丸棒からの6面(6F)加工を依頼したいなら・・・

Facebook にシェア
Pocket

こんにちは、Akimaru です。

うちの会社は小さな町工場で、社内では主にフライス加工を行っていますが、基本中の基本となる6面(6F)加工もやります。

って当たり前ですね。

ちなみに、6面加工とは切断したままのような直角度もくそもない材料(素材)をフライス盤を使って削り、キレイなブロックに仕上げることを指します。

こんな風にね↓

フライスの6F(6面)面加工には大きく2種類あります。

四角い素材をキレイに仕上げる6F加工丸材(丸棒)を四角に削る6F(6面)加工です。

一瞬、パッと思い浮かぶのは四角い素材を削ることかもしれませんが、素材の種類によってはメーカーが丸材しか製造していないこともあるので、その場合は丸材を購入して6F加工をしないといけません。

ただ、丸材からの6F加工は意外と自社でやっているところが少なかったりもするみたいです。

私の会社では普通にやりますけどね。

そこがまた需要のあるところだったりもします。

鋼材屋さんは数ある材料メーカーから特定の材料を仕入れ、自社にストックして売ることが基本的な商売ですが、素材を売るだけでは単なる価格競争に飲み込まれるだけ。

他の鋼材屋との区別化を目指してみんな必死です。

  • ストックしている鋼材の種類を増やす。
  • 発注を受けてから納品までのスピードを速くする。
  • とにかく、安く売る。

など、材料屋はそれぞれの工夫を凝らして材料を買ってくれそうなお客をゲットしようとしています。

これらの他に、素材の販売だけでなく加工も一貫して受けるというスタイルを持つ材料屋も多く、中には、丸材(丸棒)からの6F(6面)加工にして提供するサービスをしている材料屋もあります。

私の会社では、その時に丸材からの6F(6面)加工を受けたりもしているのです。

スポンサードリンク


プレートメーカーも嫌がる?丸材(丸棒)からの6F加工

実は6F加工をしたプレート材(ブロック材)は今は安く購入することができます。

個人で購入できる材料屋サイトも探せばあるようですが、面倒なら私の会社では材料の代理購入もしていますのでどうぞ。

メーカーが製造している素材は四角いものや丸いもの、六角形のものなどがありますけれども、いずれかの材料を削ってキレイに6面体に仕上げるのが6F加工です。

「キレイに仕上げる」というのは、下の絵で赤・青・緑に示すところのそれぞれの角が直角(90°)になるように削ることです。

フライス加工の基本中の基本で、フライス加工に従事する町工場ではまず最初にキレイな直角立方体に削れるように練習します。

ちなみに、粗方六面体の四角い材料とはこんな感じのものです。

これを6F(6面)加工したら下のようになります。

ツルっとしたキレイな六面体になってますね。

今では自社で6F加工をするよりも、プレートメーカーに注文した方が断然安くつくことが多いですね。

プレートメーカーには6F専門の機械が導入されているので、加工スピードが違います。

納期だって、よほど特殊な材料や大きいものでない限りは2~3日程度で納品されるのですごく便利なんです。

ところが、材料の種類によってはメーカーが丸材(丸棒)しか製造していないものもあり、その場合は丸材を削って六面体にしないといけません。

丸材からの6F加工はプレートメーカーでももちろん対応しています。

というか、材料の種類を指定した時点で丸材しかないものであれば、必然的にそうなるよね。

問題は町の鋼材屋さんですよ。

自社に切削機械設備を持っていないような、材料問屋に相当する町の材料屋。

彼らは、材料メーカーから素材を仕入れて在庫を置いたりしています。

その在庫は売らないと意味がないのですが、丸材しかない種類の材料を角材に加工して納品してほしいという要望があった場合は、そのままでは応えられないので材料屋は私の会社のような町工場に6F加工を依頼してくれるわけです。

材料屋がプレートメーカーから6F材を仕入れて売るのでは、利益が少ないですからね。

やはり、自社在庫の材料を売りたいわけです。

ですから、決してプレートメーカーが丸材を削るのを嫌がっているというわけではなく、材料問屋が自分の在庫材料を売りたいけど丸材しかないから近場の町工場で6F加工をしてもらっているというだけなんです。

客側もプレートメーカーに頼む方が安いか、材料屋に6F加工までしてもらって納品してもらう方が安いか相見積もりをとっているはず。

特に難切削性の高い種類の材料ほど、プレートメーカーも高値を付けてきますので私たちとしては勝負できますね。

丸材(丸棒)からの6F加工やります!

何だかんだ書きましたけど、言いたいことは1つ。

丸材からの6F加工に困っているなら私の会社にお声を掛けてね!ってこと(笑)

素材を送ってもらえれば、私の会社で6F加工をしユーザーに発送します。

納期は概ね2~3日以内です(数量や社内スケジュールによる)。

粗面六面の素材からの6F加工もやりますけど、そちらはプレートメーカーに頼んだ方がやすくなる傾向が大きいです。

でも、数ミリ角の小さいブロックなどはプレートメーカーだと対応不可だったり、めちゃくちゃ高い時があるので、お尋ね下されば見積りはします。

6F(6面)加工の見積もりは会社ホームページからお願いします ⇒ こちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Facebook にシェア
Pocket

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする