カイテキオリゴが赤ちゃんのお腹をスッキリさせる理由

Facebook にシェア
Pocket

赤ちゃんがなかなか泣き止まなくてきげんが悪かったり、食欲がなかったり。

その原因がうんちがユルユルだったり、毎日うんちが出ないという、赤ちゃんの便秘じゃないかと思ったら早めの対策をしてあげないといけません。

浣腸という手段もありますが、それが癖になっても嫌ですよね。

2~3日ごとにウンチがちゃんと出ていて、食欲もあるならそれがその子のサイクルなのかもしれないので、無理に何とかしようとしなくてもよいかもしれませんが、4日以上ウンチが出てないというのは危険です。

肛門を優しくマッサージするとか、お腹の”の”の字マッサージ、足の前後運動など多くの人が推奨する方法もあります。

それでも出ないという赤ちゃんはいます。

そうなると、ますますどうしよう?と悩んでしまいますよね。

しかし、同じような悩みを抱えているお母さんたちの間で

毎日うんちが出るようになった!!

と好評なのがここで紹介するカイテキオリゴです。

肛門マッサージや”の”の字マッサージは、物理的な刺激や運動によってウンチを出やすくしようとする対策方法ですが、それでもウンチがでない赤ちゃんの場合は、お腹の腸内環境バランスが崩れちゃってる可能性が考えられます。

赤ちゃんの腸内環境が悪くなってしまう原因はいくつかあるかもしれませんが、水分が足りない、風をひいたり、熱を出したりと何らかの体調不良があった、そもそも体質だったりすることもあります。

いずれにしても、対策としてお腹の環境を一刻も早く改善させてあげることが大切です。

赤ちゃんの腸内環境を改善してあげるためには、お腹の中に住むビフィズス菌などの善玉菌を効率よく増やしてあげないといけないのです。

そのために、絶対的に必須なのが、善玉菌のエサである選りすぐりの良質なオリゴ糖です。

オリゴ糖の質次第でお腹の調子は劇的に変わります。

しかし、普段のミルクや離乳食からだけでは、なかなか良質なオリゴ糖を厳選するのが難しいのも事実です。

オリゴ糖商品はスーパーにもたくさん売っているとは思いますが、「オリゴ糖」にも種類がいくつもあることをご存知でしょうか?

お腹の善玉菌のエサはオリゴ糖ですが、善玉菌だって好きなオリゴ糖と嫌いなオリゴ糖があります。

善玉菌が嫌いなオリゴ糖ばかりを赤ちゃんに食べさせても、お腹の中で善玉菌はぜんぜん増えてくれません。だって、嫌いなエサを食べてくれないんですもの。

その点、カイテキオリゴは善玉菌が好きで好きで仕方ないオリゴ糖を使っているので、善玉菌はパクパク食べるわけです。そして、どんどん増えて腸内環境が改善されてウンチもブリブリ出る。

そうすれば、赤ちゃんも毎日機嫌がよくてニコニコですし、お母さんも便秘の心配なくて安心じゃないですか。

はやく、赤ちゃんの便秘を治して元気にすくすくと成長してもらいましょう!


sponsored link

便秘の赤ちゃんが増えてきた理由

昔と比べると便秘の症状を起こす赤ちゃんが増えているという話も聞きますが、本来、赤ちゃんはスッキリ出来ないことはありません。

なぜなら、生後まもない赤ちゃんのお腹は腸内細菌の約90%が善玉菌(ビフィズス菌)という状態で、これは、本来ならば“スッキリ出来る腸内環境”だからです。

そのため、医薬の世界では“赤ちゃんがスッキリできない”という概念自体がありません。

でも、実際のところ、赤ちゃんがスッキリ出来ずに悩みを抱えているというのがとても増えているというのは、原因の1つとして「母乳の栄養の偏り」や「粉ミルクを使うことが多い」という赤ちゃんの食の環境が変わってきたからだとも考えられています。

しかし、前述したように医薬の世界では「赤ちゃんがスッキリ出来ないとことはない」という前提なので、はっきりとした療法が確立されていないわけですから、お母さんたちは、“一体どうすれば良いの?”という状況に陥ってしまいます。

子供の胃腸を守るためには、赤ちゃんに母乳をあげるお母さんの食生活自体も本来ならば変えていかないといけません。

もしかすると、母親であるあなた自身が便秘だったり、子育てに疲れてしまっていたりしませんか?

赤ちゃんにばかり目が行きがちですが、母親自身の体調がすぐれないと良質な母乳が出ないんです。

こんな当たり前のことさえ、頭からすっぽ抜けてしまうくらい子育ては大変です。

それはみんなが分かっていることです。

だから、そう簡単に改善できるものでもないでしょう。

そこに悩む人が多く、カイテキオリゴは利用されているのだと思います。

カイテキオリゴが赤ちゃんのスッキリしない状態に悩むお母さん達に選ばれている理由

“とにかく我が子がスッキリできない状態を何とかしたい”

そう切実に思うお母さんたちがカイテキオリゴを選びたくなる2つの優れた理由を紹介します。

安心と信頼

オリゴ糖はビフィズス菌の大好物です。

だから、オリゴ糖をしっかりと食べさせてあげれば、赤ちゃんのお腹のビフィズス菌が元気になって痛みを伴わない自然なスッキリを促します。

しかし、どのオリゴ糖でもよいってわけじゃありません。

案外知らない人も多いのですが、お腹の中にいるビフィズス菌にも種類がいくつもあります。

実に50種類はあるとされ、ヒトの腸内には個人差はありますが10種類は少なくともいると思ってください。

そして、それぞれのビフィズス菌たちが好物とするオリゴ糖も種類があるので、単純にスーバーでもよく見かけるようなシロップ状のオリゴ糖では、ちゃんとしたエサにならなかったりもするんです。

実はシロップ状のオリゴ糖は、甘味料としての物でオリゴ糖の成分自体はたった30%程しか含まれていないのも、あまり腸内環境を改善する目的で使えないという理由になります。

一方でカイテキオリゴに含まれるオリゴ糖は、“母乳にも含まれている成分”ですし、カイテキオリゴは医学の専門雑誌にも第三者機関で行った臨床試験の結果などが掲載された実績もあり、効能効果については実証済みであるということが多くのお母さんたちの安心させています。

食べさせやすい

赤ちゃんに食べさせるもので一番困るのが”イヤイヤ”です。

食べてくれないことには、何も始まりませんよね。

病院で処方されるような小児薬の多くに甘いシロップ系が多いのも、そういった工夫がなければ子供が飲んでくれないからです。

特に赤ちゃんの場合は飲ませにくいものは大変。

その点、カイテキオリゴの味はお砂糖の1/5程度の甘さでほんのりと甘いため、供が嫌がって飲み込まないということがほとんどありません。

むしろ、離乳食やミルクに混ぜても味は変わらないです。

もちろん、溶けやすい粉末状ですので使いやすさも◎。

離乳食やミルクにちょっと混ぜて、パクパク食べさせる。

元気にウンチもブリブリ出た~!!!

赤ちゃんの体調のためにも、これを一刻も早く実現してあげましょう(^^)

このように、安心・安全であり、なおかつ赤ちゃんにも使いやすいというのがママたちに選ばれている理由ですね。

他のオリゴ糖とカイテキオリゴは違うの? 

『カイテキオリゴ』が、期待できる健康食品かどうか。

それは、口コミが広まった結果、「日本一売れているオリゴ糖」として多くの人が【体感できて信頼できる品】として選んでいることが証です。

子供の体調管理のサポートに考えているのでしたら使わないと損ですね。

『カイテキオリゴ』

⇒ もっと詳しく知りたい&ご購入はこちら!



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Facebook にシェア
Pocket

関連記事


スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする