糖尿病の三大合併症だけじゃない!怖い合併症と対策方法

糖尿病

糖尿病と診断されると、合併症の心配が出てきますよね。

まだまだ仕事も家庭のことも考えていかないといけないのに、自分はこの先大丈夫だろうか?と。

 

糖尿病薬と運動、食事療法での血糖コントロールを強いられるはずですが、今後、合併症が自分の身に起こっていないかを把握するためにも、合併症の事を知っておく必要があります。

無知のまま、症状が出ているにもかかわらず放置するのは非常に危険だからです。

 

糖尿病の代表的な合併症3つを指して『糖尿病の三大合併症』と呼びます。

  • 糖尿病腎症
  • 糖尿病神経障害
  • 糖尿病網膜症

これらは、糖尿病患者に多くみられる合併症なのですが、基本的に共通しているのは細い毛細血管が多い部位が血液中に溢れた糖によって血流障害や血管損傷を受けることで引き起こされる病気です。

 

「三大」と表現しているのは、必ずしも糖尿病の合併症はこれらだけではないということ。

あくまでも、これら3つが最も頻度が高いということです。

なので実は他にも怖い合併症があるのです。

 

糖尿病でなくても起こり得る病気ではありますが、糖尿病であるとさらに起こりやすい病気、それは冠動脈硬化症(狭心症や心筋梗塞)、脳卒中です。

問題なのは、糖尿病でなくても進行する合併症ということ。

つまり、糖尿病予備軍とよばれる境界型の人でも起こるのです。

 

 

また、糖尿病と診断される人の多くがメタボである傾向が強く、血糖コントロールのみならず体脂肪を落とすことも真剣に考える必要がでてきます。

ここでは、それらの合併症と対策について簡単に説明します。

 

 

糖尿病の三大合併症で最も早い時期に起こるのは?

糖尿病と診断されてしまった時、気になるのが三大合併症。

その中でも、最も早い時期に発症するのは糖尿病神経障害です。

 

私たちの体中には隅々にまで神経細胞が存在します。

神経細胞は他の細胞と比べて独特な形をしていて、細胞の一部から伸びた細長い繊維を持っているのですが、糖尿病になり、血糖値が高い状態が続くと体中に張り巡らされた末梢神経がダメージを受け壊れてしまいます。

 

そうすると、神経伝達の働きが鈍くなるので痛覚、触覚などが失われていきます。

 

自律神経が損傷を受けるとさらに事態は悪化し

内臓の機能不良

循環器系障害

腺系異常(内分泌系や汗腺など)

など、体の恒常性の維持が難しくなってきます。

 

これが糖尿病神経障害です。

 

 

 

糖尿病神経障害の初期症状

初期の症状としては、何となく体がジンジンと痛むなぁ、ヒリヒリするなぁという感覚が出ますが、症状が進行していくと神経が壊れてしまい痛覚そのものが失われていきます。

あるいは、立ちくらみ、めまい、味覚障害、排尿困難、勃起障害なども起こります。

場合によっては、末梢神経の損傷が激痛、疼痛を引き起こし、衣服の着替えさえも苦痛になることがあります。

 

やがて、神経細胞が壊れてしまう頃には痛みさえも感じなくなっていき、末梢の血流が悪化することで細胞が壊死し、潰瘍(かいよう)ができてしまいます。

潰瘍とは、細胞や組織の崩壊が内部深くまで到達することです。

 

症状が進行してしまうと治療は大変難しくなるので早めの対策が必要になります。

自然治癒は100%あり得ませんので、適切な治療を受けましょう。

まぁ、何とかなるかなと安易に考えて放置すると、あとで泣く破目になります。

 

 

他の糖尿病の合併症は、症状が進行してから気づくことが多いですが、個体差はあるものの神経障害は早期に現れるのが特徴です。

ただ、進行のスピードや症状の種類などは個人差があります。

 

 

高血糖で糖尿病神経障害が起こる理由

その理由については正確にはわかっていませんが、高血糖状態が続くと細い毛細血管で血流障害が起こりやすくなります。

そうすると、末梢神経に栄養や酸素が十分に届かなくなってしまうため、神経細胞が死んでしまいます。

 

あるいは、血液中に溢れる過剰な糖(グルコース)が化学変化を受けてできるソルビトールという物質が末梢神経に蓄積することで引き起こされるとも考えられています。

 

 

糖尿病神経障害を改善するための対策方法

初期の段階であれば、血糖値のコントロールをしっかりと管理することで時間はかかりますが改善できます。

むしろ、血糖コントロールしかないとも言えます。

 

 

 

糖尿病腎症から人工透析へ

糖尿病腎症は神経障害と違い、自覚症状が現れにくい合併症です。

進行してしまうと腎不全となり人工透析するしかありません。

もう二度と元の状態には戻ることができなくなってしまうのです。

 

実に現在人工透析を受けている患者の4割以上が糖尿病腎症が原因であるとされます。

 

 

腎臓には糸球体と呼ばれる毛細血管が凝縮したものが存在します。

ここでは血液中の不純物、老廃物をろ過し、尿中に排泄する役割を担っているのですが、糖尿病となり血糖値が高い状態が続くと、腎臓の毛細血管が詰まってしまい上手くろ過できなくなります。

 

すると、本来ならば排出するはずの老廃物が排出されず、いつまでも血液中にグルグルと循環してしまいますので、尿毒症と呼ばれる全身で何らかの障害が出てくるようになります。

最悪の場合は死に至ります。

 

 

糖尿病腎症の初期症状

糖尿病腎症の初期では病院の検査ですら判別ができないことが多いですが、少し進行すると尿中にタンパク質(アルブミン)が検出されるようになります。

この段階でもまだ、自覚症状はほとんどありませんが少し血圧が高いかな?と思うことはあります。

 

さらに、尿中のタンパク質(アルブミン)量が増加する頃には、体のむくみを感じるようになり、やがて尿毒症の症状が出始めると人工透析もやむなしとなってきます。

尿毒症の症状としては、むくみ、体のだるさ、貧血、手足の痛み、痒みなどがあります。

 

糖尿病腎症で腎機能が失われ、人工透析まできてしまうと予後は非常に悪い。

人工透析を始めてから、5年後の生存率は50%です。

とにかく、早めの血糖コントロールを徹底しなければなりません。

 

 

 

糖尿病腎症の治療における『三大コントロール』

糖尿病腎症であると診断された場合、その治療にあたっては3つのコントロールが必ず実行されます。

  1. 血糖コントロール
  2. 血圧コントロール
  3. 食事(タンパク質)コントロール

 

糖尿病であるので、血糖コントロールは説明不要でしょうが、腎臓機能の低下に対する厳格なコントロールが必要になるのは血圧と血中タンパク質です。

どうしても糖尿病腎症の患者さんは血圧が高くなる傾向にありますが、高血圧は腎臓にとっても大きな負荷となってしまいます。

ですから、病院では降圧剤なども処方されると同時に塩分摂取の制限が指示されます。

 

 

糖尿病になると、食事療法や運動療法をすると聞いたことがあるとは思いますが、糖尿病腎症が併発した場合、症状の進行具合によっては、運動制限を設けるようになります。

疲労が残るような過度の運動は禁止され、食事においてもタンパク質制限が設けられます。

 

激しい運動による脱水、血圧上昇、疲労物質の血中への蓄積(腎臓機能の低下で排出されないから)、血中タンパク質濃度が高くなることはいずれも、腎臓への負担が大きくなる要因です。

 

何よりも大事なのは食事療法であり、それ次第で腎臓機能の低下を防ぐことができますし、人によっては快方へ向かうこともあります。

 

 

 

糖尿病網膜症の症状と進行速度

日本の失明の原因で最も多い糖尿病網膜症。

発症は糖尿病と診断されてから数年後、長ければ10年ほど経過してからと言われていますが、厳密には自覚症状がそれまで出にくいというだけのことです。

まだ普通に見えているから大丈夫と安心してはいけません。

糖尿病と診断されたら定期的に眼科で眼底検査を受けるべきですね。

 

網膜は眼球の奥にある薄い膜で、神経細胞から毛細血管までびっしと敷き詰められた組織です。

糖尿病になり、血糖値が上がるとこの網膜にある毛細血管が詰まったり損傷を受け、十分に栄養や酸素が行き渡らなくなるのです。

それによって、糖尿病網膜症が引き起こされます。

 

 

初期の症状はほとんどないのですが、進行していくと目のかすみ、視界に黒い点やゴミのようなものが見える飛蚊症などが起こるようになります。

 

網膜では、細い血管が詰まって十分に栄養が行き渡らなくなると、それを補おうと新しい毛細血管(新生血管)が伸びてきます。

新生血管は網膜だけでなく、角膜や硝子体にまで伸びることもあります。

 

余談ですが、昔、コンタクトレンズの長時間装着によって角膜に酸素が十分に供給されないため、毛細血管が角膜にまで伸びることが大きな問題となりました。

そこから、1日使い捨てのコンタクトレンズが普及し始めたのです。

 

 

新生血管が硝子体にまで伸び、そこで出血などが起こると急激な視力低下を招きます。

さらに、網膜剥離など常に網膜症は進行していくと思ってください。

発症するまでに、時間がかかるのですがとりわけ若年者ではその進行速度が速い傾向にあります。

 

 

 

糖尿病網膜症の治療方法

主な治療法は網膜光凝固術と呼ばれるレーザー照射による治療と外科的手術に分かれます。

 

結論から言えば、いずれも進行した網膜症を完治させる方法はありません。

現在、眼科で行われる施術はあくまでも、症状の悪化を防止する目的で行っていることを覚えておきましょう。

 

手術をしたから視力が回復するという期待は持たない方がよい。

むしろ、ほとんどの場合は視力低下が起こると思っておくべきです。

 

網膜光凝固術は特定の波長の光(レーザー)を照射し、病変した網膜を凝固させてそれ以上病気が広がらないようにします。

この治療では、正常な網膜も多少は犠牲にしてしまいますが、網膜全体がやられてしまうのを防ぐためには仕方がありません。

 

 

症状が進行し、硝子体や網膜剥離などが起こっている場合は外科的手術によって治療します。

外科的手術においても、元の状態に完全に戻ることは期待しないほうがよい。

 

 

糖尿病だと併発しやすい狭心症、心筋梗塞、脳卒中

糖尿病で起こりやすい合併症の特徴は、血糖値が高くなることで細い血管が詰まったり、損傷を受けやすくなるために起こるのが共通事項であると書きました。

 

つまり、先に挙げた三大合併症とは別に、血管系の病気も起こりやすいということです。

その代表が狭心症、心筋梗塞、脳卒中といった血管が詰まることで起こる病気です。

これらの病気はある日突然発症し死亡するケースもまれではありません。

 

明日の休みはどこに行こうかな♪と思いながら突然死ぬことだってあるわけです。

悲しいですね。

 

 

特に糖尿病になってしまう人はメタボでもあることが多い。

高カロリーな食生活から、糖尿病以外にも高脂血症、高血圧、痛風といった生活習慣病に罹患していると、ますます血管が詰まりやすくなるので要注意です。

 

対策としては、食事制限と運動が欠かせません。

体重コントロールを意識し健康維持を心掛けることで健康長寿になれるのです。

メタボですよと健康診断で言われているうちは本気になれないのに、糖尿病ですと言われると本気で焦る人が多いのは残念です。

 

メタボは万病の元。

すぐにでも対策を取りましょう。

 

メタボを解消する最強のサプリメント!?何故これが効くのか?
服を脱いだらポッコリお腹が・・・ 会社の健康診断で「メタボですよ」「糖尿の気がありますよ」と指摘されてガックリしているあなた。 家に帰れば、嫁からメタボ腹をなんとかするためにダイエットしなさい!と言われる。 ...

 

スポンサードリンク


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました