個人依頼のワンオフパーツが高額になる正当な理由

Facebook にシェア
Pocket

個人で町工場などに、ワンオフパーツの製作検討を依頼する時には、必ず見積もりをお願いするだろう。

そして、返ってきた見積もり単価を見て自身の希望金額との乖離にため息がこぼれることもあるのではないだろうか。

しかし「あなたが漏らしたため息」に町工場もため息をついていることを知ってほしい。

個人依頼者と町工場の意識のズレが少しでも是正されれば、お金に関するトラブルが少なくなるはずである。

そのためにも、今回は部品加工の単価が適正であるのかどうかを判断する一定の基準について書いてみよう。

スポンサードリンク

ワンオフパーツの価格の基準は『段取り』

あなたが町工場にワンオフパーツの製作を相談するときに必ず気になるのが加工代ですが、その金額がどのようにして算出されているのかをご存知か?

例えば、あなたが友人から有償で「折り紙で鶴を100羽折ってくれませんか?」と頼まれたときに幾ら請求しますか?

1羽10円で1000円?

それとも、1羽50円で5000円?

5000円は取りすぎだろうとか、いやいや、そんなもんでしょ~時間かかるしとか。

そう、お金の単価はあなたの基準ですよね。

1000円で受ける人もいれば、5000円じゃないと受けない人もいる。

町工場でも基本的にはこういうことなんですが、それぞれの町工場において金額を算出するに当たって大きなファクターになるのが段取り時間なんです。

1日の労働時間、いわば時給換算するならば段取り時間も加工時間の一部に入るわけです。

ちなみに、段取り時間とは加工物のセッティングやら工具の選定やらのことです。

モノを削り始める前には、かならずセッティングが必要ですが、このセッティングが意外と時間を要することが多い。

(段取り20分、加工時間20分とか)

いつもやっている仕事と同じ(似ている)内容の依頼ならば、段取り時間も少なくて済むので早く終わらせることができます。

個人だから高いという認識は間違っている

よく、町工場へワンオフパーツの製作を依頼したらぼったくりやった!という話を聞くことがある。

しかし、それが本当にぼったくりかどうかは知りませんが基本的に個人と町工場で価格に対する認識のズレは大きいように思える。

前もって伝えておくが、個人に対しても真っ当に商売をしている町工場において「個人だから」高くするということはない。

前述の通り、基本的には段取り時間や加工内容、数量を吟味して価格計算をするからだ。

だから、あなたが町工場から提示された金額は町工場の世界の金額なのです。

違う土俵の人間をあなたの土俵に上げて叩くのは、ただのイジメだ。

依頼する側であるなら、少なくとも相手の土俵に上がるべきだろう。

個人依頼者が町工場から提示される加工金額が高いと思ってしまうその大きな理由は、ホームセンターや百円均一の店でそこそこのクオリティの商品が数百円という金額で購入できることが挙げられる。

しかし、そういった商品は決してワンオフではない。

大量生産品である。

専用の機械設備を数百万円、数千万円かけて投資し、数百円の商品を大量に作って資金回収をしているのだ。

あなたが見ようとしている町工場とは全く世界が違うところで作られているモノなのだ。

だから、それらと同じ価格基準で町工場にワンオフパーツの相談をしてはいけない。

町工場における部品加工の価格基準になるもの

町工場で部品加工をする時に絶対的に必要になるものはある。

工作機械、工具、切削油などの消耗品

これらについては、基本的には加工代に大きく繁栄されることはない。

よほど特別な工具を使わないと加工できないようなものであれば、別途工具購入代金を請求されることもあろうが稀。

個人依頼のワンオフパーツで最も関係してくるのは以下の項目だ。

段取り時間・加工時間・人件費・材料費

町工場も会社である。

基本的には時給換算して売り上げを考える。

あなたが依頼しているワンオフパーツがいったい、どれくらいの時間をかけてできるかがポイントなのだ。

先ほどの折鶴の話に戻してみよう。

あなたが折鶴100羽を折るのに4時間かかるとする(1羽2分ちょいかかる計算)。

そこで、1000円の報酬を貰えるなら時給250円だ。

5000円の報酬を貰えるなら1250円。

このように計算した場合。

時給750円で計算すると、100羽の折鶴の見積もりは3000円が妥当というわけだ。

(これが人件費・加工時間に相当する)

細かい話になると、そこに折り紙100枚の代金を仮に200円とすると合計が3200円。(材料代)

さらには、折り紙を購入しに行く時間も計算するともう少し欲しいと思うかもしれない。(段取り時間)

ひっくるめて、あなたがやっぱり5000円だと決めたときに依頼者が「高すぎる!」と文句を言ったらどうでしょう?

町工場の気持ちは少し理解してもらえるだろうか?

「端材で作ってくれ」は禁物

たまに個人依頼において「余った材料を使ってくれていいから」という声もある。

正直、その余った材料も商品の1つなんだよ!!

そう叫びたい。

魂胆は安くしてよね。

そういうことでしょう。

でも、これは本当に町工場に言ってはいけないフレーズです。

材料をどうするかは、町工場が決めること。

あなたが決めることではない。

あなたが決めたかったら、材料を用意して「これで作ってくれ」と頼みに行くべきだ。

ワンオフパーツが高くなる理由まとめ

ワンオフパーツが高くなるその正当な理由は「高い」と思うあなたの心境に依存するところが少なからずあるということ。

もちろん、本当に高いぼったくり町工場もあるようなので気をつけてもらいたいところだが単価にいちゃもんはつけない方がよい。

値切り交渉も一元さんでは止めておこう。

予算があるなら、最初に伝えておけば割かし協力的になってくれる町工場は多い。

まず、高い安いと言う前に加工をしてくれそうな町工場を見つけることが先決ではありますがね。。。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Facebook にシェア
Pocket

関連記事


スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする