自動車保険のことを全力で旦那に任せた嫁たちは緊急事態でどうなるのか?

Facebook にシェア
Pocket

こんにちは。

Akimaru です。

私、今年に入って初めて一時停止ミスにより減点を食らってしまいました。

免許取得後10数年。

ずーっと無事故無違反でやってきたゴールド免許証が剥奪です。。。。

これはオリンピックのレース金メダルを取ったのに「あ、ゴメン!今のやり直しね!」って言われるくらいショックな出来事でした。

こんちくしょう!

そんな気分です。

また、地道に頑張るわ。

さて、自動車を運転する時、自動車保険はどうしていますか?

どんな保障内容が含まれているかわかった上で運転していますか?

特に奥様方に多いと思うのだが、意外とこの手の保険関係は全部旦那に全力で任せちゃう♪

というケースね。

こういう嫁たちが、もしもの時に遭遇したらとるであろう行動を考えてみた。

スポンサードリンク

うちの会社の前で車が縁石にぶつけた

まさしく今日、この議題にぴったんこカンカンなアクシデントがうちの会社の前で起こりました。

3月30日は3月終わりということもあり、午前10時の大阪はポカポカ陽気でした。

たまたま、得意先の方がいらしたのですが、あまりにポカポカするもんで会社の前で少しばかり仕事の話をしていたのです。

あ~、ええ天気やなぁ。

せやなぁ。

そうそう、あの仕事の案件でさぁ、うんたらかんたら。

あれこれと話をした後。

ふぅぅ。

さぁて、仕事頑張ろうや!

と切り上げようとしたところ。

ズガガガガ!

ボゴボゴ・・・・

ゴリゴリ・・・

なんとも鈍い音が会社の前の道路でしたわけです。

すると、女性が運転する自動車が左側の前輪、後輪をパンクさせて路肩に寄って来たではありませんか。

車のタイヤの状態は、まさしくこんな感じです。

ご愁傷様。

こりゃ、JAF決定やな。

うちの会社の前の道路って結構狭いんです。

よくすれ違いのために端っこに寄り過ぎて縁石にタイヤを擦っちゃう人がいます。

最悪、今回みたいに豪快に擦りつけてタイヤをパンクさせています。

うちの会社の側ではよくある光景。

そう思いつつも、繰り返しますけどうちの会社の前の道路って狭いんですよ。

それなのに、ダンプカーなんかの大型トラックも通るしそれなりに交通量も多いんです。

なので、路肩に寄って停車しちゃうと大渋滞が予想されるし、他の車に迷惑をかけてしまいます。

すぐさま、私は車の運転手さんに「うちの会社の駐車場にとりあえず入れて!」と誘導。

レッカー呼ばないとね。

テンパった運転手さんがとろうとした行動

車を運転していたのは、30代くらいの女性。

車から降りてきて「え~!!どうしよう?」

「これ、レッカー呼ばないとダメですよね?」

あたふた感が出てました。

とりあえず、落ち着け。

そうすると、電話を忘れてきたようで貸してほしいと。

まぁ、それはお安い御用ですから、どうぞ~とお貸ししました。

すると

「なんだと!?」

ズッコケそうになりました。。。。

で、どこにかけるつもりやったんや?と聞くと「近くの職場です」とのこと。

職場??

まぁ、ええわ。

で、どこ?

とりあえず、スマホで彼女の職場を検索して電話番号を教えてあげました。

何やら電話した後。

彼女はこう言った。

職場の方が来てくれるそうです!

それを聞いた私はこう思った。

呼ぶ人間違ってない??

普通、自動車保険に入っているだろうから、保険会社にレッカー要請するとか、JAF呼ぶとかじゃない?

職場の人はレッカーでもしてる人なの?

このお姉さん、何者?

めちゃくちゃ違和感を感じた。。。

で、さきほどスマホでしらべた彼女の職場情報を見たら、うちの会社の近くにある児童施設だった。

それ・・・・

職場の人来ても問題解決せぇへんやん!!!

何でやねん!!

立て続けにズッコケそうにさせられるとは。

ここは吉本新喜劇とちゃうからな。

とりあえず、心優しい私は温かくその光景を見ていたのです。

会社の駐車場に停車させたまま、一人にさせるのは可哀そうでしょ。

実は携帯電話を配達してもらいたかったんだと

しばらくすると、自転車に乗った職場の方とおぼしき人がやって来て、彼女のカバンを渡しました。

カバンを受け取った彼女は急いでカバンの中からスマホを取り出し、電話をかけました。

「もしもし?あたし」

って、誰にかけとんねん?

「もしもし、あたし?」

ん?

電話の相手は

旦那でした!!

だから、保険会社かJAFに電話するんだってば・・・

あるある。

うん、そうなるわぁ。

って言うよね~

嫁たちは言うよね~

何でか知らないけど、保険関係のことになったらトラブル時に旦那に電話するよね~

流石に温かく見ているとイライラしそうだったので

「自動車保険に入っているでしょ? そこに電話するんやで」

「ロードサービスに加入しているかどうかも確認するんやで、そのための保険なんやから」

と、いらぬお節介が出てしまいました。

すまぬ!

すると。

ということです。

ズコー!!

結局、旦那さんに電話して聞くことにしたみたい。

職場の方にスマホを持ってきてもらったのも、旦那に電話するためだったからのようです。

それにしても、普通は緊急用の保険会社の連絡先を車のダッシュボードとかに入れて置きませんか?

え~?

そんなの、よく分からな~い。

って言う嫁たちは、ちゃんと自動車保険の使い方くらい覚えておこうな。

保険料には敏感なのにねぇ。

自賠責保険と任意保険の区別が出来ていない嫁の多さ

何で車には保険が2つもあるん?

1つでええやんか!

と言う嫁をお持ちの旦那様はきっといると思う。

自動車を購入した場合、中古でも新車でも必ず強制的に加入させられるのが自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)です。

これを無視して、未加入のまま車を走らせると刑罰の対象になるので注意しないといけません。

ていうか、普通は自動車を購入したお店でやってくれます(加入させられる)。

ただし、自賠責保険はその保障範囲が限られているんです。

国土交通省のページに詳しく記載されいるのでチェックしてみよう

→ 自賠責保険ポータルサイト

自賠責でカバーしきれない部分を補うのが任意保険です。

今回のようなレッカー要請なんかも、任意保険サポートの1つですね。

自分の運転スタイルに合わせた保障内容を各社保険会社がラインナップをそろえているので、色々と吟味して選ぶと良い。

とはいえ、結局安い保険会社はどこか?ということが最優先になるであろうことは火を見るよりも明らかだがね。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Facebook にシェア
Pocket

関連記事


スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする