部屋の掃除代行ってアリ?疲れたお母さんにイケてるプレゼント!

雑記
3dman_eu / Pixabay

もうすぐ離れて暮らすお母さんの誕生日。

今年は何をしてあげようか。

何を買ってあげようか。

 

色々と悩んだりしますよね。

 

就職して親元を離れるとわかる親の有難み。

一人暮らしを始めたからこそ、家の中の用事ってこんなにあったんだ。

こんなに大変だったんだと気づくこともあります。

 

洗濯に掃除、炊事など。

今までは全部お母さんがやってくれていたっけ。。。

私も思い出します。

 

改めて感謝せねば。

有難う。お母さん。

 

そうやって、人ってまた心が成長するんですよね。

そんな感謝の気持ちをお母さんに伝える手段に迷った時には、掃除の代行を頼んでみるのはどうだろう。

いつもなら、手の届かないようなところを綺麗にしてくれる掃除代行。

意外と自分で頼まなかったりするもんです。

 

 

スポンサードリンク


掃除を代行してもらったらいくらかかるのか?

掃除代行にはいくつかの種類がありますが、普段あまり触ることのないところの掃除をしてもらうのがプレゼントとしては最適です。

 

例えば、お風呂のバスタブを外したところ、排水溝、キッチン周り、換気扇、エアコンなど。

いつもの掃除って、部屋の掃除機かけくらいで済ませたりしますよね。

見えてないところの掃除代行を頼んであげると、きっとお母さんに喜んでもらえます。

 

 

では、実際にどれくらいの予算が必要か。

 

 

掃除代行で最も有名なのがダスキンほづみですね。

ダスキンと言えば、掃除のプロというイメージが強いと思いますが、我が家も掃除をしてもらいましたが、やっぱりめちゃくちゃキレイにしてくれます。

洗剤を付けてゴシゴシと自分でもやるけど、使う道具からレベルが違うんだもん。。。。

 

そりゃあ、キレイになりますわ。

 

清掃内容によって価格が異なりますので詳しくはダスキンほづみのページを見て頂ければと思いますけど、概ね2万円以下ですね。

オプションを付けていけばもう少し必要ですけど、ブランドの服をプレゼントすると思えば安いものです。

 

むしろ、ブランドの服をあげるよりも「私のことを気にかけてくれている」とお母さんに思ってもらえる、感謝の気持ちが伝わりやすいのは、掃除代行だと思いますけどね。

 

 

お金の使い道って本当に難しいです。

高価な装飾品をプレゼントするよりも、たった一輪の花の方が心を温かくすることだってあるわけです。

結局は、自分の気持ちをどうやって伝えるかによるんですよね。

 

だんだんと歳をとったお母さんに、少しでも楽をしてもらいたい。

普段は掃除することができないところもキレイにして、気持ち良い毎日を送ってほしい。

そんな気持ちを伝えることができれば、この掃除代行というプレゼントは成功なんじゃないかな。

 

 

お金がないけど、掃除代行をお母さんにプレゼントしたいなら

就職したけど、まだ貯金も溜まってないし、会社の付き合いなどで色々とお金がかかって、お母さんに感謝の気持ちを込めて掃除代行をプレゼントしたくても、あまりお金がない・・・

 

そんなあなたに朗報です。

 

ダスキンさんよりも手軽に利用でき、1時間いくらというサービスを展開している会社があります。

概ね半分くらいの費用で済みます。

 

それが、【家事代行サービスのキャットハンド】という業者さん。

 

 

残念ながら、東京・神奈川・千葉に限定されているのですが、このエリアなら家事全般から清掃、花の水やりや買い物、荷物の受け取り代行から部屋の換気まで様々なサービスがあります。

お母さんへのプレゼントにどのサービスを利用するかはあなた次第。

 

 

見積りもとれるので、自分の場合はどれくらいの利用料になるのか事前に分かって安心。

初回お試しトライアルもあるので、プレゼントをする前に自分で事前に利用してみるのもよいかもしれません。

 

 

お母さんの笑顔を見るために掃除代行どうでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました