超短時間でDIYの収納棚を作り上げるために必要なこと

Share on Facebook
Pocket

先日の休日、昼前くらいだっただろうか。

突然、妻から「子供の上着をかけたりする収納棚が欲しい」と言われた。

どうやら、玄関横に外から帰ったときに服をすぐかけておけるようにしたいようだ。

ついでに、かばんなども置けるとええなぁと申しておりました。

また、何か買うつもりなんだろうか・・・

と思ったら。

「あんた、DIY好きやろ?」

!!!!!!!!!!

な、なんてことを・・・・・

と心の中で叫んでいると、おもむろに妻はメジャーを取り出し設置場所の採寸を始めたのでした。。。。

スポンサードリンク




時刻は16時。今日中に収納棚を作れるか?

唐突に「収納棚が欲しい♥」と妻が言い出したのは昼前。

その日、夕方までちょっと用事があり、とてもじゃないけど日中に設計図を描いて、さらに材料を買いに行って、組み立てて・・・なんて無理だと思っていました。

ですが、すでに妻は収納棚のおおよそのサイズを紙に書いています。

あ~

また、結局作らないといけないのか。

別に、私DIYが趣味でも何でもないのだけどなぁ。

以前、娘に木製のままごとキッチンを作ったのが事の始まりなのかもしれません。

結局、収納棚のラフ図を妻から渡されてから、その日の用事が終わったのは15時半くらい。

車で外出していたのですが、もう何だか私も意地になっていたところもあり、何としても今日中にやっつけてしまったろか!と思ったのです。

そして、そのままホームセンターへ向かいました。

DIYをあまり先延ばしにしてしまうと、「早く作って!!」と尻を叩かれる羽目になるのは目に見えているので、急ピッチで材料購入から製作まで進めてしまいます。

って、できるかな・・・・

だって、ホームセンターに着いたらもう16時ですもの。

収納棚の設計図の寸法は適当にしておくべし!

今回は前回のままごとキッチンのように入念に計画を練って、製図してから材料を買いに行ったわけではありません。

というか、短時間でDIYにて収納棚を完成させる即興技を繰り出すためには、入念な準備ほど邪魔になるものはない。

何故なら、計画通りに事が進むわけがないからです。

なので、とりあえず ”こんな形” の収納棚を作るぞ!ってぼんやりとしたイメージだけ持っていればOKです。

私の場合は、妻からラフ図を預かっているのでそれを見て形を頭の中でイメージしました。

イメージング能力はDIYをするためには、非常に大事な要素だと思う。

物を作るということは、完成形がある程度見えてないと進む方向がわからなくなるからね。

とりわけ、設計図の基本となる展開図については、イメージできる練習はしておくべきです。

現場(ホームセンタ)で頭をフル回転させろ!

早速、用事の終わりついでに車でホームセンターに行きました。

到着時刻は16時前くらいです。

ホームセンターの木材の販売コーナーに入り、色々なサイズに切り分けられた板を眺めます。

そして、手元にある作りたい収納棚のラフ図を見ながら、どれくらいの長さの板を何枚必要とするかを頭の中で計算します。

できるだけ、余分な切断作業を無くすために、売られている板をそのまま使用することを大前提にシミュレーションします。

DIY用に売られている木材はすでに特定の加工が施されている便利なものもあるので、それらも有効利用しちゃう。

あれと、これを組み合わせて、ネジ止めして・・・・

大よそのサイズに収まるように・・・・

思案しながら、木材をチョイスしていたのですが、購入木材を決めて買い終わる時には17時になっていました!!

わぁーお!

1時間もコーナンに居座ってしまった(笑)。

木材コーナーに売られている材料は、一定のサイズごとに切り揃えられているので、この時に頭をフル回転させて図面の組み立てを行わないといけません。

繰り返しますけど、イメージング能力は鍛えないといけない。

私は普段から、金属部品加工の仕事をしているので、図面は毎日見るし完成形のイメージングは常にしているので、その辺りは得意かもしれません。

慣れないなぁと思う人は、練習しよう。

慣れれば何てことないから。

収納棚の材料はホームセンターで切ってもらえ!

ホームセンターの木材コーナーで頭をフル回転させても、どうしても材料の端数が出ることはある。

あと5cm切らないと、サイズが合わない・・・ということも。

そんな時には、ホームセンターの多くは無料切断サービスがある。

購入した木材なら無料で切ってくれるので、お願いして切ってもらおう。

(切断回数に制限を設けているところが多い)

自宅に帰って、ノコギリでギコギコやるよりずっと楽ちんです。

また、店舗によっては、ノコギリや金づちなどの工具類を無料で使わせてくれるスペースを用意してくれている場合があるので、簡単な作業はそこを利用するといい。

自宅にはない工具だって、自由に使えるから。

帰宅したら、一気に釘打ちして完成させる!

材料も購入した。

必要な切断もしてもらった。

あとは、帰宅してイメージした通りに木材を組み立てて釘打ちしていくだけです。

ちなみに、私が今回即興で作り上げた玄関に置く収納棚はこちら。

18時前に帰宅してから、完成したのは19時半くらいです。

もうすでに、子供の服がかかっていたり荷物が棚に乗っていますが、思いついたその日に3時間程度で完成しました。

ちなみに、購入した木材を切断した回数は4回です。

棚の板は一切手を加えず、購入したまんま使用しており、妻の要望でニス塗りなどの表面塗装は一切なしにしました。

とにかく、高速でDIYにて何かを作り上げるためには、イメージする力をつけないといけない。

購入した木材を組みつけている最中に、あれ?おかしいなぁ?ということが度々あっては、もう大変です。

最悪の場合、完成しないかもしれない。

購入した材料を無駄にするかもしれない。

是非、イメージする力を鍛えてください。

そして、同時に木材を組みつけていくテクニックも修得しておくとさらにGood!!

>DIY木工上達テクニック改訂版

価格:1,645円
(2017/2/15 11:36時点)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

Share on Facebook
Pocket

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント