えべっさん(十日戎)で今宮戎神社に1年の商いの始まりを願いに行ってきた

お出かけ

毎年1月9、10、11日は商売繁盛を願い祈る行事で私も「えべっさん」にお参りに行くのだ。

9日を「宵えびす」

10日を「本えびす」

11日を「のこり福」

と言う。

 

「商売繁盛、福もって来い」って掛け声がこの日は周辺で響く。

 

どの日に行くのが一番よいとか、あまり関係なくて昨年、1年間有難うございましたと業績が良くても悪くても行く。

そして、必ず笹を授かって縁起物の飾りをつけてもらうのだ。

 

人によっては、その後に周辺の屋台で売られている、熊手飾りなどを購入することが恒例行事となっている。

 

近畿圏では兵庫県の西宮戎神社や大阪の今宮戎神社が有名です。

私が毎年行くのも今宮戎神社。

 

今年は1月9日(月曜日)が成人の日で祝日でもあったので、人は多いだろうなぁって思いながらも折角の休みなので「宵えびす」を頂きにいってまいりました~。

今宮戎神社の所在地と交通アクセス

 

「えべっさん」が開催されると、今宮戎神社周辺の空気はがらっと変わる。

あちらこちらに、古い笹を持った人や新しく青い笹をもらって歩く人も見かける。

 

いつもは感じることのできない、人の熱気と方々の屋台から漂う美味い香りが充満しているのだ。

腹ペコで訪れると、屋台の香りは誘惑のかたまりと化す。

 

さて、今宮戎神社の所在地だが大阪市浪速区というところにあり、最寄り駅は南海本線の今宮戎駅になるが、難波駅(南海、近鉄・阪神、JR、地下鉄)や地下鉄堺筋線の恵比寿町駅からでも歩いていくことは十分可能。

道中に屋台がズラリと並ぶので歩くのも楽しい。

どうしても車で行きたいというのなら、今宮戎神社周辺は停めることが難しいのでなんばパークスに停めるか、周辺のコインパーキングを探すしかない。

ただ、やはり混雑するので空きがないかもしれないので電車で行くことをおススメする。

 

 

えべっさんで戎神社に入るルートを間違えたらあかんで!

 

電車で行くにしても、車で行くにしても今宮戎神社にお参りする時は必ず入り口から入らないとダメだ。

裏には出口があるのだが、裏口の方が空いているからといって横着すると福が逃げる。

 

周辺には「参拝ルート」や「お帰り口」というような案内があるので、周辺の地理に詳しくない人はそれに従うのが無難です。

 

今回、私は夜7時くらいに現地に行き、先にテーブルとイスがある屋台を探し、から揚げやかす汁、おでんなどで腹ごしらえを済ませたあとに参拝することにした。

そうすると、夕飯が終わる頃には午後8時半を回っていたのでヤバイなぁと感じたのだ。

 

だって、人が最も多くなる時間帯だから。

 

5年以上前は、会社を抜けさせてもらって夕方の4時くらいに行くことで、けっこうスムーズにお参りできたのだが、ここ数年は夜に行くようになったことから超混雑した人ごみに揉まれながらの参拝を経験している。

 

えべっさんは1月9、10、11日と夜通し開催されているので、真夜中でもお水系のおねえさんやおにいさん達が多く訪れる。

 

 

ちなみに、前年に貰った笹や飾り、そのたのお守り、熊手、破魔矢などは収める箱が設置されているので、参拝する前に先に入れておきます。

どうしても、参拝時は人ごみの中に行くので手持ちの荷物が多いと邪魔になりますから。

 

 

お賽銭は115円(いいご縁)?

 

今宮戎神社の境内には正面に石の鳥居がある。

みんなそこをくぐろうと必死になり、行列を作る。

なので、正規ルートでお賽銭を入れようとするとこんな風に人の壁がたちはだかってしまう。

 

この日も鳥居の前に並んでしまうとお賽銭を入れるまでに1時間半足踏みするようなことになるよって係りのおじさんが言っていました。。。。

 

ヤベー

 

明日も朝から普通に仕事ですし、終電に間に合わないってことになると困るので、御利益が薄れるかもしれないがサイドから攻めさせてもらいまっせ!

ということで、鳥居をくぐるのは断念して横からお賽銭を入れに行きました。

 

 

でもちゃっかり正面に入った私♪

今年も良き商いができますように・・・・・

 

ってあなたはお賽銭の金額って気にしますか?

私は正直、普段のお参りでは手持ちの小銭から適当に出して入れるのですが、えべっさんの時だけは115円を入れます。

「いいご縁」がありますようにってね。

 

気持ちの問題でしょうけど。

 

 

お参りが終わったら、笹を授かって縁起物を付ける!

 

これは昨年度に付けてもらった飾りと笹。

すっかりと葉も枯れてしまいましたが、一年間の商いに感謝を込めて奉納してきました。

 

そして、また新たな1年の商売繁盛を祈り、新しい笹と飾りを貰います。

 

境内の横に飾り物をつけてくれるところがいくつかありますが、やっぱり自分が福を持って来てくれそうだなぁって娘につけてもらいたいもの。

あ、ちなみにですが、付けてもらうって書いてますがお金は払いますよ(笑)

 

飾り1個1500円です。

高いなぁとか、この際、言いっこなしです。

縁起物なんでね。

 

今年はこの娘に決めました!

 

笑顔も良くて福を呼んでくれそうな気がしたのです。

ま、自分好みの人を選んでくださいな。

 

私は毎年10個の飾りを付けるのだが、とにかく重くなる・・・

笹がしなって折れそうなんだ。

 

元々は、うちの親父が行っていたのをバトンタッチして私が行くようになったのだが、会社創設1年目は飾り1個。

2年目、3年目と過ぎるたびに、1個ずつ増やし、10年目で10個になったところで一区切り。

 

それ以来、ずっと毎年10個の飾りを付けている。

 

 

去年と比べてちょっぴり豪華にも見える気がする♪

これを会社の事務所に飾っておきます。

そして、また来年も行くで。

 

 

えべっさんを呼び起こしに裏のドラを叩きに行こう!

 

先ほど、お賽銭を投げ入れた正面の真裏には、ドラという金属の円盤が2つ設置されている。

商売繁盛の神様として祭られているのは、七福神の1人である恵比寿様。

 

恵比寿様は耳が悪くて音がよく聞こえないという。

 

なので、裏のドラをバンバン叩いて恵比寿様に「お参りに来たよ~!!」って知らせるのだ。

 

みんなドラをバンバン叩いて、2回目のお祈りをしている。

もちろん、ドラの前にも人ごみ。

とにかくかきわけて行こう。

 

 

さぁ、おみくじで今年の運試し!

お参りも終わった、笹も授かって飾りつけも終わった。

よーし、運試しや!

 

ということで、次はおみくじを引きます。

 

今宮戎神社のおみくじって何故か「凶」が出る確率が他の神社と比べると多いって聞きます。

私も過去に2回引いている。。。

 

でも、えべっさんで出た凶くじってあまりネガティブにならんのだ。

こっから這い上がるだけや!

頑張るかぁ!

ってなるんですよね。

 

 

さぁ、さぁ。

今年の運勢は~

 

出たぁ!!「凶」!!!!

 

 

3回目の凶くじです。。。

いやぁ言っているそばから出るとは。

 

む・む・む。

頑張ろうっと。

 

 

ちなみに、今年の初詣で参拝した奈良県の橿原神宮で引いたくじはこれ。

 

 

わかりますか?

大吉なんですよ。

 

おいおい。

間逆やないかい(汗

 

 

これは、どっちを信用したらええのん??(笑)

 

 

最後はえべっさんを出て熊手飾りを購入

 

今宮戎神社の出口からは、こんな縁起物を販売している露店がたくさん並びます。

華やかな雰囲気はこういう時にしか味わえない。

 

 

さぁて、今年はどの熊手飾りを買うかな。

 

ちなみに、昨年度に購入したものがこちら。

 

参拝時に奉納しちゃうと、露天の前で去年はどれくらいの大きさだったかなぁって分からなくなるんですよ。

これくらい?

あれくらい?

とか言いながら、小さくない?

もうちょっと大きかったような。。。

 

って段々と大きな熊手になっちゃったんだな。

ま、ええけど、これ以上大きなのはやめとこうって毎年思っている。

 

で、今年はこれ。

 

うん、まぁだいたい大きさは同じくらいになったんじゃないかなと思う。

お店のおねえさんには、おまけで1億円札とストラップを付けてもらった。

 

 

 

今年も1年、良き商売ができますように。

タイトルとURLをコピーしました