糖尿病を予防するための食事を続ける方法

Facebook にシェア
Pocket

健康診断などで糖尿病になる危険性を指摘されると、まずは改善要求されるのが食事内容です。

運動も意識して行うようにしたいところですが、運動以上に絶対的に食事内容を改善しないと糖尿病へのリスクは減ることはないのは間違いありません。

肥満体型の人や、糖尿病のリスクを抱えている人は必ず食事にどこかしら問題があると言っても過言ではありません。

逆に言えば、食事の内容を変えることで健康的な体に戻すことが可能。

人はどうしても「自分だけは大丈夫」という気持ちがどこかしらあるもので、事後に後悔する生き物なんですよね。

是非ともあなたは後悔しないように食事の改善をするべきです。

ただ、食事内容(レシピ)というのは自分で考えるのは凄く面倒ですよね。

ついつい好きな物だけ食べる。

ついつい惣菜など出来合いのものだけ食べる。

ついつい間食してしまう。

こういった偏った行動は特に1人暮らしだとありがちです。

食事内容の改善を継続することができない理由になるのです。

ここでは、面倒な糖尿病予防のためのレシピを考える手間から抜け出す1つの提案をご紹介します。


sponsored link

糖尿病予防のための食事レシピとは

「糖尿病予防のための食品選びのコツ」として大事なことは、カロリーだけじゃないですよ!と以前に書きましたが、それでも多くの人は食材選択を考える時にカロリーを気にします。

テレビや雑誌でも「このボリュームたっぷりのお肉、なんと○○kcal もあるのです!!」なんてよく見かけますよね。

もちろんカロリーも重要ですが、それよりも糖尿病予防の観点からすればGI(グリセミック指数)も超重要なのです。

GIとは食材ごとの血糖値の上がりやすさの指標であり、GIが高い食材ほど食べたら短時間で血糖値が上がります。

糖尿病を予防するためには、血糖値を一気に上げるような食材は極力避けるべきです。

そうでないと膵臓(すいぞう)からインスリンが一気に分泌されるので、体への負担が大きいだけでなく、過剰に糖分を体内に取り込むようになるため肥満にもなりやすい。

それは、インスリンの働きにより過剰に取り込まれた糖分は脂質に姿を変えて蓄積されるからです。

つまり、糖尿病予防のためには血糖値が緩やかに上昇する食材=GI値が低い食材を優先的に選ぶ必要があるということです。

糖尿病予防のための食事療法が続かない理由

本当はジムなどでしっかりと運動することを続けるのが理想ですが、仕事の関係などで時間もそんなにとれないうえに運動が嫌いという人、あるいは事情があって激しい運動ができない人にとっては食事内容で血糖コントロールをはかるしかありません。

ですが、血糖値コントロールのための食材にはどんなものがあるのかとか、どれくらいの量で抑えておくべきかなどを指導してもらったとしても、自分で食事を選んだり、自分で食事を作ったりする場合には段々と面倒になってきます。

何かにつけて人は楽をしたい生き物なので、そのうち食事内容の管理も適当になってくるんです。

RIZAPのように、フィットネスによって体を絞ってダイエットを成功させるものでも、食事コントロールは行われています。

ただ、「糖尿病予防のため」のようなコントロールではなく、自分で何を食べたかをトレーナーと共有することで食事内容を意識し、さらに特異的な運動を行うことでCMで見るような効果が出るのでしょう。

しかし、「糖尿病予防のため」かつ「特別な運動はあまりしない」という状況では、食事においてはRIZAPと同じわけにはいきません。

先ほどにも言及したように、すごく面倒ですがGIを意識した食事メニューが重要なのです。
これこそが、糖尿病予防のための食事療法が続かない理由ですね。
作るのも面倒。

メニューを考えるのも面倒。

だよね。。。


sponsored link

糖尿病予防の食事メニューを考えて用意するのが面倒な人の対策方法

よほど料理を作るのが大好きという人以外は、毎日の献立を考えるのは苦痛かもしれません。

しかも、糖尿病予防のためのメニューですしね。

そんな時にはNOSH 2MONTHプログラムのようなサービスを利用してみるとよい。

元々はダイエットのための料理がコンセプトですが、サイトをじっくりと見れば血糖値の急激な上昇を抑えることで、余分な脂肪を体内に蓄積させないという仕組みを利用しています。

つまり、GIをしっかりと意識したメニュー(料理)を提供し、それを2か月続ければ、余分な脂肪は落とせますよということ。

これは、糖尿病予防のための食事に通ずるものがありますね。

というか、これが理想。
なかなか、自分ではこのようなメニューを毎日毎日考えられないですよ。

もちろん、味がどうしても合わないということもあるでしょうからNOSH 3DAYトライアルで試してみるという手段もあります。

もし、トライする場合は是非メニューをしっかりとメモしておこう!

自分で作る料理の参考にすれば、あとは自己管理で糖尿病予防ができるからです。

ダイエットの中には、絶食したり特定のものを沢山食べたりすることが多いですが、理想的な食事をしている人はそもそもダイエットなんてする必要がないわけです。

つまり、理想的な食事を続けることで余分な脂肪もつかないし、糖尿病の原因となる膵臓への過剰な負担が減るということ。

是非お試しあれ。


sponsored link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Facebook にシェア
Pocket

関連記事


スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする