日焼け止めの選び方!迷いが無くなる方法

Facebook にシェア
Pocket

日差しがキツイ夏の季節は日焼け止めが必須アイテムですね!

ところで、あなたは日焼け止めってどんな基準で選んでいますか?

日焼け止めには SPF とか PA が書いてあったり、低刺激で子供にも使えるやつとか色々ありますけど、どれを選んだらいいのか迷いません?

ここでは、日焼け止めの超基本的情報かつ単純明快な選び方を伝授しちゃいます!

日焼け止めをしっかりと塗っておかないと、将来シミだらけの肌になっちゃうよ~

スポンサードリンク


日焼け止めに記載されている 『SPF』 とは

SPFとは Sun Protection Factor の略なのですが、日焼けするまでの時間を遅らせる効果という意味です。

厳密には、紫外線の中でもUVBという光を反射する効果を示しているのですが、UVBは皮膚表面に強い攻撃力を持っていて、シミやそばかすの原因になります。

一言に「日焼けする」といっても人それぞれ個人差があり、日光を浴びてから赤く日焼けするまでに要する時間というものが異なります。

これは、生まれ持った体質みたいなもので、後天的に得られるものではないのですが、 SPFはこの日焼けするまでの時間を遅らせる効果を示したものです。

そう、遅らせるのです。

決して、100%紫外線をガードするというわけではないのです。

これは、仕方ありません。

日焼け止めといえども、完璧ではないのです。

また、SPF は 30 とか 50 という数字で書かれていることが多いですが、これは 30時間、50時間日焼けするのを防ぐという意味ではありません。

本来、日焼けするまでにかかる時間をその数字の倍数だけ延長するという意味です。

例えば、SPF が30 と書かれた日焼け止めの場合、通常、日焼けするまでに20分かかる人なら、この20分を 20分 x 30倍 = 600分(10時間) まで延長するということです。

つまり、長時間太陽の下で活動する人ほど SPF の数字が大きい日焼け止めを選ぶとよいということです。

ちなみに、SPF の MAX は 50 とされていますが、50 以上の効果があるとされるものは 「50+」で表記されています。

日焼け止めの『PA』とは

日焼け止めには SPF の他に PA というものが表示されています。

PA は Protection Grade of UVA の略で紫外線の UVA からどれだけガードするかを表したものです。

PA のレベルは「+」表記します。

  1. PA ++++(非常に高い効果あり)
  2. PA +++(かなり効果あり)
  3. PA++(そこそこ効果あり)
  4. PA+(効果がある)

と4段階になっています。

紫外線の中の UVA という光は UVB よりも皮膚の奥にまで届き、コラーゲンなどを破壊して弾力のある肌からシワなどの多い肌へと劣化させる原因になります。

あるいは、メラニン色素を刺激して肌を黒く日焼けさせます。

しかも、UVA は空に浮かぶ雲や窓ガラスなども簡単に通過してくるので、天気が良くなくても地上に届きやすく、屋内でも注意が必要です。

UVA は一年中安定して降り注いでいると思っておいてもよいくらいです。

こちらも、結局太陽の下での活動時間が長い人は「+」の多いものを選ぶべきということになります。

日焼け止めを選ぶ時の SPF と PA の目安

結局、SPF も PA もレベルの高いものを選んでおけば間違いないということなんじゃないの?

というように思うはずです。

ただ、実際は選び方がちゃんとあります。

そうでなければ、全てのメーカーが SPF と PA が MAX のものしか作らないよね。

なのに、ちゃんと低いレベルのものもラインナップとして用意しているのは理由があるからなんです。

SPF と PA の選び方

SPA や PA のレベルが高いというのは、それだけ強く紫外線を防ぐための成分が配合されているということで、逆に肌への負担もそれだけ大きくなりやすいということになります。

まず、SPFにはその仕組みが紫外線乱反射と紫外線吸収の2パターンあることを知っておこう。

紫外線乱反射のタイプは UVB を物理的に反射する素材が配合されています。

具体的には酸化チタン、酸化亜鉛などの鉱物由来の成分です。

デメリットは塗布時に乱反射材が均一に塗り広げられにくいために部分的に白っぽくなる傾向があること。

日焼け止めとしては、いかに均一に乱反射材を塗り広げられるような工夫がされているかで差がでるかもしれません。

もう1つは紫外線吸収剤のタイプ。

こちらは、紫外線を吸収しやすい成分を配合し、肌の代わりに紫外線を受けてくれるもの。

問題は、紫外線を受けた紫外線吸収剤が UVB のエネルギーによって破壊され時間と共に効果が減少してしまうということ。

また、UVB を受けた後に紫外線吸収剤の分子構造が変化することで、肌に炎症を起こすものになる可能性も否めない点も問題となるため、最近では紫外線吸収剤を使用していないものが主流となっています。

なお、オーガニック成分100%と表示されている日焼け止めの場合、SPF が記載されていないことがあります。

この場合、概ね一桁だと思っておくとよい。

だいたい 5 前後くらい。

なので、SPF としては効果があるかどうか疑わしいレベルになる。

まぁ、塗らないよりマシかというレベルですね。

実際、効果があるとされるのは 30 程度からとされています。

なので、普段使いとかちょっと天気の良い日におでかけする、軽く運動するという場合はSPF が 30 くらいのものを選ぶと良い。

あまり SPF が高いものは肌への負担も大きいし、むしろ普段の通期や外出でそこまでいらない。

PA はできるだけ 「+」が多いほど良い。

日焼け止めを塗るタイミングと塗り直し

日焼け止めを塗る時というのは、大抵が外出する時だと思いますけど、外出の直前に塗っていませんか?

別に家を出る直前に塗ってもいいんですけど、それだと損をしていることになります。

SPF や PA が気になるかもしれませんが、それ以上にどのタイミングで日焼け止めを塗るかの方が大事かもしれません。

理想は外出前の15~30分くらい前に塗っておいて、肌になじませるのが良いみたいです。

女性の場合は化粧をするでしょうから、化粧が終わってから日焼け止めを塗ることになるはず。

中には、ファンデーションタイプの日焼け止めもあるので例外もありますけど、数時間経ったら塗り直しはしておくべきです。

SPF が 30 以上あっても、2,3時間くらいで塗り直しすると効果が高く持続します。

1日2、3回塗り直しをすればよいと思います。

塗る量はケチらずに気持ち多めに塗っておこう。

日焼け止めを使う時の不安要素

強い紫外線から肌を守るために活躍する日焼け止めですが、日焼け止めを多用することで起こる弊害もあることを付け加えておきます。

それはビタミンD不足が起こりやすくなるということです。

ビタミンDは肌に紫外線を浴びる事で作られる栄養素で、骨の形成などに非常に重要な役割を果たしています。

特に女性の場合、更年期に女性ホルモンの分泌量が低下することに伴って、ビタミンDが不足すると骨粗しょう症になりやすいので要注意です。

一週間の半分以上を日焼け止めを塗って過ごす人は、ビタミンD不足にならないように食品あるいはサプリメントで補うようにしましょう。

ビタミンDのサプリメントはドラッグストアでも手軽に購入できますので活用してみてください。

ネイチャーメイド スーパービタミンD 90粒【楽天24】[大塚製薬 ネイチャーメイド ビタミンD]【MEN_J03】【イチオシ】

価格:738円
(2017/7/12 12:17時点)
感想(60件)


日焼け止めおススメ例~用途別~

ミネラルUVファンデ

SPF 50+
PA ++++

1~2カ月分で平均 3,000円程度。

かなり日差しがキツイ炎天下での活動時に効果がある。

ファンデーションタイプ、パウダータイプ、クリームタイプとあって、レジャーで使用したいのか、普段使いに使用したいのかによって選ぶことができます。

女性向けで、どれを選ぶべきか迷ったらサイト内でも選び方を紹介されているのでわかりやすい。

PA は紫外線吸収剤を使用していません。

ホワイティシモ byPOLA

SPF 50 or SPF 30
PA ++++ or PA +++

1~2カ月分で平均 4,000円程度

SPF 50、PA +++ のウォータープルーフタイプは撥水性があって水や汗にも強く、炎天下でのアウトドアにも最適です。

ビタミンCやヒアルロン酸などの美白成分も配合されているのが化粧品会社らしい商品と言える。

SPF 30、PA +++ のクリームタイプは屋外の簡単な運動や普段使いに最適で、最大の特徴は 2歳以上の幼児にもアレルギーテストを実施済みとなっていること。

小さいお子さんがいる場合は、家族で使える高いUV防止効果のある優れものです。

紫外線反射材の酸化チタンは塗りムラが出やすいですが、こちらの商品は塗りムラが出にくい加工を施しているので私のイチオシです。

ラウディ BB&CCクリーム

SPF 35
PA +++

25g (約2カ月分)で2,800円。(初回のみ1,800円)

天気の良い日に屋外で軽いレジャーを行う程度までならおススメ。

女性が化粧で使うBBクリーム、CCクリームのいいとこどりをしている商品で普段使いとしては肌への負担も少なくて最適。

紫外線を反射する酸化チタンを水酸化アルミニウムでコーティングすることで、紫外線による活性酸素の発生を抑制しているのが特徴。

芸能人も結構使っているようです。

HANAオーガニック

SPF 30
PA ++

30ml で 4,000円

普段使いから、軽い運動程度までに使える日焼け止め。

ミルクタイプで肌へ馴染みやすい工夫が施されているので、日焼け止めを塗った後のムラなどが少なく、さらに使用している成分はほとんどがオーガニック成分というのが特徴。

紫外線を反射する成分として配合しているのは酸化チタンですが、コーティング処理によって肌への負担を軽減しています。

塗ると肌が明るくなると評判。

コンビニやドラッグストアに行けば、もっと安い日焼け止めが売っています。

ただ、ここで紹介したような美容成分、美白成分が含まれているものや大人も子供も併用できてなおかつ高い紫外線予防を持つ日焼け止め、あるいはオーガニック成分で構成された日焼け止めは見つかりにくいかもしれません。

あなたがどのような用途でどのようなオプション効果を求めるかによって選ぶものは変わるはず。

是非、自分に合った紫外線予防の日焼け止めを選んでください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Facebook にシェア
Pocket

関連記事


スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする