アンパンマンミュージアムの入場料の割引券を探すよりも、お得になる方法とは

Facebook にシェア
Pocket

日本人なら知らない人はいない、アンパンマン。

そのアンパンマンのパラダイスでもあるアンパンマンこどもミュージアムは子供達の憧れの場所でもありますね。

全国では、横浜、仙台、名古屋、神戸、福岡の計5箇所にあります。

ただし、入場料は大人も子供(1歳以上)も一律1500円(仙台は1000円)となっているので、親子3人で入ると4500円も必要!

4人となると6000円!

結構しますね。

なので、ネットでもしきりに「割引券」探しをしている人も多いのでは?

ところが、アンパンマンこどもミュージアムは前売り券などの割引チケットは存在しませ~ん・・・

当日券しかないのです。

残念!

唯一割引があるのは障害者割引だけです。

時々、ヤフオクなどでチケットをゲットすれば・・・なんて事も聞きますけど面倒くさくてやってられん!

その労力は他のところで使わせてもらいますわ。

ということなので、他の方法でトータルコストを落とすしかないですね。

そう、お金のかかるのは何も入場料だけではありませんから。


sponsored link

駐車場代が馬鹿にならないほど高くなるアンパンマンミュージアム神戸

アンパンマンミュージアム駐車場

入場料の割引ばかりに目がいってしまうのですが、実は入場料と同じく高額になってしまうのが駐車場代です。

奈良県在住の私達家族が行くのは神戸のアンパンマンミュージアム。

オープンは朝10時。

で・す・が!

休日においては、オープンの40分前くらいから行列が出来始めます。

15分前にはかなり長者の列。

アンパンマンミュージアムの中は思ったよりも狭い印象を受けると思います。

なので、後から入るとどこに行っても混雑ってことになりかねません。

逆に1番乗りとまではいかなくても、そこそこ早めに入ると空いているのでノビノビ遊べます。

まぁ、すぐに混みますけどね。。。

それよりも、オープン前の長者の列は必ずチケット売り場で入場券を購入します。

なので、思ったよりも前に進むスピードが遅い。

オープンしてから30分以上してからやっと入館ってこともありますよ。

そういったことを見越して、早めに到着し、早めに並んでおくことが得策だ!と思うのですが。

問題は駐車場の料金。

仮に、オープンの1時間前に到着したとします。

駐車場代は最初の2時間が無料で、その後30分ごとに200円ずつ料金が発生します。

オープンギリギリの10時前に到着して、すぐに中に入れたら丸々2時間の遊ぶ時間は駐車場代がタダですが、1時間前に到着していたら1時間分の遊ぶ時間しか駐車場代がタダにはなりませんよね。

帰宅時間が夕方4時とか5時になると、その日は7~8時間くらい滞在することになり、最初の2時間を除いた5時間くらいの駐車場代が発生します。

これが、約2000円くらい。

結構するでしょ?

それに、高速道路を走ってきたなら往復の高速代が必要です。

合計するといくらになりますか?

おそらく、平均してアンパンマンミュージアムの入場料に近い金額になるのでは?

この辺りを考えて、電車の方が安くつくなら交通手段を考えてもいいかもね。

でも、子供が小さいうちは車じゃないと難しいってこともあるので、そのあたりは自己判断にて!

アンパンマンミュージアムでの飲食代がやっぱり高くつく

遊びに出かけると、ついついお財布の紐が緩みがちですけれどもアンパンマンミュージアムでも例外ではありません。

施設の中にはショッピングモールがあり、飲食するお店もあるのですが価格は安くないです。

飲食店でお昼ご飯を食べれば、3人家族で4000~5000円必要になることもある。

毎日ワンコイン程度の昼食で節約しているお父さんたちや、毎日弁当を作って節約させているお母さんたちにとっては、かなりの出費だろう。

ね?改めて考えると結構使いますよね。

他にも、アイスクリームやドリンクなどの間食をすれば、またお札が飛んでいく~

結局、その日アンパンマンミュージアムで食事代に使った金額は?と聞かれて計算してみると「うわぁっ」ってなるかもね。

そういうことです。

アンパンマンミュージアムの外にはベンチがあったりしますので、晴れた日に行くならお弁当を持参、なんなら、おやつも持参すればかなり節約できます。

別に、アンパンマンミュージアムのショッピングモールにあるお店で食べる必要はありませんからね。

それに、お店はかなり激混みしますのでイライラする元になるかも。

無料で入れるアンパンマンミュージアムのショッピングモールでの買い物でお金が飛ぶ

アンパンマンミュージアムに併設されているショッピングモールには多くのアンパンマン関連のお店は入っています。

アンパンマン

このようなアンパンマンに登場するキャラクターのパンも売っています。

ついつい、色々と買って帰りたくなるんだよなぁ。

服、文房具、アクセサリーなどなど。

他にも沢山のそそられるグッズがあるようです。

それらに夢中になると散財します(笑)

結局、終わってみれば「あれっ?」って財布の中を見て思うだろう。

特に、クリスマスやハロウィンなどの季節のイベントの限定アイテムには、親御さんたちがメロメロになっているかもしれませんが気を引き締めような!


sponsored link

結局、アンパンマンミュージアムでお得になる方法って?

お得

結局のところ、アンパンマンミュージアムの中に入るための割引システムというのは無いので、中で消費するお金の量を減らすしかありません。

無駄を極力省くですね。

駐車場代とガソリン代と高速代が公共交通機関を利用した方が安くつくなら、そちらを利用する。

中の飲食店でご飯を食べるよりも、面倒でなければお弁当持参で行く。

無駄なお買い物はしない。

必要最低限にとどめておく。

特にお買い物っていうのは、大人(親)のエゴが半分あります。

子供って純粋にアンパンマンに会いに来たいんです。(きっとね)

買い物したいわけじゃない。

そして、早めに家に帰る。

そうすれば、無駄な外食も控えることができるってわけですよ。

ちなみに、アンパンマンの元祖って知っていますか?



sponsored link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Facebook にシェア
Pocket

関連記事


スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする