便秘が解消方法が知りたいひとは秘薬『秘密のオリゴ糖』を知れ!

便秘健康

日本では慢性的な便秘症に限定した疫学調査は行われていませんが、民間が行うアンケートなどのデータに基づくと、女性の6~7割が便秘症状があると答えています。

 

あなたの周囲にも同じように「お通じが・・・」という悩みを抱えている女性はいるはずです。

便秘薬を飲まないと出ないという人も多いですが、センノシドなどの便秘薬の常用化は腸の細胞に悪影響を与えるということを覚えておくべきです。

そのうち、腸の活動が著しく低下し、便秘薬を飲んでも出ないという顛末を迎えることになるでしょう。

 

テレビでも度々、便秘解消テクニックなどが紹介されていますね。

そのたびに試したりしているのではないでしょうか。

〇〇を食べると良いとか、○○運動を続けるとよいとか。

 

しかし、便秘に悩んでいるという人に限って、ヨーグルトも食物繊維もオリーブオイルも便秘解消運動もあれこれ、あれこれ全部試したと言うのです。

それに、テレビで紹介された方法は確かに効果はありそうなものの、三日坊主で終わってしまうような方法だって少なくはありません。

 

 

便秘は女性の永遠の健康テーマであるがゆえに、三日坊主で終わらない簡単で続けられる方法であることが重要です。

 

20~40代の女性では、仕事や家事、育児が忙しくてイライラすることが多かったりします。

不規則な生活、水分不足、運動不足を自覚している人もいるかもしれません。

 

 

便秘の症状が出てしまうのは、腸内環境が良くないからということを理解している人は多いですが、どうすればよいか分からない人も多い。

また、意外と知られていないことですが、腸内における善玉菌の勢力は加齢と共に低下してしまいます。

 

 

若年~中年くらいまでの世代と比べて、70代以上の女性では便秘の割合が2倍くらいに増えます。

男性でも高齢者になると便秘症状を持つ人の割合が女性とほぼ同じになる。

これは、腸内の善玉菌の活動が低下しているからです。

 

 

つまり、便秘を本当に解消したかったら、善玉菌の活動をいかに活発にしてあげることができるかにかかっていると言えるのです。

では、どうすれば善玉菌の活動を活発にできるのか?

 

善玉菌の活動を上げるために、絶対に忘れてはいけないものこそがオリゴ糖なんです。

 

オリゴ糖は腸内に住む善玉菌のエサになる大事な栄養素です。

このオリゴ糖を上手く食べることができていないと便秘になる確率が高くなります。

でも、オリゴ糖って種類がいくつもあること知っていますか?

 

実は、便秘の解消が上手くいかないと悩む人のほとんどが、オリゴ糖でミスってるのです。

そこを今回のテーマとしてみました。


sponsored link

便秘を解消してくれる救世主はやっぱり腸内細菌!

 

今更なんだけど、やっぱり腸内細菌が便秘解消の鍵を握っていることは間違いありません。

腸内細菌(腸内環境)さえ良くすれば、8割は便秘が解消されます。

これは断言できる。

 

その証拠に、便秘で悩んでいる主婦の99%は腸内環境が良くないです。

 

生まれつきお腹の中の環境が良くないという人がごくごく少数いて、体調不良やうつ病、不眠症などに悩まされているのですが、そういった人たちのお腹の中に、健康で快便な他人のうんちを移植する「便移植」というものが医療機関で行われることがあります。

便移植をすると、何と移植された便の中にいる菌がお腹に住み着いて腸内環境が改善されるそうです。

 

これは菌を移植するという考えというよりは、菌のバランスが整った環境を移植するという考えの方が正しいです。

 

この治療は、誰でも受けれるわけではないですし、うんちのドナーも限定されてしまいます。

でも、善玉菌の活動が活発になることで劇的に改善されることが証明されている例の1つでもあります。

だから私たちもヨーグルトに含まれる乳酸菌を摂取して腸内の悪玉菌の数を減らそうとすること自体は正解だと言えるんです。

 

「どのヨーグルトがいいのか?」ということにやたらと悩む人がいるが、善玉菌を増やすために特定の乳酸菌が絶対!ということはないので、心配はいらない。

むしろ、善玉菌であるビフィズス菌も悪玉菌も腸内には常に住んでいるからです。

これらを常在菌と呼びます。

 

 

「ヨーグルトを摂取することで腸内環境を整える」という行動は、あくまでも腸内に常在する善玉菌の働きをサポートするためであって、摂取した乳酸菌を腸内に定着させることではありません。

というより、ヨーグルトで摂取した乳酸菌が腸内に定着するということは未だ確認されていません。

だからこそ、すでにあなたのお腹の中にいる乳酸菌を含む善玉菌を活発に元気にしてあげなきゃダメなんです。

 

腸内の善玉菌の働きを強くする「2大サポート」

腸内の善玉菌の数を増やし、悪玉菌を減らすためにしなければならないことは、善玉菌の活躍を自分でサポートしてあげることです。

善玉菌のサポートは大きく2つあります。

 

1つ目は、乳酸菌などの増援を腸内に送りこみ、悪玉菌に数で勝負すること。

2つ目は、腸内に常在する善玉菌1つ1つの戦闘能力を上げること。

 

 

それぞれの方法には弱点があります。

 

まず、乳酸菌という増援を送り込む作戦の場合。

そもそもが、常在する善玉菌のパワーが強くなったとかではないので、乳酸菌の増援を止めてしまうと結局は悪玉菌が再び盛り返してくる可能性が高いということです。

 

ヨーグルトなどで乳酸菌を継続的に摂取しないといけないことと同時に、善玉菌であるビフィズス菌のパワーを高める食事内容を考えないといけないことです。

何よりコスパがあまり良くないということが最大のデメリットかもしれません。

ヨーグルトって結構高いですからね。

 

 

もう1つの方法として、腸内に常在する善玉菌の1つ1つのパワーを上げ、悪玉菌を減らすためには、善玉菌を育てないといけません。

これこそが超おススメの方法です。

 

自分のお腹は自分の菌で守る!!です。

善玉菌であるビフィズス菌を育てるには、ビフィズス菌にエサとなるオリゴ糖を与えることが重要です。

 

「腹が減っては戦はできぬ」と同じで、食い物がなければビフィズス菌は弱ってしまいます。

 

ところが、エサを与える時に実は失敗している!ということがある。

お腹の中には複数種類のビフィズス菌がいるのだが、エサとなるオリゴ糖にも種類が複数あるのです。

 

私たちだって、食べ物の好き嫌いがあるじゃないですか。

あれと同じようなもので、ビフィズス菌だって好き嫌いがあるんです。

つまり、便秘になっている人の多くは、それぞれのビフィズス菌が好む適切なエサ(オリゴ糖)を与えることができていないのです。

 

便秘薬を使い続けることへの懸念

腸内に住むビフィズス菌を育てることが重要であることは確かですが、それでも一朝一夕に便通が完全に改善されるかどうかは個人差があるでしょう。

そのため、一時しのぎとして市販薬の「下剤」に相当する便秘薬を使うこともあるかもしれません。

 

下剤に使われる薬の成分はセンナという薬用植物に含まれるセンノシドであり、腸の運動を活発にさせて、うんちを肛門へ押し進める作用を持ちます。

だけど、あくまでも強制的な運動でしかありません。

この下剤を使い続けることで、便秘が自然と改善されることは無いと思ってください。

 

一時しのぎには変わりありません。

 

それよりもやっぱり、腸内環境を整えることの方がよっぽど大事です。

 

善玉菌(ビフィズス菌)の最も大事なエサ

ビフィズス菌はヒトの腸内に分布しないものも含めると非常に多くの種類があります。

ヒトの腸内に常在菌として存在するものでも数種類ある。

 

分布の場所を問わず、ビフィズス菌はオリゴ糖を分解して酢酸を作ることで腸内の善玉菌が活動しやすい環境をつくります。

また、ヒトが必要とするビタミン類も生成するので、私たちにとっては欠かせない存在なのです。

 

生まれて母乳を飲む赤ちゃんのうんちには、大人に比べて沢山のビフィズス菌が存在することが有名ですが、これは、赤ちゃんが飲む母乳にオリゴ糖がたっぷりと含まれているからです。

 

オリゴ糖とは、単糖が2つ以上結合して連なったものを指しますが、その種類も多い。

スクロース、トレハロース、ラクトース(乳糖)、マルトースなどが有名ですが、もっとある。

 

ただ、腸内に住む数種類のビフィズス菌それぞれが、どのオリゴ糖を好むのかはバラバラなのです。

 

網羅的にお腹に住むビフィズス菌へエサを届ける方法

ビフィズス菌にオリゴ糖の好き嫌いがあることは分かった。

じゃあ、どうやってその ”好き嫌い” を網羅的にカバーして、全てのビフィズス菌の働きを活発にするかが問題です。

 

とりあえず、オリゴ糖をたっぷりと含む食品を探ってみると色々と出てくる。

 

バナナ、きな粉(豆類)、ごぼう、玉ねぎ、ハチミツ、ニンニク、ライ麦、ヨモギ、ネギ

 

テレビで観たことがあるなぁと感じませんか?

とりあえず、完全ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖を完全カバーしたければ、これらの食品を含めた栄養価の高い食事を続けることです。

もちろん、1種類ではなく色々な種類の食材を入れ替えとっかえ食べるのです。

 

どうでしょうか?

 

難しくないですか?

 

「そんな規則正しい食生活ができていればやってます!」と言いたくなりますよね。

今更、食生活なんてすぐに改善できるわけもありません。

だから、テレビの情報は効果があるのかもしれないけれど、続けられないのです。

 

 

しかし、そんな問題を一発爆速解決するためにあるのがカイテキオリゴです。

これは、お腹の中の善玉菌が最も効率よく利用できるオリゴ糖。

カイテキオリゴを使うことで、お腹のズッシリした感じがなくなるし、肌の調子がよくなるならスキンケアにかけるお金も節約できているという声もあります。

 

この商品、オリゴ糖としては全国売上日本一(1分間に1個売れてる計算になる)。

おまけに、食品関係の賞として有名なモンドセレクション金賞をオリゴ糖とし世界で初めて受賞しています。

 

カイテキオリゴが便秘に効く理由・使われる理由

腸内の善玉菌は1種類ではありません。

少なくとも30種類以上は存在しており、それぞれが好むオリゴ糖の種類も異なります。

 

普通にバナナとか納豆とかを食べるだけでは、一部の善玉菌しか活動が活発になりません。

その理由はオリゴ糖の種類がどうしても偏ってしまうから。

 

しかし、カイテキオリゴには厳選された複数種類のオリゴ糖が配合されており、それぞれが善玉菌の良質なエサになる。

そのため、高い確率で腸内環境の悪化による便秘を解消してくれるのです。

 

 

そして、何よりも問題なのが継続性。

便秘解消に向けて気合を入れる必要もありません。

何か特別なことをし続ける必要もありません。

 

ただ、カイテキオリゴを日々の食事に混ぜればよいだけです。

例えば、朝や昼過ぎにコーヒーを飲む習慣がある人は、コーヒーに砂糖を入れる感覚で入れてもよい。

夕飯の料理やスーパーで買ってきたお惣菜に加えても味が邪魔することもありません。

これならば、気負うことなく続けられるはずです。

 

 

カイテキオリゴを使うことで、今まで費やしてきた『便秘に悩む時間』さえも、一気になくなります。

トイレに10分も20分もこもって格闘する必要もなくなります。

便秘が解消すれば、お腹の痛みや膨満感も無くなり、さらには荒れていた肌の調子も良くなるでしょう。

 

腸内環境が良くなるということは、免疫力の向上も期待できますから、今まで風邪をひきやすかった人も強い体になるでしょう。

 

さらに、腸内細菌が不眠症、うつ病、痴ほう症に深く関与していることも分かっています。

これは、腸内細菌が作り出すセロトニンなどが脳に作用しているからです。

腸内環境が悪化している人にうつ病が多いのも調査で分かっています。

 

このように、腸内環境を改善することは便秘のみならず、様々な良い効果をもたらしてくれるということです。

もしも、あなたが腸内環境の改善に今まで失敗続きだったというのであれば、カイテキオリゴを試してみる価値はあるでしょう。

 

→ カイテキオリゴの公式サイトはこちら

もちろん、Amazonでも販売されています。


sponsored link

タイトルとURLをコピーしました