子供を深夜に連れまわしている親の神経が理解できない件

Facebook にシェア
Pocket

3歳の娘をもつ親父の Akimaru です。

最近、娘の発言を聞いていると成長しているなぁと思うことが増えてきました。

子供は子供ですけど、1年で大きく出来ることが増えていく姿はオッサンの私からすれば羨ましい限りで小さな嫉妬さえも・・・ウソ!ウソ!(笑)

さて、子供は小さいうちからある程度規則正しい生活をさせることが親の責任でもあると思っています。

朝の起きる時間。

夜寝る時間。

食事の時間。

お昼寝の時間。

とにかく、大人以上に子供の1日のタイムスケジュールは一定の範囲内で行うことが望ましい。

それは、脳の成長に大きな影響を与えるからです。

特に睡眠の時間は子供にとって、体の成長と脳の成長の両方に強い関連性があることを親は覚えておかなければなりません。

なのに、最近、ちょっとそれはないんじゃないか?と思うような光景を目にすることも多いので愚痴ってみたいと思います。

スポンサードリンク

22時以降に飲食店へ3歳の子供を連れてくる親の頭はどうかしてる

先日、仕事の関係で夜遅くなり自宅に帰る前に外食で済ませることにした。

腕時計を見ると時刻は22時

はぁ~。

働く大人は辛いね!

今は夜遅くまで営業している飲食店は多く、私の近所にも24時間営業の店はあるので有り難い限りです。

まぁ、私は夜中の12時前後になって夕飯を食べに行くことはなく、どうしてもって場合でも22時までには仕方なしにコンビニなどで ”とりあえず” 済ませておくようにはしている。

だって、夜中の食事は健康に良い面は微塵もないからね。

肥満と病気の元凶でもありますよ。

今回は近くのラーメン屋さんで済ませることに。

もう、ささっと食べて帰って風呂に入ろうかと思います。

22時のラーメン屋で子供のキャピキャピ声が聞こえてきた

私がラーメン屋さんで注文をしてから数分後。

お店の自動扉がヴィーンと開いたと思ったら、小さな子供のキャピキャピ声が!!

えっ!?

そう思ってチラ見をすると ”いかにも” って感じの夫婦が3歳、4歳くらいの子供二人を連れて入って来ました。

私は思わず時計の時刻を確認しましたね。

おいおい!

この時間に子供を連れてラーメンを食いに来るか?ふつう。。。

あなたならどう思いますか?

私なら、間違いなくあり得ない。

3歳の娘を連れて、22時にラーメン屋に来るなんてできません。

所詮、他人の子供なので余計な口出しはしませんけど、子供のためにも良くないと思いますよ。

子供は21時になったら寝かせろ!

ラーメン屋だからダメとかいう問題ではなく、親として子供の健全な成長を想うならば夜は21時になったら寝かせるべき。

「まだ眠たくない」と子供が言っても、寝かしつける動きは絶対必要。

うちの場合は妻が子供と一緒に20時から21時の間に布団に入ります。

最初は眠たくないとか言っていても、布団に入って横になっていると子供は寝ます。

親が横で一緒に布団に入っていると寝ます。

これは絶対。

それが、夜遅くまで自由にさせていたり、ましてや22時から食事に外に連れ出すようなことをしていると、我が家と同じことをしたところで「子供が寝ない!」という状況にさえなってしまうのだ。

体内時間がズレてしまうのでしょう。

幼児にとって最低限確保しないといけない睡眠時間は9~10時間

その後、小学生になるころには8時間くらいになります。

ということは、夜21時に寝て、朝6時に起きれば理想的なんです。

遅くとも22時までに寝かせて、朝は7時に起きると良い。

だいたい、22時くらいから子供にラーメンを食べさせてから、一体何時に寝かせるんだろう?

まさか、食ったものが消化しきれないうちに寝かせるわけじゃないだろうな。

こういうことをする親ってのは、もう自己中なんだよ。

子供よりも親である自分たちの時間で生活しているのね。

バカですね。

子供ができたら、小さいうちは ”子供の時間” に合わせて生活スタイルを変えないとダメだ!

そうじゃないと、子供はその時間軸が普通だと勘違いしてしまいます。

とりわけ子供の睡眠時間の確保は学習能力にも大きな影響を与える。

ちゃんと規則正しい睡眠がとれている子供は、順調に成長する。

もちろん、能力の個人差が遺伝的にも環境要因的にも出ることは確かであるが、その子が潜在的に持っている能力を引き出せるかどうかは親の責任だってあります。

子供を ”育てる” という意味を知らないバカ親に不安を感じる

親は生活の面で、正しいこと、間違っていることの分別を子供に教え育てる義務がある。

分別って言ってしまうと、細かい議論が起こりそうだが、誰が聞いてもそれはおかしいだろと思えることはあるはずです。

人の物を盗んではいけません。

人を傷つけてはいけません。

電車の中では騒いではいけません。

などなど。

当たり前を当たり前として教えるのは、学校の先生ではなく、親の仕事。

それくらい、ちゃんと教えているわ!!

と罵倒されそうだが、そんな言葉も22時のラーメン屋に子供を連れてきた時点でアウトでしょ。

親は言葉よりも行動で子供に示せとはよく言ったもんです。

親の知らぬうちに、子供は背中を見て育つわけです。

親の口癖が子供にうつるのも典型的な例ですね。

喋り方がよく似てくるのは、子供が親である自分をよ~く見ているからです。

うわっ!私にそっくりなクセがあるなこの子!!

と子供を見て気づく日もきっとあるだろう。

そういったこともあるので、小さいうちは22時を回ってから外食をしに連れまわすようなことはしないでおこうね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Facebook にシェア
Pocket

関連記事


スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […]  町工場で働く薬剤師ブログ  8 shares 1 user子供を深夜に連れまわしている親の神経が理解できない件http://anm7242.net/pingye.sakura.ne.jp/2017/02/11/parents-psychology/3歳の娘をもつ親父 […]

  2. おじさん より:

    深夜0時過ぎに駅前から居酒屋へ入って行くところを私も見かけました。
    眠そうなのに可哀想でしたね。