッキリ」に悩んでいるママへ~悩んでいるのは、あなただけではありません~

本来、赤ちゃんはスッキリ出来ないことはありません。

なぜなら、生後まもない赤ちゃんのお腹は腸内細菌の約90%が善玉菌(ビフィズス菌)という状態で、これは、本来ならば“スッキリ出来る腸内環境”だからです。

そのため、医薬の世界では“赤ちゃんがスッキリできない”という概念自体がありません。

でも、実際のところ、どうなのでしょう。

実は、今、赤ちゃんがスッキリ出来ずに悩みを抱えているというのがとても増えています。

なぜなら、「母乳の栄養の偏り」や「粉ミルクを使うことが多い」という赤ちゃんの食の環境が変わってきたからです。

しかし、前述したように医薬の世界では「赤ちゃんがスッキリ出来ないとことはない」という前提なので、はっきりとした療法が確立されていないわけですから、ママ達は、“一体どうすれば良いの?”という状況に陥ってしまいます。

子供の胃腸を守るためには、赤ちゃんに母乳をあげるママの食生活自体も本来ならば変えていかないといけませんが、中々簡単にできるものでもないでしょう。

そこに悩む人が多く、カイテキオリゴは利用されているのだと思います。

カイテキオリゴが赤ちゃんのスッキリしない状態に悩むお母さん達に選ばれている理由

“とにかく我が子がスッキリできない状態を何とかしたい”
そう切実に思っていても、具体的な手段を見つけるのは困難なのです。

なので、うんちがしばらく出ないようなスッキリできない状態が続いてしまうと、子供がしんどそうにしていて、どうしても無理やり浣腸をという方法を選んだりしてしまいます。

大人もそうですが、それは一時しのぎの処置でしかありませんし、できれば何度もしたくないですよね。

生まれたばかりの我が子には「自然にスッキリさせてあげたい」というのが、ほとんどの親の共通意見です。

そこで、お母さん達が選びたくなる2つの優れた性質がカイテキオリゴにはあります。

安心と信頼

オリゴ糖はビフィズス菌の大好物です。

だから、赤ちゃんのお腹のビフィズス菌が元気になって痛みを伴わない自然なスッキリを促します。

しかも、“オリゴ糖は母乳にも含まれている成分”ですし、カイテキオリゴは医学の専門雑誌にも第三者機関で行った臨床試験の結果などが掲載された実績もあり、効能効果については実証済みであるということが信頼の証でもあります。

食べさせやすい

カイテキオリゴの味はお砂糖の1/5程度の甘さでほんのりと甘いため、子供が嫌がって飲み込まないということがほとんどありません。

また、溶けやすい粉末状ですので、ミルクにも簡単に混ぜることができますし、離乳食を食べれる赤ちゃんにも混ぜて使えます。

このように、安心・安全であり、なおかつ赤ちゃんにも使いやすいというのがママたちに選ばれている理由ですね。

他のオリゴ糖とカイテキオリゴは違うの? 

カイテキオリゴが安心・安全で使いやすいという利点があるとは言っても、他にも色々なオリゴ糖はあるし、他でもいいんじゃないの?と思われたかもしれません。

しかし、あなたがよく知っているのオリゴ糖ってシロップ状の物ではありませんか?

実はシロップ状のオリゴ糖は、甘味料としての物でオリゴ糖の成分自体はたった30%程しか含まれていません。

なので、製品を使用する目的としは根本的に違うものだと思ってもらうほうが正しいと言えます。

『カイテキオリゴ』が、期待できる健康食品かどうか。

それは、口コミが広まった結果、「日本一売れているオリゴ糖」として多くの人が【体感できて信頼できる品】として選んでいることが証です。

子供の体調管理のサポートに考えているのでしたら使わないと損ですね。

『カイテキオリゴ』

もっと詳しく知りたい&ご購入はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Facebook にシェア
Pocket

関連記事


スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする