中国出張・旅行でのおすすめWiFiレンタル【もうVPN設定は不要です!】

Facebook にシェア
Pocket

海外旅行で今や必須になったWifiレンタルですが、中国への出張や旅行では特に注意しておかないといけないことがあります。

それはVPN(Virtual Private Network)

いわゆる仮想プライベートネットワークのことで、例えば会社の社内ローカルネットワークをLANでつないでいるのと同じようなことを国境をまたいで出来るようにする仕組みのことを指します。

それが何で中国への渡航で重要なのか?と思う人もいるかもしれませんが、中国では政府の方針によってインターネットの閲覧制限があり、日本で当たり前に使っているGoogle(グーグル)関連のアプリや検索なども使えません。

他にはFacebook(フェイスブック)、Instagram(インスタグラム)、Twitter(ツイッター)、YouTube(ユーチューブ)、LINE(ライン)アプリも使えないのです。

特にLINEはチャットのみならず、無料通話ができるため利用する頻度は日本人なら非常に高いと言えるでしょう。

それが、中国に渡航した途端に使えないとなると・・・・

困りますよね。

なので、WiFiレンタルをする時にはVPN設定ができるものを利用し、VPN設定をすることで中国の規制から外れた仮想ネットワークを介して通信できるようにしておかないといけないのです。

あるいはVPN設定をせずとも特別な回線でWiFiをつなぐだけで日本にいる時と同じような環境でインターネットが使えるレンタルWiFiもあります。

VPN設定はWiFiをレンタルした後で結構面倒であったりするため、新しい回線を利用したWiFiレンタルがおススメです。


sponsored link

中国出張・旅行でおすすめレンタルWiFi

2018年2月。

旧正月前で中国国民がみんな少しそわそわしている頃に私は出張で大連を訪れた。

大連は中国東北部に位置しており、冬の気温は-10℃前後と足元から冷える。

凍てつく風が顔に当たると針に刺されたような痛みが走るので、防寒対策はしっかりと準備してから行かないと大変なことになります。


さて、今回の中国出張に先駆けてインターネット環境の確保のためWiFiレンタルすることにした。

ここで注意しておかないといけないのは、VPN設定できるものかあるいはVPN設定せずとも特別な回線で通信できるものかどちらかを選ぶ必要がある。

ネットで「レンタルWiFi」と検索すると、レンタル料が1日あたり500円とか安いものはたくさんあるが、あまり安いものは通信容量も少なかったり通信速度が遅かったりするのでおすすめできない。

私が是非ともおススメしたいのはイモトのWiFiが提供している「中国プレミアム回線」だ。
イモトのWiFiは色々な広告で目にしたことがあるのではないでしょうか。




もしも中国への渡航予定が確実に分かっている場合は、早めの予約で最大20%も割引があるのでお得です。

難しい設定は一切不要で便利!イモトのWiFi

先ほどにも少し書いたが、VPNの設定をする必要があるものは結構面倒くさいのです。

ところが、イモトのWiFiだと中国に着いてからレンタルWiFiのスイッチをONにして、スマホのWiFi設定から「imotono-WiFi(イモトのWiFi)」を選択するだけで普段通りネット通信ができます。

もちろん、LINEもできます。

イモトのWiFiは空港の受付カウンターがあるので、そちらでレンタルしてもよいが、あらかじめネットサイトで予約しておけば、渡航前日に自宅あるいは指定の住所に無料郵送してくれます。

返却は中国から帰ってきてから翌日以内に郵送で送り返すか、空港にある返却Boxに入れるか選べます。

返送する場合は郵送料が必要になるので、空港の返却Boxに入れるのがおすすめです。

1週間以内の渡航であれば、「中国プレミアム回線 3G WiFi プラン」で十分です。

「4G LTE WiFi プラン」もありますが、普通にインターネットで検索したり、アプリを使う程度ならば必要はないと私は思います。

実際、私も4日間の中国渡航で「中国プレミアム回線 3G WiFi プラン」を利用しましたが、2人で共同使用しても十分でした。(ちなみに、2人で合計2Gくらいの使用でした)

イモトのWiFi の使い方

私はレンタルの予約をイモトのWiFiのサイトで事前にしておいたので、渡航前日に郵送されてきました。

中を開くとルーター本体とコンセントが入っています。

できれば、充電器もレンタルしておくと安心です。

充電器は一番小さい容量のものでも十分。

これでルーターもスマホも充電できるので、電池切れの心配がなくなります。

私は結構使いました。

※充電器はホテルに着いたらチャージしておくとよいです。

中国現地に着いたらこの中からルーターを取り出して電源を入れます。

※日本国内にいる間は使えません。

ルーターの電源を入れた後は、スマホの「設定」から「Wi-Fi」をONにします。

すると、WiFiの一覧の中にルーターに書かれているWiFiの名前出てくるはず。

この画像の場合だと、「imotowifi094E37」です。

このWiFiを接続設定するとパスワードを要求されるので、ルーターに書かれているパスワード(PW)を入力すればインターネットにつながるはずです。

これだけで日本にいる時と同じようにインターネットが楽しめます。


sponsored link

WiFi設定する前に必ずしておくべき設定

日本国内でインターネットを利用する場合、WiFi接続の環境があればWiFiを使いますがそうでない場合はモバイルネットワークを利用しているはずです。

いわゆるパケット通信回線のことです。

海外に行く時には、空港で飛行機に乗る前にこのモバイルネットワークをOFFにしておかないと思わぬ高額通信費用が発生するおそれがあるのです。

モバイルネットワークをOFFにするには、「設定」ボタンから「その他の設定」あるいは「もっと見る」というような項目を選択すると「モバイルネットワーク」という項目が出てくるはず。

VPN設定を必要とするルーターをレンタルした場合は、ここの「VPN」から設定します。

この「モバイルネットワーク」を選択すると「データ通信を有効にする」がON

になっているはずですから、ここをOFFにしましょう。

これだけで設定は完了です。

「モバイルネットワーク」をOFFにしておかないと、レンタルWiFiで通信しているつもりがいつの間にかモバイルネットワーク通信をしている!ということになる可能性もありますので必ず設定しておいてください。

もちろん、海外旅行から日本に返ってきたら逆に「モバイルネットワーク」をONにしておかないとWiFi環境がないところではインターネットがつながらないです。

今回、私の中国大連への出張ではイモトのWiFiのおかげで快適にインターネットができました。仕事で使うLINEもGmailもサクサクとつながります。

何より、面倒な設定が一切不要であるメリットは大きいので是非ともおすすめしたいですね。

↓↓↓

海外Wi-Fiレンタルなら<イモトのWi-Fi>新規申込み


sponsored link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Facebook にシェア
Pocket

関連記事


スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする