緑茶の種類に季節限定の一品『壺切茶』とは?

雑記

普段から緑茶を飲んでいますか?

 

我が家は毎日飲むわけではありませんが、正月になると妻の実家にてお抹茶を頂くことになっています。

そのため、年末には宇治の抹茶を購入するわけですが、今回は11月下旬までしか購入することができない季節限定の緑茶、丸久小山園の『壺切茶』を入手しました。

 

緑茶にも種類は色々とありますが、特別な限定品って聞くとやっぱり何だか気になって仕方がないのが性というものでしょうか?

今回は『壺切茶』について紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

丸久小山園の『壺切茶』の由来

 

壺切茶という名前(銘柄)のお茶があるというわけではありません。

初夏の八十八夜の頃に摘採した新茶を荒茶の状態で茶壷に詰めて厳重に和紙で封をし、夏の間にじっくりと熟成させ、秋(11月)に開封して飲むお茶のことです。

 

古来は初夏に封をした後、山頂の涼しいところに保管していたのですが、現在では冷蔵庫で保管するようです。

 

 

茶道では風炉(ふろ)と呼ばれる茶釜を火に掛けて湯をわかすための炉が用いられるのですが、風炉は夏の風炉と冬の風炉を使い分けることが多く、夏の風炉は初夏の5月から10月末くらいまで使用されます。

11月くらいからは冬の風炉が新たに使われるようになるのですが、茶家にとっては11月が新たな風炉を使う年の始まりを意味し、その頃に行う茶事には初夏に茶壷に詰めた茶葉を開封して使用します。

この秋の開封を「口切行事」と言います。

 

壺切茶は秋の味覚に合うように、コクのあるまろやかな風味が楽しめる一品です。

 

こうした八十八夜の茶摘みの歌も口切行事も発祥地は京都の宇治です。

かつては、宇治茶を徳川将軍家に献上するための茶壷を運ぶ行列があり「茶壷道中」と呼ばれていました。

その茶壷道中を題材にした童謡が「ずいずいずっころばし」であり、これも宇治が発祥です。

 

なので「壺切茶」として販売されている茶葉には「宇治」という文字がパッケージにあるはず。

 

茶道における口切行事の茶事では茶葉を石臼で挽いて抹茶にしますが、煎茶や玉露もあります。

今回、我が家でも購入しておいたのは煎茶。

 

 

裏面には英語で煎茶の入れ方が記載されています。

もちろん、日本語の説明は中に入っていますから安心してください。

 

美味しいお茶の入れ方については、他の記事でも書いていますので参考にしてください。

 

もっと休息のひと時が楽しくなる美味しい緑茶の入れ方
突然ですが、あなたが普段飲んでいる緑茶は入れ方にこだわりをもっていますか? それとも、何にも気にせずポットからお湯をドバーっと入れて、適当な頃合いに湯のみに入れプハーと飲んでます? もし、そうだとしたらメチャもったいない...

 

 

壺切茶の購入方法

壺切茶の開封は11月であり、季節の一品でもあります。

なので、年がら年中好きな時に購入できるというものでは基本的にはありません。

まぁ、初夏の新茶の季節と同じですね。

 

なので、11月に入ったら宇治茶の専門店などで購入するのが良いでしょう。

 

 

今回、我が家が購入したのは丸久小山園のもの。

関西圏に在住ならば、わざわざ宇治市に行かなくても京都駅にも店舗はありますしネットでも販売しているので、一度ご賞味あれ。

確かにまろやかで美味しい味がしました☆

 

購入時期を逃してしまったぁ~!!

という方でも、一応はネットショップ等でも購入はできるみたいです。

 

【お茶の原寿園】宇治蔵開け壺切茶(つぼきりちゃ) 100g 煎茶【ネコポス便配送】1ご注文につき2個まで


昨年末も宇治に抹茶を頂きに行きましたが、やっぱりお茶は美味しいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました