ビタミンCの色は何色だと思いますか?

Facebook にシェア
Pocket

最近、道の駅に行っても、スーパーに行ってもプンプンと甘~い香りに吸い寄せられそうになる Akimaru です。

その甘~い香りを放つ誘惑のかたまりこそイチゴです。

私もイチゴ大好きな3歳の娘がいるので、独身時代よりもイチゴを食する機会が増えました。

イチゴって甘くて美味いよね♪

しかもビタミンCもたっぷり含まれているので、美容にも良いのだ。

ところで、ビタミンCって何色なんだろうかと疑問に思ったことありませんか?

やっぱ、黄色?

さぁ、どうでしょうか。

スポンサードリンク




「ビタミンCの色=黄色」は本当なのか?

ビタミンCってどんなもの?と聞かれると、一般的なイメージは「黄色くて酸っぱいやつ」と答えるのが多いだろう。

その理由は、レモンにビタミンCがたっぷり含まれているというイメージがあるからだとも言われています。

実際にビタミンCのサプリメントなんかを見たらやっぱり黄色が多い気がしますしね。

レモン○○個分のビタミンC!!

こんなキャッチフレーズを見たりしたこともあるはず。

ちなみにレモン1個分のビタミンCは20mgであると、農林水産省によって定義されているようです。

メーカーは○○mgと表記するより、レモン何個分って書くほうが消費者にはズバッと宣伝効果があるからそうしているだけなんですね。

さて、話をもどしてビタミンCの色は何色か?

手元に何かビタミンCの色がわかりそうなものあるかなぁ・・・・

そうだ!

ごそごそとかばんの中を探る。

ありました!

関西人ならCMで天童よしみさんが「なめたらあっかっん~」と歌っているのを観たことはあるはす。

そう、ノーベル製菓株式会社から販売されているVC-3000のど飴です。

袋も黄色。

パッケージに描かれている飴の色も黄色。

もう、間違いなく黄色ですね。

こりゃぁビタミンCの色が黄色で間違いなさそうな雰囲気です。

念のため、袋の裏側を確認してみましょう。

ビタミンCは1粒あたり140mg含まれているそうです。

レモン1個が20mgでしたから「レモン7個分」ということになりますね。

1袋の飴全部でビタミンCは3000mg入っているようです。

これも、ちゃんと袋に「レモン150個分」と明記されているので、やっぱりレモンがビタミンCの基準みたいになっていますね。

じゃあ、せっかくなんで飴の色を実際に開けて見てみるか。

やっぱり黄色ですね。

想定内。

王道の黄色。

緑色だったらどうしようかと思った?

だけど、本当にこのVC-3000のど飴が黄色なのは、ビタミンCの色によるものかどうか信じられません。

何故なら、VC-3000のど飴の「原材料名」のところをマジマジ見ていたら「ウコン色素」というものを見つけたからです。

ウコンってあの黄色いカレーにも使うやつで、成分はクルクミンと呼ばれるポリフェノール類。

食品添加物として黄色色素を呈します。

なので、この色が飴の色ですね。

うっかりビタミンCが黄色をしていると勘違いさせられそうになりました。

あぶねーあぶねー

ビタミンCのサプリメントの色

じゃあ次はビタミンCのサプリメントの色を見てみることにしよう。

念のため。

選んだのはアサヒグループ食品(株)から販売されているDear-Natura(ディアナチュラ)です。

この商品を選んだ理由はとにかく安いから(笑)

見てくださいこの価格。

>ディアナチュラスタイル ビタミンC 60日分(120粒)【Dear-Natura(ディアナチュラ)】

価格:393円
(2017/3/23 08:08時点)

2か月分で400円くらいです。

これ、利益出るんでしょうか?

いらぬ心配をしてしまう。

さて、話が逸れる前に戻します。

実際にこのサプリメントを取り出してみるとこんなカプセルです。

では、おそるおそる中身を拝見。

良い子はマネしないでね。

カプセルを開けるのは、そこそこかたいです。

黄色や。

すげぇ黄色。

やっぱり、ビタミンCは黄色なのか!?

パッケージの後ろに書かれている成分には、さきほどのように「ウコン色素」なんて見当たりません。

成分にあるのは、タンパク質、脂質、炭水化物、食塩、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCです。

観察眼が鋭い人はお気付きでしょうか。

よーく、パッケージを見てください。

あることが書いてありますね。

わかりますか?

そうです。

「ビタミンB2により尿が黄色くなることがあります」と書かれているのです。

実は、ビタミンB2はリボフラビンと呼び、食品添加物にも使用され水溶液は黄色を呈します。

そういうことで、このサプリメントが黄色なのは、ビタミンB2が配合されているからなのでした。

ちゃん♪ ちゃん♪

食品で勘違いするビタミンCの色

これらの例のように、私達が普段ビタミンCを前面に出した食品類を見るときに「黄色」でインパクトを与えるために、実は色素となる添加物を加えているものがほとんどです。

例えば、黄色の色素で使われるものにはウコン色素、ビタミンB2以外にもあります。

ベニバナ黄色、クチナシ黄色、β-カロテン

結局は、私達の購買意欲を掻き立てるためのメーカーの戦略なんです。

ビタミンCの本当の色と効果

薬学部でビタミンCの抽出実験をしたことがある私は、実のところビタミンCの色を知っているのでした~

すまん。すまん。

ビタミンCは、無色(白)。

粉末は白です。

あえて言うならば、ビタミンCは非常に抗酸化作用が強く、光や空気にさらされることで褐色に変色します。

でも、黄色ではありません。

ビタミンCをたくさん摂取したり、肌に塗ると黄色くなっちゃうのでは?と心配される方も多いですが、ビタミンCの摂取で肌が黄色くなることはまずない。

というか、黄色くなったら黄疸とちゃうか!?と心配した方がよいです。

ヒトはビタミンCを自分で作れないからこそ重要

その昔、大航海時代には航海中にビタミンC不足が原因で壊血病で多くの人が死亡してます。

それが原因でビタミンCという存在が突き止められたわけですが、ビタミンCは人間がどんなに頑張っても体内で合成できないのです。

なので、どうしても食事から摂取せざるを得ないのですが、あなたは日々ビタミンCを意識して摂取できていますか?

ビタミンCは化学名をアスコルビン酸と呼び、コラーゲンを作るために必須の成分。

コラーゲンは体全体に分布しており、細胞どうしを繋いでいるのもコラーゲンです。

ビタミンCが不足していると、体の老化が急速に進むのです。

肌のシワやシミにビタミンCが効くとされるのも、ビタミンCは抗酸化力が非常につよい性質をもっており、老化の最大の原因である活性酸素を除去してくれるからですね。

問題はビタミンCが水に溶けやすく、すぐに尿中に排出されてしまうということ。

これは、意識してビタミンCを摂取する他仕方がない。

ビタミンCのガセネタ効果

さて、ビタミンCの効能には様々な説が飛び交っていますね。

最近では、抜け毛(ハゲ)の原因はビタミンC不足という研究報告がメディアを騒がせました。

ビタミンCはコラーゲンを生成するためには必須の成分ですが、抜け毛にはコラーゲン不足が密接に関与しているからだそうです。

それに便乗するかのごとく颯爽と現れた「ビタミンCの育毛剤」などがあるようですが、ビタミンCに発毛効果は認められていません。

ご注意を。

効果があったと、ビフォーアフターの画像で比較している広告もあるようですが、本当はダメなんですよアレ。

薬理効果が実証されていない限り、あたかも効果があるかのごとく広告してはいけないのです。

もう一つ注意。

よく風邪をひいたりしたらビタミンCをたくさん摂ろうという感覚が一般的に広がっている気がします。

でも、これも都市伝説みたいなもんです。

ビタミンCに風邪を治す力はない。

もし、ビタミンCで風邪が治るなら医者が放っておかないだろう。

抗生物質、解熱鎮痛剤に加えてビタミンCが必須になるはずですよね。

時折、アスコルビン酸としてビタミンCが処方されることはあるが、これは壊血病の治療に使う他としては、病気によるストレスを緩和する目的です。

ストレスと名の付くことに対して、ビタミンCは体を守ってくれるのです。

従って、日常的にビタミンCを沢山摂取することで、免疫機能の強化などによって病気になりにくくなるという報告もある。

(効果がないという反対意見もありますが・・・)

それでもやっぱり、ビタミンCは私達の体にめちゃ重要な栄養素です。

摂りすぎても、体が黄色くなる心配もないので是非、ビタミンCをたっぷり摂取し、若々しく健康維持をしてくださいね。

ではでは!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Facebook にシェア
Pocket

関連記事


スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […]  町工場で働く薬剤師ブログ ビタミンCの色は何色だと思いますか?http://anm7242.net/pingye.sakura.ne.jp/2017/03/23/vitaminc/最近、道の駅に行っても、スーパーに行ってもプンプンと甘~い香 […]