御在所岳をロープウェイ登山しよう!子連れで楽しむプランニング

お出かけ

小さい子供を連れての山登りは、相当慣れていないと事故の元である。

我が家も3歳の娘がいるが、ハイキングでさえも「疲れた~」という父親の試練が度々訪れるわけで、ましてや標高1,212mもある御在所岳なんて到底登山不可能だ。

子供連れでなくても、我が身がもたない自身さえある(笑)

 

御在所岳は三重県の鈴鹿山脈のほぼ中央に位置する山で、頂上からは東西の景色が一望できる名所とされている。

さらに、登山の手段としてロープウェイが使えるので、老若男女を問わずして頂上まで行けるのが醍醐味の一つと言えよう。

 

秋の行楽シーズンになると、山の紅葉を堪能したくなると思う。

だが、子供連れだと行ける場所も限られてくるのだが、少しでも良い景色を眺めたい、眺めさせてあげたいという親心もあって色々と行楽プランを模索するのではないでしょうか?

 

そんなプランの1つとして、もしも御在所岳を候補に入れるなら、どれくらの所要時間が必要かも考えておくべきだろう。

朝から行かないとダメなのか。

あるいは、昼からや夕方でも大丈夫なのか。

 

今回はこのあたりを中心に書いてみよう。

 

スポンサードリンク

 

御在所岳の所在地


まずは、所在地から日帰りで行けるのか?というところから調べないといけない。

子どもが小さいうちから、紅葉を見るために泊まりで出かける家族は少数派だと思うのだがどうだろう?

 

詳しいアクセス方法は御在所ロープウェイの公式ホームページに掲載されているので参考にしてほしい。

 

三重県と滋賀県の県境に御在所岳は位置するのだが、登山は三重県側からになる。

ロープウェイも麓にある湯の山温泉がスタート地点となる。

 

一応、遠方から訪れる場合は時間がせわしなくなると大変なので、麓の湯の山温泉に宿泊するという手はアリだろう。

湯の山温泉の歴史は古く、開湯は718年なので奈良時代ということになるので、歴史を感じることができるかも。

かつては、文豪である志賀直哉もここで小説を書いたとされる。

 

だが、歓楽街の機能は期待できないため、温泉街で遊ぶという意識は持たない方が無難だ。

あくまでも、登山の拠点として温泉に浸かるという感じですね。

DSC_0522

 

御在所岳のロープウェイ

御在所岳は標高1,212mだが、数字だけを見てもその高さは実感できないだろうし、ひょっとすると「たいしたことないな」と甘く見てしまうかもしれない。

でも、行けばわかるよ。

日頃、運動しないようなサラリーマン父ちゃんたちには、登山するなんて無謀だと思わせてしまうその光景がそびえ立ちます。

決して遊歩道ではない登山道を登る勇気が怠慢な体を持った自分にあるかどうかを聞いてみてください(笑)

 

ロープウェイに乗って、下を見るとポツポツと登山している人たちを見かけるんですが、岩山の上とか絶壁の側とかを登っているんですよ!

どうやって、そこまで行った!?と思うような光景です。

まるでカモシカのよう。

 

アイキャッチ画像も良く見てもらえれば、気づくと思いますけど岩山の上に人がいるんですよ。

彼らを見ていると、ロープウェイを使って正解だわ・・・と思うのです。

そして、体力付けようかなぁと心の中で自分を責めたりもする(笑)

 

また、途中で見える湯の山温泉や岩肌も上からみると面白い。

DSC_0470

DSC_0472

DSC_0473

 

 

 

ロープウェイの値段と時間

往復:大人2,160円 子供(4歳~小学生)1,080円

片道:大人1,240円 子供(4歳~小学生)620円

 

正直、高いと思う。

あなたも、きっとそう思ったに違いない。

 

だけど、ここのロープウェイは乗車時間が長いのだ。

登りは18分くらいかかる。

下りは少し速くて12分。

それに、一気に頂上まで1,000m以上を登るのだから仕方ないかとも思う。

相当な建設費用と維持費用がいるはずだろうからね。

途中にシンボルとも言える白い鉄塔があるのだけど、高さが61mもあり現在でも日本一だ。

 

営業時間は公式ホームページにも掲載されているが、季節によって最終時間が異なっている。

また、ナイターもやっている時期があるので、随時チェックしてもらえればよいかと思う。

 

 

紅葉シーズンにロープウェイを利用する場合に注意するべきこと

紅葉シーズン、小さな子連れの場合はロープウェイを使って山頂まで行くことになる。

そして、多くはロープウェイ乗り場まで自家用車で行くだろう。

 

ここで、絶対に注意しておきたいことは、現地への到着時間だ。

 

100%ではないが、午後から訪れた場合は最悪2時間くらいは車の駐車場が空くのを待つことになる。

駐車場は360台程度のスペースはあるのだが、埋まってしまうのです。

ちなみに、駐車場料金は1000円です。(税込み)

 

今回、私たち家族は朝10時に着いて、昼過ぎ13時くらいに下山したが可哀そうに思えるくらいに車の列が続いていた。

みんな駐車場が空くのを待っているのだ。

 

もう、何をしに来たのかわからないような感じだろう。

当然、電車で行って最寄りの湯の山温泉駅からバスやタクシーを使っても無駄だ。

何故なら、ロープウェイ乗り場までたどり着けないからね。

そうなったら、途中から徒歩で行くしかない。

 

だから、おススメは午前中の早い時間に到着して山頂でお弁当を広げるくらいの気持ちで行くべきだ。

 

 

ちょっとビックリした御在所岳ロープウェイの活用法

直接見ることができたわけではないのだが、ロープウェイの連絡通路にこんな写真を発見。

なんと、ゴンドラではなく軽トラが運ばれているではないか!!

スゲー!

こんなの見たことないね。

 

 

御在所岳の山頂に着いてからの、子連れ散策

ロープウェイで山頂まで行けると書いたが、実は厳密には少し歩かないと本当の頂上までは行けないのだ。

上の画像の①がロープウェイ乗り場であり、そこから歩いて②の場所まで行く。

②が本当の頂上だ。

 

ロープウェイを下りると、まずは展望台があるのでそちらから景色を眺めてみるのも良い。

DSC_0484

DSC_0488

美しい景色が一望できる。

遠くには四日市方面の伊勢湾が見えるのだ。

 

ここでお弁当を食べている人たちも多かったが、個人的には山頂まで歩いて行って、そこで食べる方が良いと思う。

 

 

リフトは小さい子供を乗せられない

この御在所岳は冬にはスキーができるため、リフトもある。

だけど、小さな子供を膝の上に座らせて・・・ということはダメだ。

あくまでも、ひとりで乗れないといけないので、子連れの場合はリフトを使うという手段は諦めよう。

 

でも、大丈夫。

 

3歳くらいなら、歩いて頂上まで行けますから!

すぐ「疲れた」と言う、我が子でさえも登りましたからね。

 

 

ロープウェイ乗り場から山頂までの道程

さぁて、行きますか!と思って山頂方面を見てみれば、ちょっと腰が引けそうになる距離だけど、スキー場を横切るのでそんなにボコボコ道ではありません。

実際に歩いてみても、階段を上ったり坂を上ったりしますけど、登山というほどではないですね。

 

DSC_0493

DSC_0494

 

遠くに見える白いドームみたいな建物は、レーダー雨量計です。

天文台ではありませんよ。

途中でレストランもありますけど、折角ここまで来るんだったらお弁当の方が楽しいのでは。

 

山頂付近で間近に岩肌を見ると、ロッククライミングが盛んな地であることが納得できる気がする。

 

 

御在所岳の山頂までの所要時間

 

普通に歩けば、ロープウェイ乗り場から30分あれば到着します。

大人だけならもう少し早いかも。

 

所々にある階段が少し崩れていたりする場合があるので、小さな子供を連れて行くなら抱っこしてあげないといけないかも。

まぁ、9割は歩けます。

 

この地域はカモシカが生息していることもあり、スキー場の斜面にはフンがいっぱい転がっているので、くれぐれもズッコケてフンまみれにならないようにね( *´艸`)

子供ってすぐ広いところに出ると、はしゃいで走りまわるので。

 

 

ちょっと気になる山頂でのマナー?

私たち家族はトレッキングが趣味ではないので、山のルールは存じ上げないけれど、少し気になったことがあった。

 

一等三角点(頂上)に到着したのだけれど、そこでは多くのおっちゃん、おばちゃんたちがタバコをスパスパと吸っては煙をモクモク出していた。

私はタバコを吸わないので、そもそも吸いたいという気持ちが分かりませんが、ここまで着てタバコ吸う?

 

しかも、中にはジャケット姿でタバコを加えているミスマッチな恰好の人も。

うーん。。。

山頂でタバコの副流煙を吸わされる者の身にもなって欲しいもんだ。

 

美しい自然の空気を吸う前に、煙たくて仕方ないわ(怒)

 

おそらくは、まさかのポイ捨てしている人だっているだろうね。

これはマナー違反でしょ。

 

あと、これをよく見かけた。

 

最近、すごく流行っているのか増えているようですね。

山の上で簡単に温かい飲み物が作れるということで重宝されるようです。

山で使うのはかまわないけど、安定の悪いところにおいて使うってどうなの?

 

それに、小さい子供を連れていると危なくて使えませんし、できれば側で使わないで欲しいとも思う。

今日も、私たちがお昼のおにぎりを食べている側に1人のおじさんがドサッと腰を下ろして、ガチャガチャとこれをリュックの中から取り出して準備を始めたのでちょっと困った。

もしもひっくり返したら・・・という心配もあるのだ。

ちゃんと周りを見ていますかね??

 

自分のことだけ考えて行動するのはやめてほしいわ。

とりあえず、場所を移動することにしたが、山の上で火を使うのは危険が伴うので皆さん注意してほしいな。

御在所岳もある程度規制はかけておいてしかるべきだと思う。

 

 

子供と行く御在所岳のまとめ

まず、時間はできるだけ早いうちに到着するように行くこと。

昼からになると、おそらくは駐車場の待ち時間が長くなることを覚悟しておくべきでしょう。

 

スムーズにロープウェイを利用できたら、一通り散策して帰るまで3時間前後あれば行ける。

少し余裕をもって歩くなら4時間。

 

なので、午前中に到着すれば昼過ぎには帰路につくことができますよ。

その場合は、近くにあるアクア・イグニスを是非とも訪れてみてね。

 

 

もし、子供が山登りのできる小学生くらいの年齢ならば、超初心者向けで危険が少ないけど御在所岳並に標高がある山が近畿圏にはある。

それが金剛山

子供会みたいな集まりで、登山をしたことが私もある。

それでも、片道1.5~2時間くらいかけて登らないといけないので、子供にとってはハードかもしれませんが爽快感はたまらないだろう。

 

山頂は広場になっており、遠くには街が見える。

是非、家族でも訪れてみてほしい。

もちろん、下山が辛いと思っても大丈夫。

ロープウェイがありますから!!

 


sponsored link

追記(2018年7月に登山しました!)

御在所

約2年ぶりに御在所岳に行ってきました。

今回は、前回と違って完全な登山です。

ロープウェイは一切使わない!!!という強い意志を持って(笑)

 

この日は本当に暑くて気温38℃!!!!

マジかよってくらい暑いです。

 

登山道に着いた頃にはすでに汗だくです。

夏の登山は水分をたくさん持っていかないと、脱水症状を起こすのでご注意ください。

私も2Lくらい水、お茶を飲んだかも。

 

御在所岳は初心者向けの山ではありません。

途中、岩山を登ったり降りたりするので、足腰に自信がない人はやめておいたほうがよいと思います。

片道約3時間くらいで登れますが、スローペースだと4時間くらいでしょうか。

早い人で2~2時間半くらいですが、無理して進むと滑落しそうなところも要所にありますので十分な注意が必要。

 

基本的には一人で登らないことをおススメします。

毎年、事故が起こっているようなので。

 

御在所

途中、このようなビューポイントもあり、握り飯をここで食べると最高です!

ただ、日よけがないので暑いですが(汗

 

ちなみに、ストック(杖)は基本的に無いほうが進みやすいです。

両手で岩を掴んで登ったりしないといけないようなところもあるので。

 

まぁ、総合的に評価すると面白い山です。登山好きなら登ってみるべきですね。


sponsored link

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました