零細企業でも化粧品OEMが作れるメリットとその課題

美容

OEMとは original equipment manufacturer の頭文字を取った造語であり、他社のブランド品を製造すること、あるいは製造する会社を指します。

 

こんな製品作りたいなぁ

でも、自社にはそんな設備もないし費用もない。

無理かぁ・・・

 

と諦めそうになった時に登場するのが OEM というわけです。

自社で作る力がなければ、作ってくれるところにお願いして作ってもらえばいいのだ。

 

零細企業にとってはOEMのメリットは一見大きいように思えるが、実はハードルがあることとその後の課題もしっかりと考えないといけない。

さもなくば、仮に商品ができても作りっぱなしで終わってしまう。

ギクッとしたあなたは、是非とも次の一歩を踏み出さないといけない。

 

スポンサードリンク

 

零細企業がOEMを利用するメリット

会社あるいは個人で、あるコンセプトに基づいた商品の構想が浮かんだ時、よし!作ろう!とすぐに実行できるかと言われると、資金力に乏しい零細企業ではかなり厳しいだろう。

しかも、これから作ろうとする商品には当然ブランド力なんか無いわけで、作ってもすぐに売れるわけではない。

なにより化粧品をつくる場合だと、国からの製造認可を得なければいけない。

 

そんな時にこそ利用したいのがOEMという仕組みだ。

 

例えば化粧品OEMを委託しようと思ったら、自分がお願いしようと思うOEM企業にコンタクトを取って依頼し受諾してもらえた後は、どのようなコンセプトでどのような成分を配合したいとか、どれくらいの量を生産したいのかを打ち合わせして製造に入ります。

あとは、出来上がった製品を納品してもらうのを待っている間にマーケティングの準備やらをすればよいのです。

 

つまり、OEMを委託する側はブランドとその在庫の保持はするが、製造ノウハウや設備は一切持たないというスタイルです。

 

商品の開発設計ができても、実際に製造するラインを構築するには数百万円では済まない話です。

しかも、トライアル的に小ロットの製品を作って試そうと考えるケースがほとんどだろう。

初めから「絶対に売れる!」と自信を持てる製品を大量に作っても鳴かず飛ばずなんていうリスクは何としても回避したいからね。

 

 

本ブログでも紹介している『潤る温泉水(ぬるおんせんすい)』も実はOEMで委託して製造された商品です。

このように、資金も設備もない零細企業や個人でもオリジナル化粧品をつくるためにはOEMにお願いすればできる。

資金繰りが大変である初期には、投資費用を最小限に抑えることができるのがOEMのメリットだと言える。

 

 

ちなみに、ODM(Original Design Manufacturing)というスタイルをとる企業もある。

OEMでは委託者のブランドを製造するということを指すが、ODMではブランドそのものの設計から生産、場合によっては販売、マーケティングまでを統括して受託する形式のことを指します。

もう、一切合切を引き受けます!っていうスタイルですね。

海外(特に中国)では多いようです。

 

いずれにしても、注意しておきたいことは実際にOEMでもODMでも同じことですが、委託者と受託者間での利権を明確にして契約書を交わしておくことが望ましい。

あとから「それはうちの権利だ!」と揉めるようなことがあっては、健全な営業活動ができなくなるので。

 

 

零細企業がOEMを利用する時のハードル

 

資金力が小さい零細企業でも奮発すれば、自社ブランドの化粧品が作れるのかぁ。

よし!OEMの会社を探そう!

そう思って「化粧品OEM」とネットで検索すれば、多くのOEM企業のサイトが見れるだろう。

 

日本にはOEMの企業は沢山ある。

特に化粧品OEM/ODMに関しては「週間粧業」が2016年の国内優良化粧品OEM/ODMを発表しているくらいだ。

 

OEMの最大手だと日本コルマーになるのか。

年間売り上げで200億円以上は計上しているので、メガ企業と言える。

 

だが、こうしたOEMを利用しOEM企業の業績を支えているのは、個人や零細企業ではなくむしろ有名ブランドメーカーだ。

大手化粧品メーカーは当然自社工場をもっていることもあるし化粧品の製造認可も取っている。

だが、製品開発初期のトライアル時期にわざわざ資金を投じて自社製造ラインを構築するよりは、OEMを利用して様子を見るという手段をとった方が賢いというわけです。

もし商品がヒットしそうな兆しが見えたら自社生産に切り替えるか、あるいは継続して類似ブランドを立ち上げるかをしているようです。

 

でも、ほとんどの有名ブランドの化粧品のパッケージにはOEM企業の名前が入っていません。

実はOEMで製造していてもね。

 

その理由は「製造認可を得ていれば、別にOEMを記載する義務はない」からです。

 

なのでお店などで購入した化粧品はメーカーが自分で作っているのかどうかについては、消費者にはわからないということです。

それでも、トラブルがあった時の責任は全てメーカーが持つのでそこは問題ないということですね。

 

 

大手OEM企業への委託は難しい

このように、OEMを利用するのは個人や零細企業だけでなく、大手企業も同じでありそこに大きなメリットがあるからですが、大手企業のブランディングスキルは大きく試作で作る製品の量も数千個レベルでは収まらないことが多い。

 

そうすると、OEM企業にとっては大手メーカーから1回の委託を受けることで莫大な利益を得ることができるので、どうしてもOEM企業の営業は大手に向きがちです。

へたすると、零細企業が大手OEMに「こんな商品を作りたい」と問い合わせをしても断られることがほとんどだと思われる。

 

おそらく、年商であれば数十億円以上を見込めないと相手にしないOEM企業はあるかと。。。

 

零細企業としては、どうしても委託するOEM企業はできるだけ有名で優良なところを望むだろう。

もしも思いがけないトラブルがあったり、ぼったくりに引っかかると困るという心配が尽きないからね。

でも、現実は大手OEMを攻めることは難しい。

これは1つのハードルだろう。

 

 

ただ、最近は1個からでもOKとか、小ロットからでも対応します!など以前と比べてOEM産業も熾烈な顧客獲得合戦に見舞われているようで、そういったところには切り込む隙が零細企業にはあるだろう。

 

ちなみに、先ほどチラッと紹介した『潤る温泉水』(株)ドクターナチュレというOEM企業にお願いして製造してもらった化粧品だそう。

この化粧品は肌の細胞を活性化すると云われる秘境の温泉水と厳選したオーガニック成分を配合した化粧品ということで、知人に紹介してもらい試しに複数人に使ってもらったりした結果、良いものだなぁと感じたのでこのブログでも紹介させてもらっています。

最近はアトピー肌にも効果があるという体験談も聞くことができたので、そちらも理由を考察してます。

アトピーにいい基礎化粧品『潤る温泉水』のその理由
アトピー肌がひどいと、かさかさして肌がはがれたり、痒みが収まらなかったり、赤くなったりしますよね。 特に女性だと、スキンケアに基礎化粧品を選び間違えると肌に合わなくて症状がひどくなることもあり、それでは外出してても人目が気になってしま...

 

 

商品が完成したら使えるあらゆる手段で広告を打ちまくるべし!

なんとかOEM企業を見つけて自社商品が出来上がった時、その満足感に浸るのはいい。

でも、それで終わりにてはいけないですよね。

当然。

 

だって、商品をこれから売らなければ作った意味がないわけです。

もう、とにかくあらゆる手段、媒体を使ってPRしまくらないとダメなんです。

元々が知名度ゼロの商品をレベルアップしていくのは至難の業です。

 

化粧品の場合だと、ECサイトつまりネットショップのサイトを作らないといけないでしょう。

楽天市場やヤフーショップなどの大手ショッピングモールに出展する場合は、大手の強力な「集客力」を利用できる反面、月額10,000円以上の高い利用料と商品が売れたときのマージンとしてシステム利用料名目で売り上げの3~5%程度がしょっ引かれるデメリットもある。

近年だとヤフーショップが無料で自分のネットショップを開設できるようなサービスを始めてくれているので、ノーリスクでスタートできますね。(商品が売れたときのマージンは発生します)

 

一方で、大手ショッピングモールに所属しないネットショップ作成サービスを利用して独自のドメインを取得してオリジナルサイトを作る方法もある。

こちらは月額が3000円程度がほとんどなのでコストは抑えられ、オリジナルサイトなので商品が売れてもマージンを取られる心配もない。

その反面、集客力はショップオープン時にほぼゼロなので、集客に悪戦苦闘することが考えられる。

ちなみに、人気のあるネットショップ作成サイトとしてはカラーミーが挙げられる。

すでに23万人以上のユーザーが登録しており、初心者でも操作しやすくユーザーが多いので、仮に困ったときの解決方法もすぐに見つかるというメリットがある。

また、初月(30日間)は無料で使えるし、完全に自分好みのオリジナルショップを低価格で作ることができるのが魅力の1つだそう。

ちょっと話がズレたが、いずれにしても「名前」というブランド力をもつ企業とはスタートラインが異なるので、とにかく頭を使うと同時に繰り返し繰り返し訴え続けることが大事。

人は興味がないことでも繰り返し耳にタコができるくらい聞かされ続けると、ちょっと気になる生き物だから。

そのうち、一部で人気が出始めると日本人は集団意識の高い民俗なのかわかりませんが、みんながやっているから、使っているからというだけの理由で飛びついていく人が多い。

 

フェイスブック広告、ツイッター広告などのSNSを利用するのもアリ。

ブログで繰り返し記事を書きまくるのもアリ。

とにかく広告費というものを最小限に抑えたいのが、個人や零細企業の本音であり死活問題ですから。

もう、これでもか!ってくらいに商品の良さをアピールしたり、製造コンセプトが生まれたストーリーを語るのも効果はあるだろう。

あるいは、ぶっちゃけここのOEM企業を使いました!こんなにも個人がオリジナル化粧品を作るのって大変やったんやで!共感して!みたいなことでも良いと思う。

 

人って表面だけでなく、商品が生まれたストーリーを聞かされるとなんだか親しみが持てますよね。

どこかの国のバッタモンを見ても何も感じませんよね?

そこに、製造者の愛と情熱が見えるから買いたくなることもあるんだと私は思う。

だからこそ、たくさんネタを赤裸々に公開してみると販売PRの効果はいつか出るのではないだろうか。

 

良いアイデアが浮かんだ場合は、一度OEMを検討してみなきゃ損でっせ!

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました