部品加工依頼における図面のやりとりってどうしているの?

Facebook にシェア
Pocket

手元にある現物をパシャリと写真撮影して

この部品と同じものを作ってください

こんな感じで一行だけのメールを業者に送ったところで、その依頼は門前払いを食らいます。

加工屋
おととい来やがれ!

下手でも何でもよいから図面やイラストを描くということが大切です。

現物を持っているなら、採寸して図面化しないといけません。

採寸できないけど複製してほしいという場合、素材にもよりますが手元にある現物をマスターモデルとして複製する真空注型という方法もあるので参考にされるとよい。

そうでなければ、やっぱり図面は必要。

大きさ、形、素材などの情報がわからないと加工屋もどうしていいかわかりませんので。

図面作成サービスなどを行っている会社もあるようですが利用するかどうかはあなた次第。

また、既製品に細工を加えてほしいというのは加工屋が最も嫌う仕事なので注意しておいてほしい。

別に既製品でなくても、他社で加工したものに追加工してほしいという依頼も同じく嫌がります。

何故なら、もしも失敗した時のリスクがとてつもなく大きいからです。

材料調達からしているものなら、全て自社で責任が取れますが既製品だとそうはいきませんものね。そこを中々理解してもらえないことは多いので多くの個人客にはご理解頂きたいと願うばかりです。

さて、話が逸れましたが部品加工には図面が必要ということにおいて、じゃぁ図面ってどんな感じに描けばいいの?

また、メールで送る時にはどんなファイルで送るものなの?

という疑問があるかもしれませんね。

今回は図面のファイル形式について紹介します。


sponsored link

PDFはメールで送る図面ファイルでメジャーな形式です

何を言ってもやっぱりメジャーなファイル形式はPDFですね。

もう誰もが知ってるというくらいメジャーです。

マイクロソフトのWord(ワード)やExcel(エクセル)でも、ファイルを保存する時にPDFで保存できます。

あとはスキャナーで画像や書類をスキャンする時にもPDFとして保存できます。

自宅にプリンターを購入しておいてある場合は、大抵スキャン機能も付いていると思うので、まずは紙に印刷または手書きしたものをスキャンすればよい。

あるいは、ハンドスキャナーも安く購入できるので出先でスキャンしたい場合は重宝すると思います。

ハンディスキャナー A4 OCR搭載 本・書籍のデータ化(自炊)に最適 ハンディスキャナ モバイルスキャナ [400-SCN012]【サンワダイレクト限定品】【送料無料】

価格:5,480円
(2017/11/11 23:33時点)
感想(129件)

あるいはスマホでスキャンしたいという場合は、スキャナーアプリを使ってみると良い。

CamScanner

CamScanner
無料
posted with アプリーチ

個人的には、やっぱりスキャナーでスキャンする方が綺麗なので便利だと感じるけどね。

加工屋の間でも、図面のやりとりはアナログならFAXですが、デジタルならPDFファイルをメールに添付して送るのが一般的です。

画像ファイル(jpeg、png、gif、bmpなど)は画質が悪かったり、開けなかったりすることもあるのであまり推奨できません。

CADデータで送る場合

最近増えてきているのは、CADデータをメールに添付して送る場合ですね。

個人でもAutoCADソフトやSOLID WORKSなどを購入して、データを作れる人が増えてきた背景があります。

その時に添付するデータですが、使用しているソフトのオリジナル拡張子で送ってはいけません。

CADソフトに関しては無料で使用できるフリーソフトがいくつかあって、ダウンロードできますが、それぞれのフリーソフトで作ったデータを保存する時に拡張子に注意してほしいのです。

拡張子とはァイルの種類を識別するためにファイルの名前(ファイル名)の末尾につけられる文字列のこと。

例えば、sample.pdf だとこれはPDFファイルですし、sample.docx だとWord(ワード)で作ったファイルを意味します。

CADデータの場合、いくつかの拡張子がありますが、ほとんどのソフトで共通して使える拡張子があるので覚えておくとよい。

2次元図面データならメジャーなのは dxfファイル、dwgファイルあたりですね。

AutoCADで作った図面データはdwgファイルで保存されているはず。

他には3次元(3D)データなら stepファイル、IGESファイルあたりがメジャーです。

※他にも拡張子はありますが、これらのファイル形式で保存しておくと「ファイルが開けない!」というトラブルを回避できやすい。

CADデータのバージョンにも注意

CADデータを保存して、加工屋にメールで送る時にもう1つ注意したいのがファイルのバージョンです。

加工屋によって使用しているCADソフトは最新のものかちょっと古いものかバラバラです。

古いバージョンのソフトで作ったファイルを最新バージョンのソフトで開くことは可能な場合が多いですが、逆に最新バージョンのソフトで作って保存したファイルは古いバージョンのソフトでは開けないということがよくある。

なので、できればバージョンを下げて保存してあげると親切です。

dwgファイルのバージョンの下げ方なんか分からない、できないという場合はDWG TrueViewというフリーソフトをダウンロードして使えば、簡単に保存したファイルのバージョンを下げることができますよ。

是非お試しください。


sponsored link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Facebook にシェア
Pocket

関連記事


スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする