結婚祝いに贈る画期的なアイテムを。ものづくりに携わるあの人へ

Facebook にシェア
Pocket

あなたは長年の付き合いのある友人への結婚祝いに贈るものには、何がよいと思うだろうか?

贈り物には贈る側の気持ちや人格というものが込められるものであり、それ故、贈り物選び1つで相手への気持ちの伝わり方が大きく変化します。

ただ高級品や便利なものを贈ればいいというものではありません。

贈り物の本来の意味は、贈り物を介して相手と通じることにあるのですから。

もし、あなたが「ものづくりに携わっている」という友人の結婚祝いに贈る物に迷っているのなら、あなたの気持ちの伝達を網羅的に担ってくれるとっても良い画期的なアイテムをここで紹介できる。

これは、天皇陛下にも献上した実績のある宝鈴の復刻版

この鈴はあなたの想いを確かに伝えてくれるはず。

それは友人一同など、複数人で贈っても良い縁起物ですので、一考の価値あるもの。

是非、検討してみては如何だろうか。


sponsored link

ものづくり技術の大切さを贈り物に込めて

”ものづくり”を仕事とし、これからの日本を牽引していく新郎には技術の大切さを想い続けて欲しいと願うものです。

ほとんどの人は、何らかの仕事をして社会・人に貢献していますし、仕事をすることで家族を養っていますので、仕事の健勝を祈る意味でも「技術」というキーワードを贈り物にのせることのできるアイテムとして宝鈴は最適でしょう。

日本人ならば、誰もが見たことのある鈴。

当たり前のようにそこにあるから、気にも留めませんがそこには技術が詰まっています。

ですが、ここで紹介したいのはただの鈴ではなく、その一歩先を行く最新技術が詰まった鈴であり、他にはない技術で作られた贈り物で「ものづくり」に携わる友人に尊敬の念を伝えたいところです。

シームレス(繋ぎ目がない)な夫婦の絆を祝おう

私達が普段目にする大小様々な金属製の鈴はプレス加工で成型されていますが、直径10cmを超えるような大きい鈴は2つのパーツに分けて作り、後で溶接にて接着します。

これが通常の方法。

ですが、ここで紹介するのは、最新の溶接不要のシームレス加工技術を用いて作られた宝鈴。

大きな鈴でも繋ぎ目がなく一体物として完成できるので、曲線美が違います。

また、シームレスとは繋ぎ目がないということですから、これから夫婦として新たな門出を祝うにあたり「片時も夫婦の絆が離れることのないように」というあなたの想いがのせられます。

優しい音色で邪気を払い、新婚を祝おう

鈴はずっとずっと昔々の金属加工がない時代にも存在し、初めは土器で作られていました。

人と鈴との歴史は長期に渡り深く私たちの生活や精神活動の中に入り込み、やがて古来より鈴の音は邪気を払い、悪霊を遠ざけるとされ神事などでも利用されるようになったのです。

道教の世界(風水)でも鈴の音は厄除けの効果を持ち、幸せを運んでくれると考えられており、ラッキーアイテムの1つとされます。

また、風水的に金色の鈴は「金運」を呼び、銀色の鈴は「才能の開花」を呼び寄せます。

ものづくりの仕事をしている新郎にもピッタリですね。

改めて考えると、これほど色々な気持ちを込められる最適なプレゼントはありません。

そんな鈴を夫婦の幸せを願って贈ってみるのは如何でしょう。


sponsored link

ものづくり日本大賞受賞の宝鈴を贈ってみよう!

これは東大阪にある株式会社小西金型工学さんが独自技術によって作り上げた宝鈴です。

※特許出願中(2018年現在)

また、2019年のラグビーワールドカップの公式販売製品でもあります。

サイズは大サイズが直径14cm x 高さ16cm、小サイズが直径11cm x 高さ13cm となっており、座布団もついてきます。

鈴は金色と銀色がペアになっており、ペアの鈴は「一緒になる(鳴る)」とも言われ、良縁・勝縁など縁を繋ぐ縁起物なのです。

もちろん、結婚祝い以外にもお祝いの品としておススメです。

もし、ご興味のある方は株式会社小西金型工学さんまで連絡してみてください。

小西さんは私に代理店にと言ってくれましたが、直接連絡してもらえればいいかなと思います。ここで儲けようとは思いませんので(笑)


株式会社 小西金型工学

〒579-8014
大阪府東大阪市中石切町6丁目4番47号

TEL:072-981-3477

ホームページ : http://konishikanagata.sakura.ne.jp/


sponsored link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Facebook にシェア
Pocket

関連記事


スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする