奈良県にある大普賢岳の登山と感想

大普賢岳
Facebook にシェア
Pocket

5月5日子供の日。
奈良県吉野郡にある大普賢岳に登山してきました。
前回は3月に和泉葛城山へ登ったのが最後なので、一ヶ月ぶり以上です。

最近は仕事がずっと慌ただしかったのも登山をサボっていた理由。
休みの日の家族サービスも大事ですしね(笑)

大普賢岳は他の山とはちょっと味が異なる山として知られています。
苦手な人は二度と行きたくないと言うし、好きな人はまた行こうかなと思うらしい。
極端だね。

今回はそんな大普賢岳の登山を紹介しよう。


sponsored link

大普賢岳は奈良県吉野郡にある大峰山系の1つ

標高1780mですが、登山ルート次第では結構上級者向けの山になるみたいです。

登山は久しぶりだし体力的に大丈夫かなぁと心配です。

今日も一緒に登る病院の先生は、私が山登りを始めた頃からお付き合い頂いているのですが、私の体力を過信してますね(汗)
その理由に、いつも先生に登る山を決めてもらっていますが低山に一緒に登ったことは1回もない。

確かに、私は登山ペースが速いですけど、体力があるかどうかは別問題。
たぶん、今日は途中でひぃひぃ言うと思う。

先生はおばちゃんでも登れると言ってましたけど、おばちゃんもバカにしたらダメやし。

先生といつもの待ち合わせ場所、橿原神宮前駅。
車で連れていってもらいます。

待っている間、小腹が空くので駅のパン屋で買ったハッシュドポテトを食べるとしますか。

ハッシュドポテト

ていうか、何でハッシュドポテトを選んだかな。自分・・・しかもパン屋で。

でもまぁ、美味しかったからええか。

青空

途中、立ち寄ったコンビニで空をパシャリ!
晴天。
今日は汗かくだろうなと思いながら向かいます。

大普賢岳に登る時に利用する駐車場

和佐山キャンプ場

駐車場は和佐又山キャンプ場を利用します。
キャンプ場まで東熊野街道から入って車でかなり登ります。

小さい車のエンジンなら車がウンウンいうかも。
道は狭いですが、駐車場はそこそこ広い。

駐車料金は1000円
キャンプ場なので、テントに気をつけてね。

また、一応奈良交通が運営する南部地域連携コミュニティバスはあります。

大和上市駅 ⇒ 和佐又口 となっています。

ただし、バスの本数は非常に少ないので十分に気を付けてください。

事前によく時刻表を調べておき、登山ルートによる所要時間なども計算しておきましょう。


sponsored link

大普賢岳の登山

大普賢岳

ネットで大普賢岳の登山レベルを調べてみると、趣味の範疇でやる登山の中ではそこそこ高い。

ですが、始りは緩やかで歩きやすい道となっています。

まずは駐車場からコンクリートの坂道を登っていきます。

大普賢岳

するとこのような広いところに出ますので、ここからが登山のスタート。

大普賢岳

あとはなだらかな道を登っていくだけ。

大普賢岳

この辺りは余裕でしょう。

途中から岩肌が目立つようになり、急な階段を幾つも登らないといけない

大普賢岳

1時間ほど登ったあたりから、ゴツゴツした山肌が目に付くようになります。

途中には切り立った岩肌も。

大普賢岳

写真ではわかりませんが、この日は晴天であり岩の上からポツポツと落ちてくる水滴が風に流されひらひらと飛び、その水滴に太陽の光が当たってキラキラと輝く様はとても綺麗でした。

あぁ、一眼レフを持って行けばよかった~

大普賢岳

一歩間違えれば滑落してしまいそうな道も歩かないといけませんので、注意して登りましょう。

岩を後ろに落としてしまったら「落(らく)!!!」とすかさず大きな声をだすこと。

後ろの人に当たると危険ですからね。

大普賢岳では途中にこのような階段がいくつも待ち受けています。

大普賢岳

めちゃくちゃ急な階段もありますし、傾いている階段もあるのでひっくり返らないように注意しておかないと本気で怪我します。

大普賢岳

大普賢岳

これらの階段は登る時よりも下山する時に特に注意してください。

結構、足を滑らせて怪我する人が多いみたいなので。

途中の展望台(展望岩)からの景色が最高

大普賢岳

大普賢岳

途中、辺りを一望できる展望台(展望岩)があります。

特に仕切りなどは一切ない岩場なので、落ちないように注意してください。

5月の大普賢岳の気温と服装

気温は10~20℃くらいと幅があります。

頂上付近では10度前後くらいですが、陽が当たると温くて風があると涼しい。

登山に着ていく服装は夏物のウェアの上に1つ脱いだりしやすい羽織るもので十分です。

寒がりな人は、アンダーウェアの上にミドルウェア、その上に薄手の羽織るものがよい。

下はハーフパンツよりも長ズボンがおススメ。

新緑のこの季節、風がすごく心地よくて最高です。


sponsored link

今回の登山は登りで3時間くらい

大普賢岳

さきほどの展望岩をあとにして、約30~60分くらい登り続けると頂上です。

標高1780m ここからの景色も最高です。

大普賢岳

大普賢岳

朝9時くらいから登り始めて12時前くらいに頂上へ到です。

お昼ご飯はここで食べることに。

何故、山の頂上で食うラーメンはこんなに美味いのか?

カップラーメン

最近の登山の定番メニューとなっているようで、あちらこちらでラーメンを食べる人がいます。

ここまで来てラーメン!?と最初は思っていましたが、慣れるとそうでもないもんです。

不思議。

今回の大普賢岳の登山ですが、とにかく岩肌とやたらと多い階段の印象が強い山でしたね。

他の山とは少し違う楽しさがあります。

また、登山前にはヒィヒィ言うかなと思いましたが、案外少しの余裕を残して登頂できました。

先生が言っていた「おばちゃんでも登れる」というのは、案外ウソじゃないかも。

この後、約2時間ちょっとかけて下山。

ちろん温泉に立ち寄ってサッパリして帰ります。

登山と温泉は定番中の定番ですね。

あなたも登山どうでしょう。

大普賢岳


sponsored link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Facebook にシェア
Pocket

関連記事


スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする