ガソリンスタンドを比べる前に自分の『ダメ運転』を改めたらどうだろう?

日常
ginu / Pixabay

毎朝、車で通勤している Akimaru です。

冬になると、奈良県の我が家から職場である大阪までの道中がかなり冷え込みます。

 

道路標示されている気温は0℃どころか、-2℃とか -3℃を指していることもあるので、この寒さは身にこたえます・・・

やっぱり、夏生まれは寒さに弱いってあるのかな。

ちなみに、私は7月生まれなのでバリバリの夏男で~す。

 

さて、今回は車の運転に関する愚痴ガソリン代にやたらとうるさい人への意見を書かせてもらおうと思う。

また、ちょっとイラっとすることがあったもんで。。。

 

スポンサードリンク

 

早朝のドライバーの運転マナーは最悪

 

私は毎朝家を出る時間が6時くらいになる。

早い日は5時台には家を出ます。

 

会社では始業前に色々と書類整理したり、準備をしたり、ちょっと静かに1人で休憩したりするので。

 

 

問題は会社に行くまでの運転です。

 

早朝の道路は、まるで暴走車か?と思うような運転をしている人が多すぎます!

 

何をそんなにぶっ飛ばす必要があるんだ?とヒヤヒヤするくらいの運転主がゴロゴロいるのです。

 

例えば、片側1車線の道路で蛙飛びするかのように、前の車を追い越し追い越ししながら前に進む車。

片側1車線ですから、追い越しする時に反対車線に対向車が来ていたら正面衝突ですよ。

危っぶね!!ってつい声が漏れる様子は何回も見ています。

 

時々、追い越そうとしたところに対向車が来て、慌てて元の車線に戻る様子を見ると

馬鹿じゃないの?って言いたくなる。

いつか事故を起こすよアレ。

いっそのこと自爆すればいいのに。

 

 

煽り運転するヤツは馬鹿なの?

他にも、めちゃくちゃ煽るヤツね。

あれ、めちゃめちゃイラっとするからやめてほしい。

急ブレーキ踏んだろか!

 

あと、煽っているのかどうかは知らないけど、大型・中型トラックも結構後ろギリギリについてくるよな。

あれは何でなん?

すんごい、威圧感あって気分悪いんですけど。

 

運転免許を取得する時に「車間距離はあけましょうね!」って教わっただろ。

 

それにしても、何のために煽るの?

こんな運転するのは一部のアホな日本人だけやで。

 

 

煽りに煽った挙句、追い越してぶっ飛ばして行ったと思ったら、信号待ちしてやがんの。

結局、追いついたわ(笑)

ほんとに「狭い日本、そんなに急いでどこへ行く?」でっせ。

 

たかだか、10分、20分の時間短縮のために猛スピードで走るメリットと、死亡事故を起こして死んでしまう可能性のデメリットを天秤にかけろよと思うのだ。

正直、迷惑。

 

煽り運転は誰も得しないからやめようね。

 

 

ギリギリの追い越しは超危険

もういっちょ。

高速道路とかで多いんだけど、追い越していく車がいるでしょ。

まぁ、速度出しすぎ!ってツッコミたくもなるんだけど、それ以上に追い越しをギリギリのところでするヤツ!!

そこになおれ!!

 

ほんま、危ない。

 

当たるか、当たらないかギリギリで追い越していくヤツやで!

追い越すなら、もっとゆとりを持って予め車線変更しとけ!

 

 

指示器出さずに急に曲がるヤツ!ぶつかったら責任取れんの?

前に走っている車が急に右折することがある。

それも指示器を出さずに。

そんで、曲がりかけて急ブレーキな。

 

アホォォォ!!ってつい叫んでしまう。

 

ぶつかりそうになるんですよ。

おそらく、運転主は「あっ!ここ曲がるんやった!」って急ハンドルを切ってるのかもしれませんが、後ろの車のこと考えてくれます?

これ、車間距離とらずに煽り運転している馬鹿が後ろやったらぶつかるで。

 

 

もっと危ないのは、対向車線の車が急に曲がってくるパターンね。

これ、こっちが待ってくれると勝手に思い込んでるんやろうけど、指示器くらいは出せよ。

まさか曲がってくるなんて思わんだろ!

 

 

レース場のごとく疾走する馬鹿ドライバーは捕まればいいのに

うちの近くに片側2車線の割と広い道路があるのですが、数kmの間で熾烈なレースみたいな状況になっているのをよく見る。

おバカな運転主が多すぎ!

 

1車線が2車線に広がるところがあるんですが、もう後ろについてくる車がウズウズしているのをバックミラー越しに感じることもあります。

もう車線の右側いっぱいに寄ってるもん。

追い越す気満々なわけ。

 

そして、2車線になった瞬間に、おそらく時速100~120kmくらいは出しているだろうと思うような猛スピードで走り出すんですよ。

 

普通に走ってたらドギューン!!って追い抜いて行くので、めちゃびっくりします。

 

でも、やっぱり結局は先の信号で追いつくんだよね。

追い越して猛スピード出していた車が前で信号待ちしてます。

 

ただただ危険運転でしかありません。

おまわりさんはこういうヤツらを捕まえるべきです。

超危険運転スポットですから。

 

 

とにかく、こういう危険な運転をするドライバーは早朝と夜中の交通量が比較的少ない時間帯になると増えます。

日中は大人しい運転をしている人も、この時間帯になると豹変することがあるらしい。

そんなに飛ばしても、時間の節約にはならんからな。

 

事故で死ぬ確率が上がるだけだぜ!

 

ふぅー。

ちょっとスッキリしたわ。

 

 

ガソリンスタンドを1円、2円の差で比較しまくるのは無意味

 

時々、あそこのガソリンスタンドは1円安いで、2円安いでってよく言う人がいる。

レギュラーガソリンはここ数年、平均して100~140円/Lで推移しているけど、自分が住んでいる地域にあるガソリンスタンド間で1リットルあたり10円以上安いガソリンスタンドなんておそらくないと思う。

 

だいたい、1円、2円の差があるくらいでしょ。

 

ガソリン代を節約するために、1円でも安いガソリンスタンドを探すっていう人に限って燃費の良い運転を心掛けてなかったり、ないがしろにしたりするのです。

先ほど書いた運転マナーの愚痴に出てくるような運転をする人は特にそう。

 

ガソリンスタンド探しに神経を使うよりも、運転の方法を考える方がよっぽど経済的に良いということに気付いてないのか?

 

試しに、計算してみようか。

 

 

仮に、以下のような人がいたとしよう。

A:燃費10km/Lの運転をする人

B:燃費15km/Lの運転をする人

 

走行距離が50kmなら、必要なガソリンは

Aが5Lで、Bが3.3L

 

ガソリン代は1Lあたり100円ならAが50kmを走るのに500円必要
Bは330円なので、差額は170円ですね。

なんだそんなもんかと思いましたか?

 

ツメが甘いね。

もう少し、別の角度から計算してみよう。

 

 

仮に、車の給油タンクの容量が40Lだとすると、一回の給油で最大ガソリン代は100円/Lの場合4000円かかりますね。

走行距離で考えてみると
燃費が10L/kmの走り方だと、400kmが限界。
15L/kmの走り方だと、600kmが限界。

 

総走行距離にしても、200kmの差が出るわけですよ。

200kmって遠いですよ!

大阪府ー岡山県の距離ですわ。

月に2回給油するなら、差は400kmにもなる。
こうなると、大阪からなら、広島まで余裕で行けるかも。

ガソリン価格が仮に100円/Lとして400kmを走るのに必要なお金は

燃費が10km/Lの場合はガソリンが40L必要なので4,000円

燃費が15km/Lの場合はガソリンが26.7L必要なので2,670円

差額はなんと1,330円です!!

つまり、月2回の給油だと燃費5km/L違えばこれくらい差額が出るってことです。

次に、月間1000km走るで!って場合を想定し、ガソリン代を節約しようと1円でも安いガソリンスタンドを探すメリットはあるのかを計算してみよう。

ガソリン代が1L100円ならば1000km走るのに必要なガソリン代は

燃費が10km/Lの場合はガソリンが100L必要なので10,000円

燃費が15km/Lの場合はガソリンが66.7L必要なので6,670円

 

差額は3,330円

じゃあ、ガソリン代が105円/Lに値上がりしたら、同じく1000km走るのに必要なガソリン代は

燃費が10km/LのA場合はガソリンが100L必要なので10,500円

燃費が15km/LのB場合はガソリンが66.7L必要なので7,004円

差額は3,496円

 

たいして変わんねー!!

つまり、一定の距離を走るためにガソリンスタンドに提示されているガソリン価格が1円、2円安いところ探す暇があったら、ちょっとでも燃費が良くなるような運転の仕方を心掛ける方がよっぽど、ガソリン代の節約効果があるってことです。

しかも、燃費が良いってことは、それだけ給油に行く回数も年間で少なくなるってことです。

 

ハイブリッド車がいいとか、ガソリン車はダメとかいうのではなく、運転の仕方ですよ!!

 

燃費の良い走り方をみんながもっと意識すれば、それぞれのお財布にも、町の交通環境にも優しい世界が待っているのだ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました