レゴフレンズ(レゴブロック)の対象年齢は相応か?

Facebook にシェア
Pocket

こんにちは。Akimaru です。

うちには今4才(今年の夏で5才)になる娘がいますが、ごくたまにトイザらスなどのおもちゃ売り場に行くと、おもちゃの進化に興味津々になります。

つい先日、滋賀竜王のアウトレットに出かけた時に嫁の買い物に付き合うのも大変なので、ちょっと待ち時間潰しに嫁とは別行動でレゴ(Lego)ショップに立ち寄りましたがレゴブロックも展示されているものを見ると

Akimaru
もはやプラモデルやん!!

というような商品がズラリと並んでいます。

それぞれの商品の箱には対象年齢が書かれていますが、果たしてそれって相応なの?と思ってしまいたくなるものも。

今回、アウトレット(レゴショップ)には嫁の伯父伯母と一緒に出掛けたのですが、我が娘には目に毒でした・・・

珍しいレゴのもおちゃを前に食い入るように離れない。

挙句「ちょっと気になるものがあるねん」と私の知らない間に伯父に言って、間接的に「おもちゃ買って」アピールしたみたいです。

申し訳なくも、娘に買って頂いたのでまだ早いですが、2カ月先の誕生日プレゼントの前倒しということにしてもらいました。

買ってもらったのはこれ↓

レゴ フレンズ 41340 フレンズのさくせんハウス【送料無料】

価格:7,535円
(2018/5/3 20:09時点)


これの対象年連は6~12才。

うちの子、今年5才。

大丈夫やろか?


sponsored link

レゴフレンズ(レゴブロック)の組み立てって結構大変です

レゴブロック

パッケージを見れば見るほど、私が子供の頃にあったレゴブロックとは異なることがはっきりとわかる。

何か、細かいアイテムがいっぱいついているし、これって6才の子供が一人で作れるものなの?と思ってしまいます。

箱の中身は当然、ブロックや小物が袋に小分けされて入っています。

それと、組み立て方のガイド本も付いています。

カラー印刷されたこのガイド本には、各ブロックやアイテムをどのように組み付けていくかを分かりやすくイラスト付きで描いてくれています。

10個以内のブロックの組み立てが概ねワンステップとしてガイド本に描かれているので、まず迷ったり悩んだりすることはないでしょう。

(ガイド本は結構分厚いです)

ただ、問題は6才でもちゃんと作れるのか?ということです。

作りかけの様子はこんな感じです。

レゴブロック

Akimaru
これ、6才には結構厳しいかもよ

ちなみに、うちの子は途中であきらめました(笑)

大人が普通に黙々と作ったとして1時間くらいかかるかもしれません。

シールを貼り付けたりもしないといけませんし、結構細かいパーツが散乱するのでパーツが無くなった!ということがないようにだけは注意しましょう。

(一部のパーツは予備が含まれています)

子供がやるには、そこそこ集中力が必要になると思いますので、細かい作業を続けることが苦でない子供はできるかもね。

ちなみに、私の場合は作業をしているうちにプラモデルを作る感覚を少し思い出しました。

子供以上に大人が夢中で黙々と作るかもね。

そしてようやく完成。

レゴブロック

レゴブロックって作る楽しみと完成させたもので遊ぶ楽しみの2つがあるけれど、5才前後の子供にとっては、まだ作る楽しみってわからないかもね。

うちの子も結局、作るより作った後で遊ぶ方が楽しいみたいだし。

結論

レゴフレンズ(レゴブロック)の対象年はあんまりあてにならないということよりも、その対象年齢っていうのは遊び方で変わると考えるべきかな。

6~12才が対象年齢なら

10~12才は作る楽しみ。

6才以下と6~9才くらいは、作った後で遊ぶ楽しみ。

それぞれのウェートが大きいかもしれません。

なので、もしもレゴフレンズ(レゴブロック)を購入したならば、まずは子供と一緒に作ることを考えつつ、「まだ、作るのは難しいかなぁ」と感じたらササっと作ってしまってあげるとよいのではないかと思いました。

あなたのおうちもレゴどうですか?


sponsored link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Facebook にシェア
Pocket

関連記事


スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする