PayPal(ペイパル)の無料登録の方法

paypal
Facebook にシェア
Pocket

アメリカを中心とし、世界中で利用されているPayPal(ペイパル)はインターネットで決済するシステムの1つ。

登録したメールアドレスのみで支払いができるため、クレジットカード情報や口座情報を取引相手に知らせることなく安全に金銭の授受ができるとして支持されています。

私も個人的にとある会社様からのご依頼を頂いたのですが、その支払い方法としてPayPalをご希望されましたので、慌ててアカウントを作ったところです。

こうやって思うと、海外からの送金もPayPalを利用できるとすごく便利ですね。

また、インターネットショップなどで、PayPalで支払えるサイトが多くありますがそれらを利用するためにはPayPalにまず登録しておく必要があります。

PayPalは無料でアカウントが作れますので、今後のことを考えて作っておくと便利です。

おまけとして、通常 PayPal では支払い方法を分割に指定することができず、一括払いが基本となっています。

でも、金額によっては分割払いにしたいなと思うものもあるでしょう。

そんな時にどうすれば分割払いにできるかも紹介します。


sponsored link

Pay Pal(ペイパル)への無料登録の方法

paypal

まずは、Pay Palの公式ページにアクセスします。

注意しておきたいのは、Pay Pal(ペイパル)に登録する前にクレジットカードもしくはデビットカードを用意しておかないといけません。

PayPal のシステムは事前に登録したメールアドレスとクレジットカードもしくはデビットカードを紐付けることで、取引先に支払いなどをする時にカード情報を伝える必要性が無くなるというメリットがあるのです。

とりあえずPayPalの新規登録は無料なので、何かの時のために用意しておくと便利です。

PayPal登録ページにある「新規登録」ボタンをクリックしましょう。

すると次のようなページに移行します。

paypal

ネットショップや店舗でPay Pal(ペイパル)を導入するわけではなく、個人で使用するための登録をするので、パーソナルアカウントを選択して実行します。

paypal

まずは、この登録画面で今後PayPalの利用で使用するメールアドレスとパスワードを決めて入力。

国は「日本」のまま。

paypal

入力が終わると、次は名前や生年月日、住所などを入力します。

ここで適当な住所を入力したりしないように気をつけてください。

時々いるのですが、プライバシーが心配だからという理由でデタラメな住所を入力する人。

後々重要になりますから、必ず正しい内容を入力してください。

できれば、免許証などに記載されてい住所と同じにしておいてください(もちろん、郵便物が受け取れる住所であることが必須条件)。

入力は全て日本語でOKです。

※名前をローマ字で登録すると、後で面倒なことになる場合があるので漢字入力しよう

生年月日は西暦で入力

例えば、昭和55年(1980年)7月22日ならば「1980/07/22」です。

スラッシュ記号は勝手に表示されるので、数字だけで大丈夫です。

国籍は「日本」のまま

郵便番号は012 – 3456 のようにハイフンを忘れないように。

電話番号は「モバイル(携帯電話)」と「自宅(固定電話)」のどちらかを選べます。

番号を入力するところに「+81」とありますが、これは日本の国際電話番号の数字です。

もし携帯番号を入力する場合、例えばあなたの電話番号が090-1234-5678 だったならば、入力する数字は +81 90-1234-5678 となります。

090の最初の0(ゼロ)は入力しません。

固定電話でも同じで、0123-45-6789 だったならば、+81-123-45-6789 となります。

ここまで入力したら、プライバシーポリシー同意にチェックを入れて「アカウントを開設」をクリックします。

paypal

次に、デビットカード、もしくはクレジットカードの登録画面に移りますのでお手持ちのカード情報を入力してください。

「確認コード」はカード裏の署名欄右側に印刷されている数字の下3桁です。

入力して「カードを登録する」のボタンをクリックすると、PayPalのログイン画面に移りますので、先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。


sponsored link

銀行口座とカード情報を登録しておこう

paypal

ログインをするとPayPalの管理が面に移りますので、カード登録と銀行口座の登録を済ませれば基本登録はここまでです。

PayPalでの支払いは登録したメールアドレスで実行できるのです。

※PayPalでの支払い方法についてはこちらの公式ページを参照してください。

ここまできたら、登録したメールアドレスに確認メールが届いているはずですので、メールを確認したら、さきほど登録したパスワードを入力してください。

メールアドレスが確認されると、今度は電話番号で支払いと受け取りができるとされる画面に切り替わります。

paypal

ここで「コードを取得」をクリックすると、登録した電話にSMSショートメールでコードが送信されてきますので、15分以内に確認コードを入力しましょう。

paypal

ここまでの登録は、自分がPayPalを使って支払いをする側の登録です。

誰か他の人からPayPalで支払ってもらいたいという場合は、別途プレミアムアカウントというものにアップグレードする必要があるので、その手続きもしておきましょう。

(登録は無料)

PayPal(ペイパル)で支払ってもらうための事前登録

paypal

まずはPayPal管理画面にログインします。

そして、管理画面の左下にある「アカウントのアップグレード」をクリックします。

paypal

このような画面が出ますので、先ほど登録したメールアドレスをそのまましようする場合は「現在のアカウントをビジネスアカウントへアップグレードする」を選択します。

別途新しいメールアドレスを使用する場合は、下側を選んで続行。

すると、次の画面が出てきますが、「続行」をクリックします。

paypal

次はアカウント管理者情報の登録をします。

名前、生年月日、職業、住所を入力しましょう。

paypal

次に進むと、本人確認書類という画面が出ますので、運転免許証、住民基本台帳カード、健康保険証、パスポート、各種年金手帳、各種福祉手帳の中から1つ好きなものを選んで画像をアップロードします。

paypal

paypal

画像をアップする時、次のような点に注意してください。

  • 情報がはっきりと読み取れ、最新のバージョンである
  • PayPalアカウントで登録した名前が含まれている
  • ファイルの合計サイズが2 MBを超えない
  • JPG、GIF、PNG、PDFのいずれかの形式である

免許証ならば、登録した住所と免許証に記載されている住所が一致することを確認しましょう。

もし、住所が違う場合は住所が一致する他の書類を用意してください。

画像はスキャンしてもよいし、スマホのカメラで撮影したものでもかまいません。

情報がわかればOK

PayPalアカウントの登録で、名前をローマ字ではなく漢字で入力するようにとしたのは、このためです。

提示できる身分証明に記載されている名前が漢字表記のものが多いですから。

パスポートはローマ字ですけどね。

書類画像のアップロードが終了すると、次は使用目的の確認です。

paypal

ここでは、「使用目的を「商品・サービスへの支払いの受け取り(国内・海外)」を選択して送信。

paypal

後日、転送不要書留郵送で暗証番号が記載されたハガキが届きます。

ハガキが届いたらPayPalの管理画面にログインしましょう。

paypal

すると、右上に暗証番号を入力してくださいというメッセージが表示されているはずですので、届いた暗証番号を入力すれば完了です。

相手からお金を入金してもらうためには、PayPalで登録したメールアドレスを相手に伝えるだけです。

実際に入金があると、メールで通知が来きます。

もちろん、誰が入金してくれたのかという情報(名前とPayPalアカウント)も通知されるので、万が一過払いがあったとしてもPayPalで返金が可能です。

決済手数料が差し引かれた金額が入金されますので、事前に手数料に関することも相手側と相談できればよいかと思います。

また、PayPalに入金されたお金を登録しておいた銀行口座に出金する場合、引き出し金額が5万円未満の場合 250円/件の手数料がかかります。

それ以上であれば、無料。

PayPal間の入金、送金にかかる手数料は毎月の決済総額などによっても違いますが、概ね2.9~4.1%程度です。

詳しくはPayPalの公式ページを参照。


sponsored link

PayPalの支払いを分割にする方法

最後にPayPalを利用してお買い物をする時、どうしても金額が大きいものになれば分割払いをしたいと思いますよね。

しかし、PayPalのサイトでは分割払いの設定というものはどこにも見当たりません。

ではどうするのか?

まず、PayPalの決済は通常通り一括で済ませます。

その後、PayPalに登録したクレジットカード会社のカスタマー・サービスセンターに電話またはネットで連絡し、支払い方法をリボ払いまたは分割払いへ変更する申し出をすればよいのです。

これで分割払いができます。

ただし、カード会社によっては分割払いができないこともあるので、事前にカードの利用規約などを確認しておく必要があります。

分割払いをする時のデメリットとして、手数料などが一括払いをする時よりも余分に発生しますので覚えておきましょう。

PayPal登録のまとめ

いかがでしたでしょうか?

PayPalって聞いたことあるけど使ったことがないという人もいるでしょう。

でも、相手側がPayPalで支払いたいというような場合だと、こちらもPayPalアカウントを持っている必要がありますし、支払ってもらう側になるためにはプレミアムアカウントへのアップグレードが必要です。

それらは面倒な手続きかもしれませんが、一度済ませておけば後は自由に使えますので非常に便利です。

是非、この機会に無料アカウント登録を済ませましょう!


sponsored link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Facebook にシェア
Pocket

関連記事


スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする