男性の頻尿にノコギリヤシが効く理由~効果と服用期間まで解説~

Facebook にシェア
Pocket

男性と女性ともに、中高年になると頻尿に悩まされているひとは多いが、その主な原因は男女で異なります。

あなたは頻尿の対策をどのようにされているでしょうか?

頻繁にトイレに行くことを自覚し、気にしているにもかかわらず、ほとんどの方は特別なことは何もしていないと答えるかもしれません。

頻尿はその原因によっては、放置すると重症化のリスクもあります。

しかし、早めにそれぞれの原因にあった対処法をしておくことで、重症化のリスクは軽減できますし、頻尿そのものが解消されることだってあります。

ここでは、男性の頻尿の主な原因と「ノコギリヤシが頻尿に効く」という話の理由について説明しますので、あなたに起こっている頻尿の原因が何なのかということを理解してもらい、頻尿解消の手助けになれば幸いです。


sponsored link

頻尿の定義

”頻尿” とは ”尿の回数が多い” という少しあいまいな表現で示されています。

日本泌尿器学会での定義では、朝起きてから寝るまでに8回以上トイレに行く人は頻尿であるとしています。

ただし、8回という数字に固執する必要はありません。

あくまでも目安です。

医師のあいだでも、1日10回以上で頻尿と診断する人もいれば、夜中に2回以上トイレに起きると頻尿と診断する人もいたりとバラつきがあります。

同じ人でも、尿の回数は季節によっても多少異なりますし、8回以下でも「トイレが近いな」と自分で感じる人は頻尿であると考えてもよいとされます。

男性に起こりやすい頻尿の原因

頻尿の原因はいくつか考えられ、主に以下の5つが挙げられます。

  • 前立腺肥大による残尿・排尿困難
  • 過活動膀胱(尿意切迫、切迫性尿失禁)
  • 心因性の頻尿(精神的な問題)
  • 薬剤性の頻尿
  • その他の疾患由来の頻尿

特に男性に多いのは、前立腺肥大過活動膀胱によるものです。

頻尿の解消のための薬やサプリメント、あるいは頻尿解消のためのストレッチなどのほとんどが対象としているのも前立腺肥大や過活動膀胱が原因の頻尿です。

一方、心因性の頻尿はトイレのことを考えると行きたくなるという精神的なことが原因のため、膀胱や尿路などに機能的な問題がないことがほとんどです。

そのため、気がまぎれているときや就寝中は健常者と何ら変わりないので、夜中に何度もトイレに行くということもほとんどありません。

薬剤性による頻尿は、何か他の病気の治療で服用している薬の副作用として多尿になってしまうことです。

もしも、薬を何か薬を飲んでいるのでしたら、一度、副作用を調べてみてはいかがでしょうか。

その他疾患由来の頻尿とは、糖尿病、冷え症、尿路感染、がん、うつ病、パーキンソン病など様々な病気の二次的兆候として起こることがあります。

特に糖尿病は頻尿が原因で見つかることが多いほどです。

冷え症も発汗量が減少するため、体内に水分が溜まりやすく、比例して尿量が増えるので頻尿になりやすいです。

ノコギリヤシが頻尿に効果があるとされる理由

男性が ”尿” の悩みを抱える原因の多くはご存知の通り前立腺肥大であり、それによる中年以上の男性が頻尿に悩まされる割合は、厚生統計協会によると50歳以上であれば5人に1人。

もう、こればかりは宿命と言えるかもしれません。

頻尿などの自己症状を感じなくても、少なからず前立腺は肥大していると思うほうがよいかもしれません。

そんな悩ましき男性の頻尿のセルフメディケーションツールとして活用されることが多いのがノコギリヤシです。

正式にはノコギリパルメットと呼びます。

ただし、ノコギリヤシは基本的には前立腺肥大による頻尿を解消してくれると言われているものなので、過活動膀胱やその他原因の頻尿にはあまり効果が期待できないことに注意してください。

前立腺肥大以外の原因による頻尿には、八味地黄という漢方薬が使われることが多いです。

八味地黄は8種類の生薬が配合されており、医療用漢方薬としても使われています。

基本的にサプリメントも医療用も成分は同じです。

前立腺肥大の心配がないという人は、八味地黄を試してみると効果があるかもしれません。

男性の頻尿を起こす前立腺肥大の原因

前立腺は女性にはなく男性のみ存在し、膀胱のすぐ下で尿道を挟むように位置しています。

大きさはクルミや栗に例えられるくらいです。

前立腺の機能は精液成分を作る役割を持つのですが、男性ホルモン(アンドロゲン)によって刺激されると肥大してしまうという見解が一般的です。

あるいは、加齢によって男性ホルモンの分泌量が低下することで、男性ホルモンと女性ホルモンの分泌割合(均衡)が崩れてしまうことが要因であるという見方もある。

男性ホルモンと聞くとすぐにテストステロンを思い出す方も多いはず。

アンドロゲンは男性ホルモンの総称のことです。

アンドロゲンというくくりの中にテストステロンが含まれていると思ってください。

実際はアンドロゲンのうち95%以上はテストステロンが占めます。

前立腺が肥大すると尿道を圧迫するため、尿切れが悪くなったり、力を入れても尿の出が悪いということが起こります。

残尿感が・・・という悩みも多い。

また、肥大した前立腺は真上にある膀胱を刺激するため、頻繁に尿意を誘起してしまいます。

それに、本来は膀胱の収縮は柔軟性があるのですが、少しの量の尿が溜まってはトイレに行くということを繰り返しているうちに、収縮性が損なわれてしまうのです。

そうすると、元々溜めることができたはずの量よりも少ない量しか膀胱内に尿を溜めることができなくなるので頻尿にもつながります。

「頻尿」というフレーズは「がん」や「心筋梗塞」といった命に関わる病気と比べると軽くとらえてしまいますが、QOL(生活の質)という面から考えると、かなり深刻です。

例えば、夜中のトイレの回数が増えれば睡眠不足になる。

睡眠不足によるうつ病やその他の体調不良に襲われる。

友人や家族との楽しい旅行の先々で、常に次のトイレのことを優先的に考えてしまう。

尿漏れがあってはいけないので、大人用のオムツを使用するか迷う(ちょっとプライドが・・・)

毎日の仕事の通勤で気づかない間に尿漏れがあり、ズボンの前シミを作ってしまう。

恥ずかしくて、毎日気にしてしまうようになってストレスが溜まる

などなど。

本人でなければ実感がわかないかもしれないが、本当に男性ならば他人事ではないと思わないといけない。

前立腺肥大症にノコギリヤシは本当に有効なのか?

もしも、前立腺肥大だと診断されて治療の必要性が迫られた場合、前立腺の摘出や抗男性ホルモン(アンドロゲン)製剤の投与によって症状を治すのが一般的です。

要するに、男性ホルモンの受け口となる前立腺そのものを取り除くか、前立腺を刺激する男性ホルモンの働きを鈍らせるかの違いです。

もしも、頻尿が気になるという場合のセルフメディケーションは男性ホルモンの働きを抑制させる方法考えるしかありません。

まさか自分で前立腺を取り除くことなどできませんから・・・

そこで使いたいのがノコギリヤシなのです。

ノコギリヤシが男性の頻尿に効くと言われて、サプリメントも多く販売されているのは、ノコギリヤシが男性ホルモンの働きを抑えると信じられているからです。

「信じられている」という表現をしたのは、実証性を示すデータが抽出されていないからです。

しかしながら、欧州では前立腺肥大の治療薬として研究はされているし、昔ながらの治療薬という伝統的な薬という位置づけで医療機関でも使われています。

日本人でもサプリメントの利用によって症状の緩和があったという口コミも多いので試してみる価値はあるかもしれません。

なお、副作用の報告はありません。

ノコギリヤシのサプリメントを利用する期間はどれくらい必要なのか?

サプリメントに割くコストのことを考えると、どれくらいの期間使用すれば良いのか?ということが大きな問題だろう。

しかし、残念ながら明確な期間を示す事ができません。

そもそも、あなたの前立腺がどれくらい肥大しているのか?

それによっては効果が出る出ない、あるいは効果が出るまでにかかる期間が異なってくるはずです。

特に、体質変化を期待するための薬やサプリメントは、通常であれば1~3ヶ月は最低でも続けることが必要となります。

体質というものは、急激に体質変化させると様々な臓器や器官が順応できなくなり体調不良を引き起こしてしまします。

”じっくり” 気持ちにゆとりをもって体調を変えていくという気持ちが大切かもしれません。

なお、「ノコギリヤシは効果ない」という口コミもよく見るかと思いますが、効果がないという理由には3つ考えられます。

1つは、効果が出るまでの試用期間が短かった。

2つ目は、そもそも前立腺肥大による頻尿ではなかった。

そして、3つ目は根本的に体質に合わなかった。

ということです。

根本的に体質に合わない場合は仕方ありませんが、それ以外の理由については自分で排除できるはずですので、口コミもそのまま信じ込むことのないようにしたいですね。

まとめ

ノコギリヤシは男性ホルモンの働きを抑えてくれるという効果から、前立腺肥大が原因の頻尿対策には有効かもしれません。

欧州では医療機関でも採用されていることから期待はできそうです。

さらに、男性ホルモンの働きを抑えるということから、AGA(男性型脱毛症)にも効果があるのではないか?ということが密かに調べられています。

男性ハゲのための、医療用薬として有名になったプロペシア(有効成分:ミノキシジル)や同じく有効成分がミノキシジルであるリアップと同等の発毛効果があるという研究データさえ出ているのです。

頻尿だけでなく、頭も少し涼しくなったんだよな・・・・という人は、一石二鳥かもしれません。

↓1日たった72円ですむノコギリヤシのサプリメントはこちら




sponsored link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Facebook にシェア
Pocket

関連記事


スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする